SohDIRECTORさんの映画レビュー・感想・評価

SohDIRECTOR

SohDIRECTOR

バハールの涙(2018年製作の映画)

3.8

原題「Les Filles du Soleil」フランス語で「太陽の女達」彼女達の部隊の名称のようです。これでも分かるのに「涙」を入れちゃう邦題...
「バハール」は主人公の名前です。

何故、女だけ
>>続きを読む

上島ジェーン(2009年製作の映画)

2.5

シャレにならない結末です....

ご冥福をお祈り申し上げます。

パーフェクトマン 完全犯罪(2015年製作の映画)

3.2

原題「Un homme idéal]パーフェクトマンのフランス語ですが、映画を見る限り???って感じです。邦題が誤解しそうで良くないかな...

既視感のある脚本で先が読めちゃうし、完全犯罪というほど
>>続きを読む

ホテルローヤル(2020年製作の映画)

3.0

直木賞受賞作なんですね....

この間の映画といい、伊藤沙莉ちゃんて結構苦労されたんですね...

昭和の匂いがプンプンして、物悲しい気分になりました。

わたしは生きていける(2013年製作の映画)

3.3

原題「How I Live Now]

シアーシャちゃんのキレイな瞳に魅了されますが、突拍子もない戦争勃発が付いていけなかった...

彼女の笑顔が見れる作品に出逢いたいな...

ペンギンズ FROM マダガスカル ザ・ムービー(2014年製作の映画)

3.4

新人ペンギンがSo cuuuuute!!
それと白熊さんをベッドに欲しい!抱き枕として笑

今はもっと凄いけど、この頃でも動物の毛並みの質感が本物よりリアルですね。光の表現とか影の動きまで拘っていてC
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

3.7

見つけました!30本に一本しか良作がないGYAO!で!!

原題「The Secret Scripture」聖書の中の言葉。聖句、 聖典。
同名の小説が原作。映画より評価が高いようです。

この方のよ
>>続きを読む

グレート・ビューティー/追憶のローマ(2013年製作の映画)

3.3

原題「La Grande Bellezza」イタリア語 偉大なる美しさ

とにかく、街並みや建造物、Mare blu、景色、仕立ての良いスーツが美しい。
残念なのは、キレイな女性が少ないのと、タバコの
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.5

皆さん、こんなくだらない作品に一生懸命取り組んでいて最高です。
堤さんはくだらない映画出過ぎで、いつの間にかコメディアンですね。

ネタバレしそうだから詳しく言えないけど、「G」さんはビックリ!

タイトル、拒絶(2019年製作の映画)

2.7

どいつもこいつも、って感じです。
ほぼ雑居ビルのデリヘル店内のワンシチュエーションだから、劇団の舞台みたいな感じだなって思ったら、舞台の映画版のようです。

女でいる事が辛くなる映画です。監督は劇団の
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

3.7

主人公の女の子が自然でCUTE!今18才ぐらいみたいですけど、大人になってキレイになられてます。

パラサイトを抑えて多数受賞しただけあって、韓国の貧富の格差、急激な高度成長期、超学歴社会、金日成死去
>>続きを読む

ウィッシュ・ルーム(2019年製作の映画)

3.4

オルガさんって、いつもとんでもない事に巻き込まれてる感じ...
相変わらずの憧れのスタイルで羨ましい笑

設定が面白くて、私も自分なりに、あれやこれやとWish並べてました。

ちょっと先が読めちゃっ
>>続きを読む

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

3.7

深い良い作品ですね。自由の国アメリカの、人種差別や宗教、暴力やドラッグ...
アメリカという国は自由があるが、その反対に限られたエリアでしか生きられない束縛が実は存在してて、日本より生きづらく息苦しさ
>>続きを読む

デビルマン(2004年製作の映画)

2.0

CG画像はカッコよくて(テレビ版ではなく原作に近い)、超ク○映画だと知りながらGYAO!様に感謝して観ました。超高速再生(デビルマンが出てるシーンのみ鑑賞)で15分で終了。CGも...アニメの方が良い>>続きを読む

米軍極秘部隊ウォー・ピッグス(2015年製作の映画)

2.6

ドルフ・ラングレン様の映画は極力避けて生きて来ましたが、あらすじ観ない派の私は、まんまと見てしまいました。
なんと!工事失敗のミッキー・ローク様まで!!顔笑えます。

ベンジェンス -復讐の自省録-/リベンジャー -復讐者-(2017年製作の映画)

3.3

カッコよくて強いバンデラスさんを久しぶりに観ました。
犯人が最初からわからなかったなら面白かったでしょうね。


TMI...劇中に登場する米政府機関 運輸保安庁 TSA(Transportation
>>続きを読む

容疑者X 天才数学者のアリバイ(2012年製作の映画)

3.6

福山様のそれと比較するには無理があります。まったく別次元の話です。
冴えないルックスの方ですが、福山様より人間味あふれ、ほど良く哀愁に満ちた演技に涙し、最後には完全に心を持っていかれました...
切な
>>続きを読む

スクワッド5 コードネーム:ウルフパック(2013年製作の映画)

3.1

そこそこ面白いですよ。但し、英語のセリフが吹替じゃなく、ニュースのナレーションのようなボイスオーバーなのが頂けない笑

部隊のメンバーはガチムチでかっこいいのですが、どこか田舎のヤンキーのようでChe
>>続きを読む

おもかげ(2019年製作の映画)

3.4

原題「madre」スペイン語「母親」
6歳の息子の失踪から10年...罪悪感、喪失感、閉塞感...癒えることのない感情をずっと引きずったまま、息子の失踪したフランスのビーチで...

