カレンさんの映画レビュー・感想・評価

カレン

カレン

映画(321)
ドラマ(0)

シェナンドー河(1965年製作の映画)

4.0

南北戦争当時の、南部バ―ジニアが舞台。
チャ―リ―(ジェームズ・スチュア―ト)は妻を亡くして16年、家族は6人の息子と1人の娘そして長男の嫁。

奴隷は持たない、戦争には反対が彼の信念。
しかしそうは
>>続きを読む

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

4.0

可憐な歌姫、クリスティ―ヌ
二人の男性、ファントムとラウル

揺れ動くクリスティ―ヌの心

♪夢に現れて歌ってくれた
あなたは音楽の天使なの?
それともあなたは…♪

ドンファンの舞台
>>続きを読む

私がクマにキレた理由(わけ)(2007年製作の映画)

3.5

大学はでたけれど
就活の面接で
「あなたはどんな人物?」
これって1番難しい質問じゃない?
アニ―は答えられない

ひょんなことから
メリ―ポピンズよろしく
とある金持ちの家庭におりたった☂️
アニ―
>>続きを読む

ハングオーバー!!! 最後の反省会(2013年製作の映画)

3.3

42歳の偉大なるニ―ト、アラン君、またやらかすぞ。

1作目はトラ
2作目は猿
今回はキリンですか?
と思っていたら、
キャ~😱!!
え~!それはないでしょ!
アラン!少しは反省して!

ということで
>>続きを読む

バックマン家の人々(1989年製作の映画)

4.0

4人の兄弟姉妹と彼らの子供たち、4人の両親、またその母親を含むパックマン家の人々の物語。

それだけいれば悩みも人数分だけありますよね。
人生、ロ―ラ―・コ―スタ―、山あり、谷ありですもんね。

でも
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.5

ビートルズが世に出てきたとき、当時の大人たちは、耳障りな不協和音を奏でる若者たちが現れたと思ったらしい。

私はそんなビートルズを聴いて育ちました。
と言ってもまだまだ私は小学校も低学年、従姉のレコー
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.8

「いつだってやめられる」第2段
失業中の大学教授たち、
だから言わないこっちゃない。
合法ドラッグだから大丈夫なんて言っていたが、
前作の終わりに、結局逮捕されちゃって…
しかし、あることを条件に自由
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.5

たまにはマカロニ・コメディ―でもと思い、観てみました。

昨今、教授といえど大学でふんぞり返ってばかりはいられない。
財政が厳しいおり、精魂傾けた研究も、研究費の取り合いに負ければ直ちに失業者となって
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.2

ロバート・デニ―ロ、気持ち悪い。
とにかく気持ち悪い。
そして悲しい。

妄想……ちょっと良い言葉で言えば、想像は誰でもすること。
成功したら…
権力を手に入れたら……
恋が成就したら……
妄想するの
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

子供と動物ものは、私にとっては外れなし👧🐱
この作品もまた然り

“Gifted”
神から与えられたかの如く、たぐいまれな才能を持った人の
こと。

7歳にして大学の証明問題を解いてしまうほどの、数学
>>続きを読む

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

4.0

もし過去に戻れたら
あんなことや、こんなこと
無かったことにできるかな?

突然車が突っ込んで
命を落とした子供たち

悪魔のような醜い心の大人に、傷つけられた子供たち

薄暗い空間の一室で、虐待の果
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.0

私恥ずかしながら、キアヌ・リ―ヴス初体験なんです🔰
ウィノナ・ライダーは久―しぶり。

実は先日テレビで、キアヌのことをやっていて(新作映画の宣伝)彼、ものすごく良い人らしいということを知りました。
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

ピエロは人を笑わすもの。
自分が笑っちゃいけないよ。
しかしア―サ―は笑っちゃうんだ。
決して可笑しいわけじゃない。
それは病気のせいなんだよ。

ママ、ハッピーなんて呼ばないで。
僕、生まれてこのか
>>続きを読む

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える(2011年製作の映画)

3.5

ハングオ―バ―partⅡ
今回は海を渡ってタイです。
タイ美人とステュの結婚式。

悪い予感がするんだけど😖

アランに気をつけて❗️

顔はどうした?
髪はどうした?
指はどうした?
懲りない面々で
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

仕事人間曰く
“仕事に没頭して何が悪い?
家族のために働いているんだ”

でもその間、家族の気持ちは夫や父親からどんどん離れ、気がついたときには…

家庭を顧みず、花に全てを捧げ、人生の終盤まで来てし
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.8

全編を通して流れるジャズの旋律が心地良い。

ビールスストリート、あてどもなく歩いてみたい。

しかし、この作品の内容はというと…

If Beale Street Could Talk
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

3.8

古今東西、少年達はヒ―ロ―が大好き。
というわけで、私の周りには子供がいっぱい(仕事がら)なので聞いてみました。
「君たち、将来何になりたい?」
サッカー選手!消防士!水道工事!学校の先生!………
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.1

お茶室の、お茶に注ぐ湯の音の何と心地良いことか。

心を傾けてきいてみよう。雨の音、虫の音。

掛け軸の前に座ってごらん。
きこえる?滝が落ちる音。

典子(黒木華)の人生、茶道はほんの一部かもしれな
>>続きを読む

ザ・ブラック・ホール(原題)(2008年製作の映画)

3.0

コピー機で刷られた紙に大きな●が…
えっ?何これ?
便利!便利!
…………と思っていたら
💨💨💨

3分で観られるショートム―ビ―
ホラーかな?コメディかな?

