Koreyasuさんの映画レビュー・感想・評価

Koreyasu

Koreyasu

映画(35)
ドラマ(0)
  • 35Marks
  • 9Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

攻殻機動隊を二時間ほどの尺で実写化する事の映像面でも脚本面でも難しさを考えると落としどころとしては悪くないように思えます
映像は全然見応えありまくりなので攻殻機動隊というよりかは攻殻機動隊味のSF映画
>>続きを読む

テラフォーマーズ(2016年製作の映画)

2.0

原作漫画は表紙を見たことがある程度ですが思いの外、中盤にさしかかるあたりまでは全然楽しく鑑賞できたのでそこは良い意味で期待を裏切られました
アクションや変身は仮面ライダーシリーズを彷彿とさせ見応えがあ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

クイーンが最強という事実に尽きる壮大なミュージックビデオでありライブです
楽曲の使いどころが卑怯
映画館行きましょう

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.0

4DXリバイバル上映やってたから観てきた
話があんまり回収できていないような......
ハリーポッターシリーズと違い、ファンタジーの魔法界ではなくリアルの人間界を主な舞台としているので世界設定の浮遊
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.7

とてつもないが誰にでも持ち合わせている
そんな狂気を孕んでいる映画のように思えるのはわしだけでしょうか
この手の映画はいかにノレるかが大事ですがノレないひとにはとことんノレないタイプのヤツ
なんにしろ
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

2.4

巨大な怪獣をテーマにするにあたってアニメーション形式という映像面でのアドバンテージの無さを補う程のシナリオやグラフィックなんかがあったのかと言われれば苦しいところがあり
ゴジラってあえてアニメでやるよ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.1

作画はめっちゃキレイでこういうこと言う映画じゃないんやろうけどキャラクターも美形でメインヒロインも可愛い
メインヒロインの女の子の聴覚障害を持っておりうまく喋ることができないという設定をリアリティー1
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

2.6

西部ガンマンの黒人や東洋人なんておるんかよという突っ込みどころは抜きにしてイ・ビョンホンがかっこいい
ただ荒野の七人のリメイクというのを期待してみると痛い目に合うと思います

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

気の知れた友達とみるぶんにはちょうどええかんじに品が無い映画

ブライト(2017年製作の映画)

2.5

僕たちが現在暮らしているこの現実世界にエルフやオークなんかのファンタジー種族が存在している世界で黒人とオークの警官コンビが強大な力を持つ魔法の杖を巡って織り成す痛快アクションムービー
と書くと聞こえは
>>続きを読む

バタード・バスタード・ベースボール(2014年製作の映画)

3.6

Netflixのオリジナル作品って確かに面白いもん多いしドキュメンタリーも多いねんけどなんでみんなこれみてないんやろ
バックドラフトとかで有名なカート・ラッセルの親父さんが経営してた破天荒な地域密着型
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.0

まずこの映画が今まで大役ウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマンお疲れ様ってかんじの面があるのは理解してる上で少々お粗末なストーリーラインや思う
期待しすぎたのもあるかもしれんけども敵対するキャラ
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.7

全然よく知らない人でもバットマンワールドに愛着ある人でも楽しめるお手本みたいなレゴムービー
レゴ系の映画ってなんか普通におもろいねんな...
この手のもんが子ども向けと侮るなとよく言われるけど全くその
>>続きを読む

バットマン:ダークナイト リターンズ Part 1(2012年製作の映画)

3.8

バットマンシリーズ史上どころかアメリカンコミックス史上の最高傑作とも謳われるダークナイトリターンズをそっくりそのままアニメにした作品
ジャケット詐欺で本編の画風自体はよくあるカートゥーン系で綺麗にフラ
>>続きを読む

モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦(2011年製作の映画)

1.8

総合格闘技のレフェリーでお馴染みのハーブ・ディーンが出るというので夜中わざわざ観てた
ナイスジャッジでしたディーン

スティーヴ・オースティン ノックアウト(2011年製作の映画)

