とらキチさんの映画レビュー・感想・評価

とらキチ

とらキチ

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.5

続編。クロエちゃん、真っ当に成長してかわいくなってる!そしてアーロン・テイラー=ジョンソン、メチャクチャゴツくなってる!あれでギークっていうのはちょっと苦しいぞ…
ヒーローを辞めて普通の女の子になろう
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.9

今じゃ身体もゴツくてヒゲも生やして完全に男臭い感じだけど、自分的にはアーロン・テイラー=ジョンソンって言ったらやっぱり“キックアス”なんですよねー。今作では、よくよく見ればかわいい男前だけど、ギークな>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

4.0

IMAXレーザーにて鑑賞。
MCUフェイズ4の劇場公開作品もいよいよ本格化!ですね。
“テン・リングス”といえば「アイアンマン」でトニーを拉致した犯罪組織でアイアンマンシリーズでよく出てきてたよね…と
>>続きを読む

真昼の決闘(1952年製作の映画)

-

「午前十時の映画祭11」にて鑑賞。
ゲイリー・クーパーもグレイス・ケリーもスクリーンで観るのは初めて。
実は今回の上映開始時間、映画とリンクさせていた!っていうのが素敵。
いきなりのリー・ヴァン・クリ
>>続きを読む

ザ・ネゴシエーション(2018年製作の映画)

3.6

韓国の人質交渉人モノ。
いきなりの人質事件で韓国警察のポンコツっぷりが発揮される。でもその人質事件が後々の伏線になっていたりする。
韓国映画お得意の国家権力の腐敗を描いたサスペンスもので特に目新しさは
>>続きを読む

国家が破産する日(2018年製作の映画)

3.9

1997年に韓国を襲ったIMF経済危機を異なる立場、それぞれの視点から描いた作品。
中央銀行の担当部局に身を置き、通貨危機から国民を守ろうとする女、通貨危機を逆に利用して儲けようとする男、通貨危機の荒
>>続きを読む

PMC ザ・バンカー(2018年製作の映画)

3.3

「Call of Duty 」シリーズのようなFPSゲームのような映像で展開していく軍事アクション。韓国と北朝鮮の境界線の地下にある秘密の地下要塞を舞台に、北朝鮮の要人の確保を命じられた傭兵たちの運命>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

4.2

「レッド・ファミリー」は、フィクションでしたが、今度はガチ(実話)の工作員の話し。とても見応えがあった。
核開発をめぐって緊迫する朝鮮半島を舞台に、北朝鮮への潜入捜査を命じられた実在のスパイ“ブラック
>>続きを読む

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

4.2

家族を装って韓国に潜入する北朝鮮の工作員たちの異色のドラマ。偽装家族のドタバタコメディかと思って、お気楽に見ていたらとんでもなくて、工作員達の悲しく虚しい物語だった。
序盤は、工作員達の“理想的な家族
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

4.2

劇場公開時鑑賞しましたがCSにて再鑑賞再レビュー。
「“これはカルビかチキンか”水原カルビチキンです」
「イラッシャイマセ!👏👏」
フライドチキンが食べたくなる、そして劇場鑑賞時、実際に帰りに食べに行
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

3.5

高層ビル群を舞台にしたサバイバルパニック作品。有毒ガスが街に広がる中、危機を回避しようと奮闘する人々を描く。
相変わらずの韓国映画のプロットの上手さが光る。設定の粗さ、劇中のツッコミ所が満載で、絶望的
>>続きを読む

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.0

劇場公開時鑑賞しましたがCSにて再鑑賞再レビュー。
Fuckin’ Ideologie!
もう、それに集約されてしまう物語。
戦争捕虜たちで結成されたダンスチームが、タップダンスを通して結束していく過
>>続きを読む

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

3.9

イ・ビョンホンにハ・ジョンウそしてマブリーと来たら観ないわけにはいかないでしょ!って事で鑑賞。
韓国発のディザスタームービー。と同時にツッコミ所満載で、やってる事は本当の意味での“スーサイド・スクワッ
>>続きを読む

座頭市物語(1962年製作の映画)

-

「午前十時の映画祭11」にて鑑賞。
「サマーフィルムにのって」で主人公の女子高生ハダシが心揺さぶられ虜になり、その愛を語っていたのが今作。
序盤、市が草履を脱いで、子分達の丁半博打で金を巻き上げるくだ
>>続きを読む

魔界転生(1981年製作の映画)

-

千葉真一追悼鑑賞。
「エロイムエッサイム 我は求め訴えたり」
千葉チャン追悼と言いながら、やっぱり今作ってジュリーの妖艶な美しさを観る映画なんですよねー。「ジュリー💕」って樹木希林さん並に身悶えながら
>>続きを読む

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

-

35mmフィルム上映にて鑑賞。
図らずも千葉真一さんの追悼上映となってしまったのがとても残念。
強烈!最凶最高過ぎた千葉チャン演じる大友!あまりに下品過ぎてココに書く事も憚れるけど、あの名セリフこそ“
>>続きを読む

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)(2021年製作の映画)

4.5

ドルビーシネマにて鑑賞。
「アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン」をご覧になられて感動されたのなら、ぜひ!
やっぱ1969年!
現代史において政治的にも文化的にも、いろんな意味で転換点だった年
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.6

「良い日ではなく、素晴らしい一日を!」
素晴らしい。本当に素晴らしい。ライアン・レイノルズに、こんなに感動させられるなんて!こんな世の中だからこそ沁みる、深い物語。
コロナ禍の影響で、ずっと延期され続
>>続きを読む

ジャッリカットゥ 牛の怒り(2019年製作の映画)

