hanaandaliceさんの映画レビュー・感想・評価

hanaandalice

hanaandalice

切ない映画大好きです。
おすすめがあれば教えてください。

映画(342)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.5

面白くはない、辛い映画。ただ、観ることができて本当に良かった。
ケイシー・アフレックは、ギリギリの演技とても凄いです。
英国ではないことを、鑑賞後に知る。

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.0

悪意に満ちている。誰でも良かったとか、言い出しかねない。シガーのマッシュルームカットにブラックコーデは不気味さが際立つ。
説明し過ぎない構成のこともあり、見逃せないシーンばかり。

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.8

仮想に拠り所を求めるのも理解できる。
切ないファンタジーでした。
ぶどう2つぐらい我慢できんものかな。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

映画全編から伝わる、吹き零れる程の愛、愛、愛!
気持ちの良い作品。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

小ネタがたくさんあり、捕らえきれません!(笑)楽しい。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.5

「きっと、すぐにやみますよ。」このセリフに何故かジンとします。
雨上がりでは、あきらに清々しさや広がる明るさを感じました。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.7

賀来賢人さんと吉沢亮さんは、将来の福田組"風神雷神"を目指して欲しい。

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.0

悩んで悩んで悩む映画。リアルな感じが刺さってきます。
ただ、あのサングラスはドフラミンゴしか似合わないと個人的に思う。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

音楽、人、町並、自然、上半身、自転車、『後で』、映るもの全てが綺麗で、とても素敵な映画でした。

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

ハイテンポで鑑賞後は疲れちゃいました。
ただ、キャラクターが富んでいるので楽しめます。
トーニャには情けをかけたくなる。

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

4.0

ロストボーイズから人との絆の深さを教えてもらった映画です。
希望を持って観終わることが出来たのも良かった。

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

4.7

イタリアの風景が素晴らしくて感動。
クレアの前向きな人柄に暖かくなる。
心がとても穏やかになる何度も観たくなる作品。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.3

ヴィラン、サノスは魅力が有り余る。
ストーリーは、今までのアベンジャーズ作品の中で1番好きです。
キャプテン・マーベルも楽しみです。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

スマホが10年ほどで発展したので、この世界観も、いつか是非…と期待してしまいます。街中で人々がVRに夢中になっている描写はスマホにも通じているところですが。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.7

地獄で修羅場をくぐっています感が、アレハンドロ率いるチームから絶望的に伝わった。リアルで怖い。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.5

呼吸ができなかった…
地球が滅ぶ時は、自分も一緒に滅ぶことにきめる決意が出来ました。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8

NYの街並みが素敵でした。
ストーリーも二癖ぐらいあって楽しかった。

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

ジャーナリズムとは何か。
各紙結託のようなシーンは観ててどこかアツくなりました。

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.8

始まりから既に何か不気味です。
観ている自分も現実と仮想が分からなくなります。
あと、ストーカーの声が思ってたのと違う。

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.1

どこもレンタルが無くやっと観れました。
後半は怒涛で…かなり疲れました。
何を、誰を信じればいいのかわからなくなります。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.0

ちはやふるというより、たいちふる。
音楽は前作からの同じくで素敵でしたし、perfumeもばっちしハマってる。
名人戦も上映してほしいけど…

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

IMAX3Dで観れるとは、有難い。
わかりやすい楽しさで、べサニーって名前が好きになりました。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.5

セイウチの役者顔負けの渾身の演技。
アダム・サンドラーは良い頭の形をしてらっしゃる。さすが、たまご頭。

8 Mile(2002年製作の映画)

3.8

ラスト20分のカタルシス
Lose Yourself やっぱ大好き。

ハッピーエンドが書けるまで(2012年製作の映画)

4.5

全体の雰囲気はとても好き。
登場人物に愛があるし、みんなの鼓動を感じました。
観れて良かった。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

ドラマ性はやっぱり無かったけど、楽しめました。
パリ行き列車に乗ってからは早い早い。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.8

詳しい説明のない部分は多少あるけど、話はわかりやすいし、音楽も好きです。
ただ、ミュージカルシーンは頂けない。

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

3.5

シンプルで観やすさはありました。
全体のトーン暗め重めでしたけど、ファニングちゃんはキラキラでした。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

淀んだ重さを感じて、辛くなりました。
実情があるのだと、やるせない気になりましたが観ることができてよかったです。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

ヒューの役柄に魅力は感じないですが、
ヒューの歌声に魅了されました。
それとゼンデイヤさんが、ふつくしい。

ゆれる(2006年製作の映画)

4.8

観る人によって解釈様々。
終始、緊張閉塞悲哀感たまらない。
香川照之さん凄い。

>|