2.3

夜中なんとなくテレビつけたらやってたんでその流れでボーっとみてたプロレスラー主演のよう分からん映画
元プロボクサーの用務員がいじめられっ子を校内のボクシングマッチで勝たせようとするというよくあるかんじ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

海外受けとかどうでもええやろ
我々日本人からみて楽しみやすい性質のものなのは間違いない
現代日本にもしゴジラという生ける災害が現れたらというシミュレーションの映画
そこに多少のファンタジーが介在しよう
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

2.3

このイマイチ舞台設定とかにシマリの無いのも日本の特撮リスペクトなんか?
満を持して変身した時はやっぱウオオオオオオってなっちゃうけどそこにその曲入れる?ってギャグなんかギャグじゃないんか笑っちゃうとこ
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.6

トレインスポッティング、サブカル大学生の好むたいして中身の無いオシャレミュージックビデオという認識をされがちですがガチで終わっとるなと自覚しとる若者にとってはこれでもかという程に心を苦しめてくる映画で>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

2.5

やっぱりザック・スナイダーです
スーパーマンとフラッシュの絡みが好きです
ポップコーン食いながら観るにはちょうどいいかんじです

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.0

ラズベリー賞だのクソ映画だのマーベルシネマティックユニバースを見習えなどと散々に叩かれるのもよく分かるんですけどわし的にはジャスティスリーグの3バカが結託してドゥームズデイと戦うという構図がド迫力の実>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

カンヌの受賞作品か...ってかんじで観ると拍子抜けするほど前半部分は楽しく延々と観れます
そういうところも含めて今年の映画(11月現在)ではナンバーワンやと思いました
安易じゃない展開もグッドですね

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.0

ドンパチアクション映画も連想されるあらすじですがカンヌ脚本賞を取っている今作がそんな脳筋な内容なわけもなくかなり淡々とお話が進む映画です
ミニマルな音響と暗く淡い色使いを意識した映像の静かな雰囲気は世
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

2.6

ユアン・マクレガー演じる大人になったクリストファー・ロビンと100エーカーの森の住人たちが再会するという映画の内容からドラッグムービーかなにかかな?と思ってしまいましたがよくよく考えればディズニー作品>>続きを読む

ネクスト ロボ(2018年製作の映画)

3.0

かなり近年のディズニー作品を意識したかんじなんでしょうが
グラフィックス自体はディズニーにもひけをとらん出来なんやけどホントに、それだけにディズニーとの差が浮き彫りになってる感がある
ディズニーがどん
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

めんどくさい前作オタクが今作を貶しているのをよく見かけるけど確かに大きな不満点は2つほどあるものの概ね面白かった
前作の質量感のあるイェーガーたちとは打って変わってエヴァなんかの影響を感じる細身のデザ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

トッド・ブラウニングの「フリークス」に歌って踊り狂いながらワイドハイターをかけたかんじの映画
細かいとこが気になる人には納得のいく内容ではないんやろけど概ね10人いたら9人は面白かった言うかんじの映画
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.6

DCコミックスと神風動画の悪魔合体
真剣に悪ふざけした結果できあがってしまったみたいなアニメ映画です
ここ最近観た映画の中で一番とち狂っとったわ
基本的に3DCG作画やねんけど静止画でも違和感無いよう
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

ディズニーには敵わへんな...って思った
多分次の作品もそう思っとるわ

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

上映終了後に毛むくじゃらの獣そのものみたいなナリしてるにも関わらずペッカペカのドレス着回してハイヒールはいてカツカツ鳴らしながら大都会を闊歩したい!!って思わせられた映画
リボンの騎士やら峰不二子やら
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

これだけは言うときたいんやけどエンディングが終わるまで客が一切帰ろうとせんかった映画はこれが初めてです
今年観た映画の中では低予算のインディーズ映画であることを加味しなくても間違いなく一番"面白い"映
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.8

通常館、IMAXシアターとでそれぞれ2回観賞したけどこれほどただただ単純に楽しい面白い映画は久しぶりや
映像音楽脚本共に一秒一秒に隙間が無く常に観客を楽しませようとしている製作陣の意気込みを感じる
>>続きを読む