ナイトオウルンさんの映画レビュー・感想・評価

ナイトオウルン

ナイトオウルン

我 炎と嵐の間に生まれし 魔王パズズ…
封印より放たれ 光とともに ここに出ずる

映画(710)
ドラマ(4)

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

5.0

超人と人間の間に存在するガラスの壁。
それを必死で守る者達と、それを必死で破壊しようとする者の静かなる闘い…
果たしてその結末は…

エンドロールが素晴らしすぎて、思わず号泣してしまいました😭

ウォッチメン(2009年製作の映画)

5.0

原作をそのまま映画にしたんだからつまらない訳が無い。
ただ、あまりにもそのまんますぎるので映画としての面白さには欠ける。
でも、それでも僕はこの映画が好きだ

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生(1997年製作の映画)

5.0

ただの総集編だけど、エヴァンゲリオンというアニメの魅力が全て詰まっているので、めちゃくちゃ面白かった

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

5.0

まず、演出がめちゃくちゃカッコイイ
オープニングからエンディングまでぶっ通しでめちゃくちゃカッコイイ映像の連続
もう色々スゴすぎて脳みそがついていけなくなる
カルトを描いたカルト映画

地球に落ちて来た男(1976年製作の映画)

5.0

SF映画でありながらも、派手な特殊効果は一切無し。
ただでさえ複雑なストーリーなのに
時系列がごちゃ混ぜになっているので超難解
だが、この物語の本質は非常に単純。
純粋なラブストーリーとして観ると結構
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

5.0

こんなにも笑える映画だったとは、
想像もしてませんでしたわ…
前半は全く面白くないが、彼女の正体が明らかになってからはめちゃくちゃ面白かった
こういう奥さん欲しい

ゴジラ対ヘドラ(1971年製作の映画)

5.0

ヘドラ可愛いスギィ!!
なんか007みたいなオープニングは超最高だし、ところどころ挟まれるアニメも超可愛い
マジでヘドラさん尊すぎましたわ…
終盤のゴジラとの決闘にはめちゃくちゃ興奮してしまった

ミュンヘン(2005年製作の映画)

-

これは事実に基づいて作られた映画なんでちゅ〜

ど・こ・が・?

ブリッジ・オブ・スパイ(2015年製作の映画)

5.0

とにかくマーク・ライランスの演技が素晴らしすぎる
特に彼の日常を描く緊迫感溢れる冒頭での演技は本当に素晴らしかった…
間違いなく、彼こそが最もスティーブン・スピルバーグとの相性が良い俳優なのだろう…

ポーラー・エクスプレス(2004年製作の映画)

5.0

さすがゼメキス。
今見ても絶叫モンの最恐のジェットコースタームービーとしてこの映画は完成されている…

ただ、正直原作を引き伸ばしまくっているストーリーなので展開はノロノロです。
まぁ、クリスマスぽい
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

前作以上に万人受けの作品にはなっていた…
ただ、映画としての深みがまるで無い。
本当にただのネタ映画だった…


ヴァネロペがラルフと同じ、悪役になってしまうのもちょっとな…

ゴジラ(1984年製作の映画)

-

頑張ってリアルにしようとしているが、中身はやっぱりバカ映画
話のバランスおかしいだろ

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

エヴァの監督だけあってゴジラのデザインは本当にカッコイイ…
今までのシリーズとは全く違うアプローチの恐怖演出はとても斬新でしたね。
人間ドラマもよく出来ていて、
特に登場人物全員が絶対に日本を見捨てな
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

-

いじめっ子のジュリアン様が超イケメン
とにかくもっとジュリアンの姿を拝みたかった…

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

5.0

カラフルな電脳世界で繰り広げられる陰謀劇
終盤の大どんでん返しは歴史に残るものだと思う
ラストシーンで全ての伏線が回収される快感がたまらない
超斬新な世界観が僕のオタク魂を熱くさせる

ゲームセンター
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

5.0

意外にも感動的なストーリーで思わず泣いてしまった…
Mrブロンドめちゃくちゃ好き

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

5.0

明るいコメディタッチの作品だが、本質的な物語はアスガルドの悲劇…
とにかく登場人物がモブに至るまで全員超個性的。
だが、それでもこの作品はちゃんとソーが主役の映画として成立している!
間違いなくこれは
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

5.0

最後のジェダイであり、最後の暗黒卿であるカイロ・レンの心の成長をライアン・ジョンソン監督はこれでもかと丁寧に、そして美しく描ききった…

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

5.0

もはや映画ではありません、芸術的な聖書です
人間の魂そのものです
僕がこれまで体感したことのない、
ものすごい強さの魔力を持った素晴らしい作品でした

ヒストリー・オブ・バイオレンス(2005年製作の映画)

5.0

暴力映画とはこうあるべき、
アメコミ映画とはこうあるべき、
家族映画とはこうあるべき、

男の嘘ほど残虐な暴力はこの世に無い

イノセンス(2004年製作の映画)

-

ストーリーなんてどうでもいいんです
とにかく映像がカッコイイんです

エル ELLE(2016年製作の映画)

5.0

ハリウッド映画に対する熱烈なアンチテーゼ。
登場人物がもれなく全員異常で全く感情移入できないカオスワールド。
サスペンスタッチでありながらも、登場人物が全員イカれすぎているためコメディにしか見えないと
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

5.0

1作目を遥かに超える映画としてのクオリティの高さ。
完璧すぎる元祖続編映画。
テンポの良さ、俳優達の演技力、なにより映像が持つ迫力が凄まじい!
これは壮絶な20年のタイムトリップだ!
全ての殺戮はクロ
>>続きを読む

トゥモローランド(2015年製作の映画)

5.0

ナ・ニ・コ・レ

めちゃくちゃ面白いやん!
なんか話よく分かんないけど、超面白いやん!

昔のSF映画ネタとかいっぱい出てきて最高やん!
てか、この映画そのものがまんま万博だよね
僕はディズニーのトゥ
>>続きを読む

パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカス(1973年製作の映画)

5.0

前作とは比べ物にならないほど映画としてパワーアップし、より一層宮崎駿の作家性が滲み出てきた大傑作。
大雨で水没した街の姿はまるでアート。
後の宮崎作品に見られるアクションの原型が全て詰まってる。
とい
>>続きを読む

陥し穴と振り子(1984年製作の映画)

5.0

最初から最後まで怖すぎ、特にラストが
ホントに悪夢そのものみたいな映画

>|