ぴうりさんの映画レビュー・感想・評価

ぴうり

ぴうり

映画(57)
ドラマ(2)

海街diary(2015年製作の映画)

4.0

腹違いの妹を引き取った姉妹が、妹と家族になっていく物語

[ここが好き]
・4姉妹の美しさ。
中でも長澤まさみさんの美しさは神がかっている。
・淡々としていながら、それでいて「丁寧な暮らし」。
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.0

盲目退役軍強すぎ&タフすぎ&思考がド変態😞
スポイドのアレは勘弁だわ~😞😞
彼に対抗するのはムリゲーっぽかったけど。
数少ないチャンスで倒した時はちゃんとトドメさしとこう、何度もイライラしたよ。
トド
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

5.0

エンドロール前、ラスト5分に爆笑!
これが一番やりたかったんだね😄

FOXがこんなに面白い映画を作れるなんて😄
もうね、今後のX-MENに全部俺ちゃん出演させたら丸くおさまるんじゃねぇか? ってくら
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

シヴァガミ、ちったぁ自分の目で確かめろ💢
そう何度つっこんだことか。

父バーフバリがどうしてああなり、国母が追いたてられ川で息耐えたのか?
その謎を解き明かす解決編でもあるこの後編。
時系列に並べず
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.8

9.11のことは知っているもののその後の出来事を詳しく知らないため、歴史的、地理的側面から映画を楽しめなくて残念。
ウズベキスタンがどう関与するのか?
そこからもう分からない。
(無知すぎる😢)
ただ
>>続きを読む

地獄愛(2014年製作の映画)

3.4

邦題の付け方が「一周回って」絶妙。
このタイトルだからこそ更にウケる。

ヒロイン・グロリアの第一印象は地味で平凡なおばさん、だけど仕事は誠実。
そこからミシェルと関係を持ち、彼に現金を貸すために部屋
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

クライマックスのみんなが立ち上がって参戦してくれるシーン、ベタだけど熱い!
愛と勇気と友情と勝利、っていうベタすぎるジャンプかよ?ってテーマ。
今頃の映画で臆面もなくやってくるところが逆に熱い!
親子
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

映画を見てこんなに興奮したのは、キャップ2を見ていらい。
映画のどこをとっても興奮度が過去最高値を更新していく。
頭がついていかない。
初めての体験。
次、見るときにこの記憶を全部消し去りたい。
そう
>>続きを読む

ラスト・ウィッチ・ハンター(2015年製作の映画)

2.0

予測しやすいストーリー
誰が仲間になって誰が裏切るのか、出てきた瞬間から分かる安心設定。

大量のハエで真っ暗になるシーンはエグい。
イライジャ・ウッドは仕事を選らばい役者なんだということは分かった。
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.0

原作をコンパクトにまとめたダイジェスト感のある脚本。
主演二人の演技、アクションが素晴らしい。
冒頭の追いかけてくる柴犬はな子の愛らしさに涙しそ。
でも後半の犬屋敷父娘の救出劇に熱いものがない。

>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

5.0

映画館で見なかったことをこれほど後悔した映画が他にあるだろうか?
この映画は映画館で見るべき映画だ。
大スクリーンと大音響で怪獣とメカを見て聞いて感じる。
そこで怪獣の脅威におののき、ガーディアンたち
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

5.0

怪獣とメカが大好きだ!ってのが画面からヒシヒシと伝わってくる。
熱い、熱すぎる!
愛に満ち溢れてて、そこだけでもう満点です。

恥ずかしいことに前作のことをすっかり忘れていて。
芦田愛菜プロが菊地凛子
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.0

素晴らしく面白くもなげればクソミソにけなされる程ひどくもない。
久々に見た「極めて普通の」映画のようにも見える。
エンディングに当たるエピソード4の歌詞をどう解釈するかで評価が分かれると思う。
3つの
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

5.0

槍美女戦士オコエさんだけで文句なく満点


ツボったとこ
・完全無欠ではない陛下(しかしそこがいい❗)
・妹ちゃん可愛いよ、妹ちゃん
・エージェント・ロスさんまさかの大活躍
・エージェント・ロスさんが
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

日本人による日本人のためのゴジラ映画。
凍結させたゴジラと共に生きていく。
ゴジラが何の比喩なのか日本人は分かる。
なんの説明がなくても。
だからこの映画は面白い。


個人的ツボ
・水ドン
・尾頭
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

キャップの中の人がキャップ以外の役を演じている映画が見たくなって観賞。
「フツーに面白い」という評価がピッタリしっくり来る映画。
10億人に一人の天才を娘に、そして孫に。姉、姪に持ったら。
その子供に
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.6

メインキャストのほとんどが平井堅に見えるっていう個体認識能力が低い我が脳ミソを呪いつつも、何かわからんが凄いパワーに圧倒され続けながら堪能した映画。
見た後、しばらく興奮がおさまらない。
映画を見てこ
>>続きを読む

疾風ロンド(2016年製作の映画)

2.3

演出、音楽のセンスが昭和。
特に柄本明さんへの演出はすべてが寒い。
東映映画特有のノスタルジーを堪能できるお手本のような映画。


関ジャニの人がとてもカッコよかったのだけが救い。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

5.0

エルトン・ジョンは卑怯だわ。
最高かよ!


