553さんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

553

553

映画初心者のアラサー会社員。
記録用に採点&コメント残していきます。
鑑賞後にwikipediaを調べたりみなさんのレビュー読むのが好き。
よろしくお願いします( ´▽`)♪

2015…レビュー数:140 劇場:29
2016…レビュー数:79 劇場:25
2017…レビュー数:71 劇場:28
2018…レビュー数:129 劇場:39
2019…レビュー数:54 劇場18

映画(647)
ドラマ(8)

夕陽のガンマン(1965年製作の映画)

3.9

凄腕ガンマンの賞金稼ぎ2人(どちらも違った渋さを持つ)が、10,000ドルの賞金首を狙って、いつ出し抜かれるかという緊張感の中絶妙な距離感で協力し合う。

・互いの帽子を銃で打ち飛ばし合い取れないよう
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.8

警察庁、公安警察、検察など色々な組織が出てきてキッズには少し難しい内容。キッズなので付いていけてなかった。笑
褐色の肌にタレ目の男前、安室さんというキャラが人気らしい。かなりキメキメだった。

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.7

シンガポール行ってみたい!
旅行いいな〜。
行く前に破壊された様子見ちゃった。笑

京極さん、強くて紳士的でカッコいいなぁ。
コナンくんあまり活躍しないし街を破壊しない。舞台は派手だし英語喋ってる人々
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

家庭を顧みず仕事一筋に生きてきた87歳の老人が、長距離運転で麻薬を指定場所に届ける"運び屋"の仕事を引き受けてしまう…実話に基づくストーリー。

やっぱ麻薬運ぶこと頼むような奴らは若者でもあからさまに
>>続きを読む

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年製作の映画)

4.2

英題:The Good.the Bad and the Ugly.

登場する3役について、
字幕版では『善玉』『悪玉』『卑劣漢』
日本語吹き替え版では『良い人』『悪い奴』『汚ねぇ奴』
と訳されていま
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

3.8

愛し合う黒人の恋人同士のストーリー。

冒頭のシーンから映像や音楽が美しい。
ティッシュの着てるクリーム色のニットのポンチョ?とても可愛かった。

ダンボ(2019年製作の映画)

3.8

実写ダンボ、かわいいです……。
そんなウルウルの瞳で見上げないで。
コリン・ファレルとエヴァ・グリーンは美しい。
息子役の子はホームアローン主演のマコーレー・カルキン君に似てる!

ものすごく可愛くて
>>続きを読む

タイタンズを忘れない(2000年製作の映画)

4.1

ディズニー作品。
今より更に人種差別が激しかった時代、教育改革により白人黒人混合のアメフトチームが組まれた。

人種の違う高校生同士、もちろん最初はいがみ合ってしまう。

デンゼルワシントン演じるアメ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.1

アニメとCGの融合。
ポップなアメコミ調で、コメディタッチにテンポよく進む楽しい映画〜(*゚▽゚*)♪

2D吹替で鑑賞しましたが遊園地のアトラクションに乗っているかのような疾走感がありました!
カラ
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.8

アリータの滑らかで俊敏なアクションシーンがカッコいい。
闘う舞台が変わるごとに違う面白みがある〜。
女の人の機甲術って痺れるなぁ。

予告ではアリータの瞳の大きさに違和感を抱いたけど物語に入り込めば全
>>続きを読む

美少女戦士セーラームーンSuperS外伝 スペシャルプレゼント 亜美ちゃんの初恋(1995年製作の映画)

3.7

幼い頃憧れていたのは髪が長く、天真爛漫で女の子っぽい美奈子ちゃん。

まこちゃんと亜美ちゃんのことは苦手だった…。今思えば、彼女達と属性が被る部分がありそこが自己嫌悪の素だったのかもしれない(´・_・
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.3

自殺しようとしていたら偶然遭遇したダニエル・ラドクリフの死体が思いのほか高機能だったので森でサバイバル生活をしながら一緒に生きる道を探すという怪作。

役に立ち過ぎる死体がシュールで笑ってしまう。
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

3.8

バイキングの族長のひ弱な息子・ヒックが頭を柔軟に働かせてドラゴンを手名づける。

見たことがあるようでなかったストーリー。
ドラゴンに乗って空を飛ぶシーンは躍動感があって気持ち良い♪

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

4.1

ラブコメ嫌いの主人公がラブコメのヒロインという悪夢の世界に堕ちてしまうというラブコメ映画。笑

ラブコメを皮肉ったシーンがたくさんあって楽しくて自然に笑えてしまう!あるある〜。
戸惑いながらも冷静に状
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.9

‪ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリの好演!
正反対な二人のリズミカルな掛け合いは楽しかった。

気品があり冷静に構えていたマハーシャラ演じるドンが声を荒げるシーンは胸に迫るものがありました…。
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.2

実直でお人好しなインド人が迷子のパキスタンの女の子に出会い、母親探しに奔走する。

日本に住んでいると国や宗教の違いを意識することがあまりないけれど、国や宗教を超えた行動をとるっていうのは皆が目を丸く
>>続きを読む

ダンボ(1941年製作の映画)

4.2

大きな耳で生まれてきたばかりに、ゾウや人間達に笑われ仲間外れにされる幼きダンボ…。
涙がポロポロ流れるアニメーションに一緒に泣いてしまう。健気で可愛いゾウだ。
母ゾウが長い鼻で撫でるようにダンボを扱う
>>続きを読む