3.5

劇場帰りに「ウォーッ!」って松明を持ってそこらへんを走り回りたくなる映画。しないけど。
南インド、ケーララ州のジャングルの奥に在るキリスト教徒の村の肉屋で、ディナーのカレーや祝宴に供する為に屠殺されか
>>続きを読む

サイコ・ゴアマン(2020年製作の映画)

4.0

PG!PG!
B級映画の最高峰。
もう最高!ミミちゃん最高!何が最高って、ミミちゃんが小憎たらしすぎる事!あの顔芸とかマヂでムカついた💢それでありながらお芝居がナチュラル。という事は、よっぽどお芝居が
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

劇場公開時、IMAX 3Dにて鑑賞。BDで再鑑賞。
「バットマン vs スーパーマン 」で初登場した“素潜りのオッさん”ことアクアマンの単独作品。
当初気になっていた、水中の表現が素晴らしい。一目見て
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

リバイバル上映をドルビーシネマにて鑑賞。BDを再鑑賞。
映画史上、最も女性が男性を倒している映画。そして世界とDCEU、ワーナー・ブラザースを救った作品。
公開当時の時点で終戦からまもなく100年に迫
>>続きを読む

ワンダー・ウーマンとマーストン教授の秘密(2017年製作の映画)

3.6

2017年のDCEUの「ワンダーウーマン」が公開されたちょっと後にアメリカで公開された作品。町山氏が「ワンダーウーマン」と一緒に紹介してて、日本公開を楽しみに待っていたが、結局されなかった。
“ワンダ
>>続きを読む

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結(2021年製作の映画)

4.6

コレコレ!こんなのをずっと待ってた!
今のところDCEU最高傑作でしょ。
ジェームズ・ガン解ってるよなぁ…いきなりマイケル・ルーカーだもの。ビシビシこちらのツボを突いてくる。
現代のスーパーヒーローム
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド エクステンデッド・エディション(2016年製作の映画)

3.3

一応ジェームズ・ガンバージョンの公開に備えての鑑賞。劇場公開版、当時観たけど完全に記録漏れ。3DバージョンのBDを所有しているので、折角だから同梱されていたこちらのバージョンで。
この作品の本質って、
>>続きを読む

トータル・リコール(2012年製作の映画)

3.5

続いてリメイク版を鑑賞。こちらの方が舞台設定とかが、より原作に忠実なプロット。火星には行かない。
ストーリー展開は1990年版をほぼなぞっていて、いろいろと見比べる事が出来た。2012年製作作品らしく
>>続きを読む

トータル・リコール(1990年製作の映画)

3.9

SF小説の大家フィリップ・K・ディックの原作を元に筋肉でねじ伏せた作品。
「君は君でなく、俺なのだ」
なんて、まるで落語の「粗忽長屋」のようなセリフが飛び出すシュワムービー。
「ターミネーター」「コマ
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

5.0

「午前十時の映画祭11」にて鑑賞。
“この映画のストーリーだけは、決して誰にも明かしてはならない。あれから10年後の1994・ロス- 運命を背負ったタイム・トラベラー達に審判の日は、近づいてくる!”
>>続きを読む

バケモン(2021年製作の映画)

2.6

ちょうど先月末、鶴瓶師匠の独演会に行ってきまして。そんなことがあった後の今作の上映。こんなの行かないという選択肢は無い!って事で鑑賞。
独演会当日演った演目は「かんしゃく」と「らくだ」。今思うと今作あ
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

勝新を敬愛する時代劇オタクの女子高生、という我々映画好きなオッさんホイホイな掴みで始まり、多少のファンタジー要素なんかも全然ガマンできた。100%高校生に見えない板橋駿谷のいつもの熱演もいいスパイスだ>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

4.5

「血が出るなら、殺せる筈だ」
まずシュワちゃんのミリタリーアクションモノとして面白い。一人で“第三次大戦”を起こした「コマンドー」とは違って今回は部隊を率いる隊長!私服での登場シーンから、表沙汰には出
>>続きを読む

コマンドー ディレクターズ・カット版(1985年製作の映画)

5.0

ディレクターズ・カットと言っても、劇場公開版より、ほんの90秒長いだけらしい。しかも現在CS等でOAされているのはおそらくこちらのバージョン。
基本的にレイティング検閲で削除された残酷カットを元に戻し
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

5.0

「容疑者は男性、190cm、髪は茶、筋肉モリモリマッチョマンの変態だ!」
以前、4Kニューマスターテレビ朝日吹替版のリバイバル上映を劇場で鑑賞。CSで鑑賞再レビュー。
大好き!もう何度見ても面白い🤣荒
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.9

「午前十時の映画祭11」にて鑑賞。
小さい頃の初見時、クライマックスシーンに於いて、下半身が吹き飛ばされて機能停止…と見せかけての上半身ズリズリ追いかけてくるのに当時メチャクチャビビって、トラウマ級の
>>続きを読む

マッスル 踊る稲妻(2015年製作の映画)

3.9

THE インド映画!188分、実に3時間超えの超大作!歌アリ踊りアリ、更にはジャッキー並のアクションアリ!もうてんこ盛り!
純愛ラブストーリーと謎の男によるサスペンス、2つのストーリーラインと時間軸が
>>続きを読む

ロボット2.0(2018年製作の映画)

3.5

劇場公開時鑑賞しましたがCSにて再鑑賞再レビュー。
“スーパースター”ラジニカーント繋がりで再鑑賞。
IT大国インド。スマホを使う現代人に警鐘を鳴らす作品。こんな風に社会派的なテーマを持ってくるのがイ
>>続きを読む

>|