とらキチさんの映画レビュー・感想・評価

とらキチ

とらキチ

映画(768)
ドラマ(8)
アニメ(0)

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.9

人の“信仰”とは何か?を問う、完全なる宗教映画。
一見“平和”だと思われていた村社会、共同体に“異物”が侵入してくることによって生じる疑心暗鬼の連鎖。
“神”は“人”に、しばしば信仰心というものを問う
>>続きを読む

人質 韓国トップスター誘拐事件(2021年製作の映画)

3.8

最近韓国映画を見始めたニワカな自分ですが、さすがにこの方の顔と名前は一致する!という俳優さんの1人、ファン・ジョンミンさん。「工作 黒金星と呼ばれた男」や「ただ悪より救いたまえ」で素晴らしいお芝居を見>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.5

シリーズ続編。
かつてアメリカ軍憲兵の優秀な秘密捜査官だったが、今は放浪生活をおくる男ジャック・リーチャー。彼の元同僚スーザン・ターナー少佐が国家反逆罪で逮捕される。彼女の無実を証明し、ターナーの元部
>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

3.3

地上波深夜放送。
元米軍憲兵捜査官で現在は流れ者“ジャック・リーチャー”を主人公にしたベストセラー小説シリーズを原作、映画化した作品。
多分本来は、優れたサスペンスのプロットなのだったと思う。でもトム
>>続きを読む

レインマン(1988年製作の映画)

-

「午前十時の映画祭12」にて鑑賞。
お釈迦様の掌の上でずっと右往左往させられ、もて遊ばれている孫悟空のような…そんな風に見えた。レイノルズにしたら、いくら口八丁手八丁策を弄してもチャーリーの考えてる事
>>続きを読む

パリ警視J(1984年製作の映画)

3.8

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3 ⑥
今回の傑作選のラインナップの中で、個人的に1番楽しみにしていた作品。
パリ警視庁麻薬課に籍を置くジョルダン警視は、その容赦ない捜査手法により警察内部から「ならず
>>続きを読む

ボルサリーノ(1970年製作の映画)

3.9

ジャン=ポール・ベルモンドとアラン・ドロン、フランスの誇る二大スターの初の本格競演作。
冒頭、出所するアラン・ドロン、そこから結構直ぐにジャン=ポール・ベルモンドと邂逅することになるのだが、この2人が
>>続きを読む

ラ・スクムーン(1972年製作の映画)

3.3

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3 ⑤
ジョゼ・ジョヴァンニが、若い時ペルピニヤン・サンテ監獄で知り合った実在の一匹狼“死神”をモデルに書き下した原作小説を自ら脚色し監督した作品。
なんと、自らの原作
>>続きを読む

勝負(かた)をつけろ(1961年製作の映画)

3.3

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3 ④
山師で銃の使い手の男が、無実の殺人の罪で逮捕された親友を救うためマルセイユにやって来る。ジョゼ・ジョヴァンニが若い時にペルピニヤン・サンテ監獄で知り合った実在の
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

-

金ローとか、テレビでは何度となく観てきたけれど、スクリーンで観るのは初めて。今回は“クラリスの結婚式を記念した特別上映”で、なんとFilmarksさんの企画とのこと。どうもありがとうございます♪
ラス
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム THE MORE FUN STUFF VERSION(2022年製作の映画)

4.9

もう、いろんな意味で泣けた😭
のっけからの、3人の“ピーター・パーカー”によるリモート対談にはほっこりさせられたけど、既に“ピーター・パーカー”の運命を知っている身としては本編中でのピーター、MJ、ネ
>>続きを読む

ジェシー・ジェームズの暗殺(2007年製作の映画)

4.0

ビリー・ザ・キッドと並び、幾度となく映画作品等の題材となってきたアメリカ西部開拓時代のガンマン、アウトローであるジェシー・ジェームズ。彼と、彼を裏切り暗殺した手下のロバート・フォードの人物像に迫ったサ>>続きを読む

ジャッキー・コーガン(2012年製作の映画)

2.8

ブラピの“殺し屋”モノ。
2008年、経済苦境のなか行われた米大統領選挙を背景に、裏社会に生きる男たちの生きざまを描くクライムサスペンス。
この大統領選挙の候補者がバラク・オバマで、彼が盛んに国民の連
>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.5

ヘンテコJapanese全開だったけど、リスペクトは感じた!日本語で書かれた街並みの広告や商品といった造り込まれた背景のディテールをじっくりと読み込んで確認したくなる。セットであれだけのシロモノを組ん>>続きを読む

ベルモンドの怪盗二十面相(1975年製作の映画)

3.4

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3 ③
二十の顔、二十の名前と二十の愛人を持つ詐欺師で泥棒のビクトール。刑務所出所後も相変わらずの暮らしぶりだったが、自分を担当する保護観察官のマリー=シャルロットに一
>>続きを読む

華麗なる大泥棒(1971年製作の映画)

3.9

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3 ②
「オー!」「大頭脳」と並びジャン=ポール・ベルモンドによる「ルパン三世」の元ネタ、実写版と呼ぶべき作品群のひとつ。
100万ドル相当のエメラルド強盗団と、たまた
>>続きを読む

薔薇のスタビスキー(1973年製作の映画)

3.5

ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3 ①
二つの世界大戦の間、1933年にフランスで発生した疑獄事件“スタヴィスキー事件”をモチーフに、その中心人物セルジュ・アレクサンドル・スタヴィスキーの最期の数年を
>>続きを読む

リトル・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.3

ルピタ・ニョンゴ主演のゾンビ映画。
農場へ遠足に行った幼稚園の一行が近くの国の実験施設から脱走したゾンビ🧟‍♀️🧟🧟‍♂️の集団に襲われる。
“ゾンビ映画”というフォーマットの便利さ、偉大さを感じる。
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.9