ピリオド -羽ばたく女性たち-(2018年製作の映画)

3.9

アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞受賞作品。
26分とサクッと観られるのが良いですね。

『パッドマン』は生理用品を広めた男性の話でしたが、これは生理用品の存在を知り(まず知るところから!)自分たちで
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

グリーンブックで助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリの予習。主演じゃないのに存在感すごくあるねぇ。

哀しげで大人しい少年の眼差しが切ない。
"月に照らされると黒人の子どもは青く見える"という台詞は
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

4.1

予告や番宣が、大御所の演技合戦!ぐうたら社員が実は…くらいのさわりで
ヒントやネタバレがほぼなかったのが良かった。
テンポよく進むので眠たくならず入り込めた。

休日に会社のこと思い出したくないので観
>>続きを読む

地上の星たち(2007年製作の映画)

3.9

アーミル・カーン見たさに鑑賞。
読み書きが上手くできない失読症の少年が主人公。

今まで考えたことがなかったけど、外国にももちろん障がいを持って生まれる子どもがたくさんいるんですよね。
発達障害や学習
>>続きを読む

私を野球につれてって(1949年製作の映画)

3.8

シーズンオフはショーの舞台で歌って踊る野球選手二人組という時代を感じさせる設定。観る人もプレイする側も道楽に近かったのかなぁ。
ストーリーはしっちゃかめっちゃかだけど楽しいラスト。
女性のフリフリドレ
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.8

スポーツ・レスリングに父&娘二人を絡めた話し。

「きっとうまくいく」のアーミル・カーンさん!さすがに少し年齢を重ねおじさんぽくなってる!インドの男前の顔面、好きです。

インドの結婚式、お嫁に行く女
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.8

情緒不安定気味な女王陛下のお気に入りの座を巡って二人の女が静かに、時に大胆に策を仕掛け合う。

女王陛下も含めた三名の演技合戦。
権力も精神力も強い女達とは対照的に男性はお飾りのような描き方をされてい
>>続きを読む

悪人(2010年製作の映画)

3.7

妻夫木くんの素晴らしい演技。
大人しくて内にこもりがちなこういう人は居そう。

特に序盤、裏切られた瞬間の車の中での演技が良かった。
悪人とは。お互いにとって救いの存在になれたのに。人と出会うタイミン
>>続きを読む

先に愛した人(2018年製作の映画)

3.9

タイトルが良いね。
Netflix素敵な作品をどんどん作り出しているなぁ。

死んだ父親(ゲイ)の恋人である若い男、実際の母親の間に挟まれて、何が正しいのだろう?と考える息子。
ところどころ挟まれるア
>>続きを読む

ゲーム(1997年製作の映画)

3.6

弟に勧められて始めたゲーム。それが壮大なやつ。

そんなことしたらあかん!許さんぞ!!!
絶対許さんし引きこもりになってやる!と思ってしまう。私だったら泣き怒る。笑
自分が、ジョークがわからない頭が堅
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.7

人類初めての月面着陸をララランドの監督&主演俳優で映画化。

宇宙映画はいくつか観たことがあるからか、宇宙空間や月面付近での感動や新鮮味はなかった。
実在のアームストロングは「真面目すぎて面白みがない
>>続きを読む

アポロ13(1995年製作の映画)

3.8

トム・ハンクス真面目な役が似合うね。
司令塔も一つになって不眠不休でプロジェクトに参加してる感じが臨場感あって良かった。
乗組員は三人でも、NASAが、世界が期待して見守ってたんだ。

アクアマン(2018年製作の映画)

4.1

陸海空すべてのアクションが見応えあってワクワクする!
特に前半コミカルな部分も多くニヤニヤしながら観ちゃう!
海のバーフバリに納得👏

・アクアマン、ニッコリしながら持ち前のパワーを豪快に発揮していて
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.7

『ノッティングヒルの恋人のヒュー・グラントの甘い微笑み』という言い回しを別の映画で聞いてからどんなものか観なきゃ!と思ってた。確かに顔の造りが甘いからそりゃ甘い〜。
ジュリア・ロバーツの顔は外国人の方
>>続きを読む

エリック・クラプトン~12小節の人生~(2017年製作の映画)

3.9

エリック・クラプトン、いろんなバンドに所属していたんだなぁ。
写真やビデオに語りを交えて、幼少期から現在に至るまで淡々と丁寧に記録されています。

鑑賞者は5.60代の男性が多かった。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.7

どシュールでクスクス笑える。
こんなん映画館で観たら笑いをこらえるの必死になってただろうな。笑

ウェス・アンダーソン監督による可笑しくてシュールな世界観の芸術作品。犬と日本編。

勇敢で優しい犬たち
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

4.0

終始にこやかな表情で鑑賞出来る☺️
お風呂と壺の絵に入るシーンがすっっごく楽しい♪お風呂の奥底まで物が落ちるように実際のセットでも再現されているらしい。ワクワクしました!
古いアニメーションとの融合が
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

・ディカプリオもトム・ハンクスも良い役者さん。
・君には話し相手がいないんだ。にディカプリオがガチャーン!と電話を切るシーン。私も震えながらガチャーン!!するね。
・ケーキ食べる為のフォークになかなか
>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.8

アニメと実写が入り混じり歌って踊る世界。
子役はあんまり可愛くない。

メリー・ポピンズ、歌が上手でうっとりする。言いたいことはピシャッと言う。子供達が口ポカーンになるのもわかる。

クールな仕事人で
>>続きを読む