コリン・ファースと子犬のショットも悶絶するほどシビレたよ。

RANMARU 神の舌を持つ男(2016年製作の映画)

2.8

二郎さんのぼそぼそツッコミしか面白くないって思ってたら。
地下水の法整備の不備やら、リンさんのオチにやられた。
意外と楽しめた。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

原作も読んでる。
映画も何度も見ている。
だとしたら何を楽しみにリメイクを見るかと言うと。
ゴージャスな列車、ゴージャスな食堂車でのゴージャスな料理。
可愛いデザート。
そして女優陣のゴージャスにつぐ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

よく考えてある、作り込み方凄い、などなど圧倒され続ける映画。
公開がお盆の頃だったらもっとよかったかな。

ハンゾウ、年数がたって母上の中で美化されすぎてるような。微笑ましいような。
女心をよくお分か
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.3

制作スタッフ、役者さんが持てる力を出し切ってなんとか形にしようと頑張っているって印象を受けた。

原作未読、アニメも見ていない状態で観賞。
制作サイドは観客が原作もアニメも充分に観賞しているという前提
>>続きを読む

八つ墓村(1977年製作の映画)

2.8

満開の桜の下、鬼の形相をした山崎努が猟銃と日本刀を持って駆け抜けて行く。
この図が撮れたことでこの映画は永遠に語り継がれる。映画として勝ちを得た。


尼子の落武者たちの惨殺シーンと、昭和の32人が惨
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.8

「あの大泉洋が何故かかっこよく見える」映画の第三弾。
安定の面白さ。
探偵と高田のコンビをまた見られただけで充分幸せ❤

酔っぱらった探偵の励ましの言葉は、マリにとって支えになったのか?
患った時に無
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

5.0

映画館でも見たけどWOWOWでやってたからまた見た。
男子高校生が川端でただ話してるだけなのに。
なんでこんなにハマるんだろ。
ゆるいとこかな。
メイン二人の絶妙にいい具合に力ぬけた演技かな。
ゆる
>>続きを読む

劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション(2010年製作の映画)

3.0

休日に未修学児と見るのにぴったりな映画。
映像は綺麗だし。
何も考えずただゆったりと見る。
心が洗われるのを感じたら勝ち。

ユージュアル・ネイバー/マッド・マザー 生贄の少年(2013年製作の映画)

2.8

ヒロインの少女が病床の少年と仲良くなるのがスピーディーすぎて違和感。
もう少し小さい子どもたちならそれも納得できたかも。
この物語で理解があるのは大人の男。大人の女は話を聞かない。
脚本家は大人の女性
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.8

この映画は何も悪くない。
素晴らしい映画なんだ、間違いなく。
だが。
予告編を作ったスタッフがやらかした。
オチが丸わかりだったんだ。


記憶を一晩で無くすという仕掛けは色々な作品で見てきたが、高齢
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

分かりやすく先が読める、じゃないや、もとい。
ハズシのない王道ストーリーだからこそ最終試合は熱いし感動する。
こういう王道に弱いです


ツボったとこ。
・新垣結衣さんにダサい服を着させようとしまくっ
>>続きを読む

座頭市(2003年製作の映画)

5.0

やりたい放題やっていいんだよって教えてくれる映画。
仇討ち、大立回り、ミステリー、グロさ、そしてコメディを盛り盛りにしながらもバランスが絶妙にいい。

コメディリリーフのタカさんとラストの下駄タップが
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

兄上のシリーズはいつも楽しいし面白い。
今回は過去シリーズを容赦なくパロるし、ロキさんがまたも笑いの神を降臨させてるし。
兄上は脱ぎ要員に徹してるし。
姉上は完全に天海祐希様に乗っ取られるし。(吹き替
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

4.0

3作続いたシリーズのラストシーンあっさりしたもんだった。
監督の美学かねぇ。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

ストーリー以外はとても素晴らしい。


三葉、四葉の父が一番気にかかる存在だった。
義母、妻、娘の名前は糸が連なるように一直線だ。
そこに彼の入る隙間はない。閉め出されている。
それがあの家の女性たち
>>続きを読む

東京湾炎上(1975年製作の映画)

2.8

爆弾を原油タンクに潜って解除するとこ。
何故、訓練を受けた海自が潜らず藤岡弘、が潜るのかね?
って感じで、特撮爆破以外全てツッコミまくれる映画。
実況や午後ローにうってつけの好素材。
若き日の水谷豊さ
>>続きを読む

>|