教訓…何事も欲は
>>続きを読む

ハンコック(2008年製作の映画)

3.0

俺の名前はハンコック。
悪い奴を見ると黙っちゃいられない。
徹底的にやっつけるもんだから、ついついやり過ぎちゃって。
そこが俺の困ったとこなんだよなあ。
クズにクズって言うなよな!

こんな俺でも遠い
>>続きを読む

情婦(1957年製作の映画)

4.0

老弁護士が殺人事件の容疑者の弁護を引き受ける。
サスペンス&法廷物と言って良いのでしょうか。

前半の展開は少し退屈だが、
ビリ―ワイルダ―監督作品ということで、
「きっとあるぞ!どんでん返し」
の期
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.0

人間ってたまに、自分なんか生まれてこなければとか、
何のために生きている?
死んでしまいたいなどと思うことない?

そんなことないよ。
君がいたお陰で、助かった人、幸せになった人がいっぱいいるんだよ。
>>続きを読む

眠れぬ夜のために(1984年製作の映画)

3.0

不眠症に悩むエド。
眠れないときは無理に眠ろうとしないこと。
そして、とことん体を使うこと。
そうすればそのうち眠れるよ。

エドは、はからずもそれを実行して、あげくに事件に巻きこまれてしまった💨
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.9

物語は
1969年が舞台なので、今から丁度50年前の話。
ベトナム戦争の厭世感が社会に漂い、ヒッピーが西海岸を中心に現れ、各地に広がっていった時代。

タランティーノにとって、この時代のハリウッドへの
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.9

森の湖畔に大学生男女のグループ。
ところがそこは、かつて殺人鬼が出た場所らしい…😨
と来れば昔ヒットしたシリーズものを思い出すよね😨

しかし崩れそうな小屋にいたのは、人の良いタッカーとデイル、二人の
>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

TSUTAYAにてお目当てのDVDがなくて、こんな時にはハズレのないものでも借りるかということで“ダイハ―ド”になりました。

内容は言わずと知れた、ブルースウィリス扮するジョンマクレ―ンがテロリスト
>>続きを読む

初恋のきた道(1999年製作の映画)

3.3

中国の貧しい農村部。
丘と平原しかないけれど、景色はとても美しい。

村娘チャオが恋をした💕
都会から村に赴任してきた若い教師に一目惚れ。
身分違いの恋だとさ。

恋する少女のおさげが
揺れる👧
初恋
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

4.0

Born to be wild
ピ―タ―・フォンダの訃報。
そういえば、あのアメリカンニューシネマの代表作と言われる“イ―ジ―ライダ―”を観ていないということや、
ましてやフォンダの映画すら
一本も観
>>続きを読む

失われた週末(1945年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

作家という者、書けない時は、悪魔に魂を売り渡してもいいくらいに思い詰めるものらしい。

この映画の主人公、売れない作家は書けないがために悪魔(酒)に魂を売ったのか、酒に溺れたがゆえに書けなくなったのか
>>続きを読む

コクーン2 遥かなる地球(1988年製作の映画)

3.3

1よりは断然面白かった👏
今回は夫婦の愛にジワっとさせられることもあり、満足な展開でした。
(1では奥さんを怒らせてしまったジョ―だけど、今回は大きな愛を示しました……涙、涙💧💧💧)

そして皆さん結
>>続きを読む

コクーン(1985年製作の映画)

3.0

COCOON=繭

フロリダの老人ホーム👴👵

おじいちゃん、おばあちゃん達が何だか元気になって、体力モリモリ💪
何か秘密が……?
シ―!みんなには内緒だよ🤐
やだ!ばれちゃったの?

この映画の宇宙
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.1

壮大なアフリカの景色。
どこまでも続くサバンナ。
風にそよぐ草木。
音楽が流れ🎶
躍動感溢れる動物たちは踊るよう。
どれもこれもCGだとは思えない。
(一ヶ所アフリカで撮影された実写が入っている)
>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

4.1

数学で戦争を止めようとした男―櫂直(かい ただし)
数学の天才が大きな組織に立ち向かう。
この作品は戦争の悲劇をえがいたものでは決してない。

ただ私たちは知っている
先の大戦の結果を
そして戦艦ヤマ
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

今から70数年前、確かに日本は戦争をしていました。
そんな時代でも、人々は日々の生活を営んで…
笑って暮らしていたんだね。

すずちゃんが18歳でお嫁に行った、呉市の家族も笑いが絶えなくて…

晴れた
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

4.0

ミッドナイトラン→ひと晩で終わる仕事、転じて“簡単な仕事”
のスラングだそう。(ウィキペディア)
果たしてこの物語、ミッドナイトランといくのかな?

賞金稼ぎの元警官ロバート・デニ―ロが、賞金をかけら
>>続きを読む

人生模様(1952年製作の映画)

3.5

たまには文学の香り高きものを📖📖📖とは言っても、全然堅苦しいものではありません。

オ―・ヘンリー短編集。
有名な「最後の一葉」と、髪は女の命「賢者の贈り物」、他3作品
感動物あり、サスペンスあり、コ
>>続きを読む

>|