冒頭の衝撃の失踪
>>続きを読む

ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ(2018年製作の映画)

3.3

原題「地球最后的夜晩」やっぱり「この夜の涯てへ」的な中国語なのかな...

現実と夢の世界が交錯するお話は、決して嫌いではないですが、この作品は哲学のようで難しい。私の思い描く台詞や映像が欲しい時には
>>続きを読む

映画 謎解きはディナーのあとで(2013年製作の映画)

2.8

見事な2時間ドラマでした。誰が犯人かキャストでわかるのはダメですね。
邦画で面白いのは「コンフィデンスマン」で、あれぐらいミスリードして欲しい。
でも櫻井君は、育ちがいいから執事よりお坊ちゃまですね。

ピッチブラック(2000年製作の映画)

3.0

ピッチブラック=絵の具の色の名前でもある。漆黒、暗黒。

「リディック」に繋がる序章のようなお話し。リディック観たとき、細かい設定がないまま進んだので、そういう事だったのかと。

暗かったり眩しかった
>>続きを読む

エヴァリー(2014年製作の映画)

2.5

もうちょっとでB級になれたのに惜しい...
ドーベルマンに「バンザイ」って名前...浮世絵、歌舞伎、能面、太鼓とか
日本をイメージ出来るもの満載なだけで話がね...
寿司が出なくて安心したけど、落武者
>>続きを読む

パイレーツ(2014年製作の映画)

3.5

ソン・イェジンssiが好きならお勧めです。可愛い!
まぁ、よくある話ではありますが、必ずどこかで見たことある脇役の方が沢山出て来て、アクションもなかなかでコメディと捉えれば楽しいです。

へジンオッパ
>>続きを読む

マッド・ドライバー(2016年製作の映画)

2.4

中国映画もスリラーあるんですね...
君の悪さは一見の価値ありです。タクシー怖い...気をつけよ..乗らんけど笑

ブラックソウル(2016年製作の映画)

3.0

やっぱり日本人には理解出来ない黒人差別問題。

コメディタッチでテンポよく、音楽もいい感じです。

偽りの隣人(2017年製作の映画)

2.4

女性を舐めてる映画が多いのがKR映画の悪いところ。日本も変わらないけどね...

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

社会派サスペンス系で久しぶりの面白さ!
ジェシカさんの赤のルージュが最高にCOOL!

日本人はマスコミやメディアの情報操作に一喜一憂して騙されてるので、ロビー活動について馴染みないでしょうが、この映
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.5

ベストセラー小説が原作のようです。

コン・ユさんが優しい夫さんで良かったとしか感想ないです。
悪くはないですけど、ちょっと女性目線で作り過ぎで、私は逆に嫌かな...
これでは、男性社会に物申す感じで
>>続きを読む

ウルフズ・コール(2019年製作の映画)

3.3

原題「LE CHANT DU LOUP」英語タイトル通り、フランス語で狼の歌(遠吠え)

凄く迫力があってスリリングな展開なんですが、潜水艦や軍事的な事柄を詳しく理解していないし、艦内狭くて暗いから分
>>続きを読む

ザ・タワー 超高層ビル大火災(2012年製作の映画)

3.7

あらすじ観ない派の私...
完全にB級だと思って倍速モード。えっ?ソン・イェジンssi?あれ?
わぁ!ソル・ギョングssi!!!A級かも!!

最初はメインキャスト達の、役設定をのんびり紹介&スプリン
>>続きを読む

スパイ・ミッション シリアの陰謀(2017年製作の映画)

2.6

007好きな人を騙すスパイ詐欺です。(引っかからないけど)
アクション少ないです。展開読めるから盛り上がりません。
シリアとイスラエル関係はバックグラウンド知らないと面白くないでしょうね...
主役の
>>続きを読む

トゥ・ザ・ワンダー(2012年製作の映画)

3.2

対照的な魅力のある2人の憧れる女優さんを見たさに鑑賞。
モンサンミッシェルで戯れる2人の足元に、始まった満ち潮が優しく寄せる.... これが観れただけで満足です。

素直な心が残っていれば、この世界に
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.3

シリア難民がフィンランドに密航。そこで出逢った人達に助けられ、生き別れた妹を探すお話でした。

あらすじ観ない派の私は、GYAOの画像で寿司屋っぽい格好をしていたのでコメディ作品だと思って観ました。
>>続きを読む

>|