鑑賞後、ジャケ写を改めて見ると、込められた意味がいろいろ読み取れて深いなぁ…ってなるパターン。
今作を理解するうえで絶対欠かせないのが
“ハンズ・アクロス・アメリカ”というイベント。あの「ウィ・アー・
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.9

まさに“NOPE!”な作品。
コレは周りに鑑賞をオススメしたいけど、その説明にメチャクチャ困るやつ(苦笑)きっとプロモーションも大変だっただろうなぁ…とお察しします。
ジョーダン・ピールらしく、「動く
>>続きを読む

ある用務員(2020年製作の映画)

3.5

ある高校で用務員として働く男…実は恩のある暴力団員の娘を密かに見守るボディーガードだったのだが、その彼女の父親が殺され組織が崩壊、跡目争いのため彼女を狙う殺し屋集団との死闘が始まる。
ここしばらく“
>>続きを読む

グリーンバレット(2022年製作の映画)

3.5

個人的には、鹿目さん推しです(笑)
「最強殺し屋伝説国岡[完全版]」の続編で、ミスマガジン2021の6人が出演するアクション。プロの殺し屋を志す女の子たちが京都最強の殺し屋の指導のもと訓練合宿で競い合
>>続きを読む

最強殺し屋伝説国岡 完全版(2021年製作の映画)

3.5

「グリーンバレット」の予習のために鑑賞。
阪元裕吾監督がシナリオ執筆の為に密着した“殺し屋”を追った“フェイク”ドキュメンタリー作品。
しばしば画面に入れられる、テロップのポップなフォントが妙にジワる
>>続きを読む

将軍様、あなたのために映画を撮ります(2016年製作の映画)

3.4

映画マニアだった金正日の命により北朝鮮に拉致された、韓国人女優と韓国人映画監督の失踪事件の真相に迫るドキュメンタリー。
「自国の映画を世界に通用するものにできないか…」ならば「向こう(韓国)から映画監
>>続きを読む

太陽の下で 真実の北朝鮮(2015年製作の映画)

3.3

ロシアのドキュメンタリー映画監督が、故・金日成主席の誕生日である太陽節を祝う行事を準備する少女をメインに、北朝鮮の人々の“ありのまま”の姿を撮影しようと企画されたドキュメンタリー作品。しかし北朝鮮の言>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

-

劇場公開時鑑賞しましたがBDにて再鑑賞再レビュー。
「ロッキー2」劇中、ロッキーとの再戦を画策するアポロはトレーナーのトニーにこんな事を言われる。
「ヤツ(ロッキー)は死神だ!もうヤツと関わろうとする
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

-

「ロッキー」の正統なる続編。
今作を鑑賞して一番強く思ったのが教育の大切さ。ビジネスマンとしても優秀だったアポロの血を引いていただけあって元々の地頭の良さもあったのだろうが、婚外子として生まれ孤児院で
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

-

「ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV」鑑賞後、違いの確認のため鑑賞。
1985年、わかりやすいエンタメ要素が求められ、米国とソ連の間でバリバリの冷戦をしていた真っ只中の時代。それを思えば、基本米ソの
>>続きを読む

ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV(2021年製作の映画)

5.0

シルヴェスター・スタローンの母方の祖父は、実はウクライナの出。だからスタローンはロシアのウクライナ侵攻に物凄く怒っている。そんな最中に届いた再編集バージョン。

ドラゴに勝利したロッキーが、敵地である
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

-

「ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV」鑑賞前の予習で超久しぶりに鑑賞。
Eye of the Tiger!
前2作までの70年代っぽい陰の部分を振り払って80年代テイスト全開となったエンタメ作品。だ
>>続きを読む

ロッキー2(1979年製作の映画)

-

「ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV」鑑賞前の予習で超久しぶりに鑑賞。
リターンマッチ!
いきなりの振り返り、前作のクライマックスシーンを見せてくれて、先日観たばかりなのにウルウルしてしまう🥹
一度
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

-

「ロッキーVSドラゴ:ROCKY IV」鑑賞前の予習で超久しぶりに鑑賞。
“シルベスター・スタローン”という人間の前半生そのもの。以前、今作の直前に出演した作品「デス・レース2000年」を観た事がある
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

5.0

劇場公開時鑑賞しましたがBDにて再鑑賞再レビュー。
まずなんと言っても、ムーニー役ブルックリン・プリンスちゃんのあまりに上手すぎるお芝居!何故あそこまで自然なお芝居が出来るのだろうと本当に感心してしま
>>続きを読む

ガラスの城の約束(2017年製作の映画)

4.0

劇場公開時鑑賞しましたがCSにて再鑑賞再レビュー。
これもまた、観た人によって評価が180°変わるだろう作品。
個人的には初見時は、「よくぞあの環境から脱出して自立出来たものだ」という感心だったり、あ
>>続きを読む

きっと地上には満天の星(2020年製作の映画)

3.9

ニューヨーク、地下鉄のさらに下の空間に広がるコミュニティーで貧しい生活を送るニッキーと5歳の娘リトル。ある日“不法住居にあたる”と市の職員たちによる住民の排除が始まったため、地上へと逃げ出さざるを得な>>続きを読む

鬼手(2019年製作の映画)

3.7

囲碁×バイオレンスアクションの妙!そして韓国作品らしさ全開の復讐譚!
貧しい家庭に生まれた少年は最愛の姉を失い天涯孤独の身になる。そんな少年に残されたのは、生前父から教わった囲碁の腕前だけだった。一匹
>>続きを読む

>|