さいとうさんの映画レビュー・感想・評価

さいとう

さいとう

描写や細かい仕草に趣を感じます

映画(130)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

Queenを詳しくは知らなかったけれど、楽しめた。音楽は知っているものばかりだったが、曲の成り立ちが分かると世界観がまた変わってくる。これは映画館で観るべき映画。

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.8

笑った。
でも、笑以外の要素もキチンと散りばめられていて○

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.1

プーにほっこりする。
日常に、仕事に、日々の忙しさに埋もれて人生に大切な何かを忘れてしまう。
その忘れた何かを思い出させてくれる、そんな作品。

"何もしないことは最高の何かにつながる"

自分の日常
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.7

この、フワーッとした感じ、なんとも言えない奇妙さというか怖い感じ、がこの監督の作品なのか。
初めて観たのでなんとも言えませんが。
SNSに対する考え方、という点では[ザ・サークル]と通ずるところがある
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

ラストがああなるとは……といった感じだったけど、よきラブストーリーでした。

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.9

第二次世界大戦下のドイツ-ユダヤの映画、何本も観ているけど映画によって切り口が違う。本作もまた違うテイストで楽しめた。実話というところがステキ。そしてやっぱり思うこと、妻は強し。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.8

現代のテーマ、SNSとの付き合い方を考える作品。使い方で良くも悪くもというのが改めて認識される。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

スターウォーズ作品、初めてちゃんと映画館で観たのだけど、楽しめた。過去の作品を観る布石になった。

ダブル/フェイス(2017年製作の映画)

3.6

コワイ。
それに尽きる。
それでも、最後に全て繋がってスッキリ。

ニューヨーク、愛を探して(2016年製作の映画)

3.7

母とはなにか、愛とはなにか。
90分の中に収められているので、ん?となる部分もあったけれど、ストーリーとしては⭕️

静かなふたり(2017年製作の映画)

3.5

話の幹は良いとして、細かい描写も良いとして、枝葉がうまく繋がってこなかった感。

フランス映画っぽいと一言でまとめてしまえばそうなのだけれど…

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.6

フランス映画っぽさ満点。
特に終わり方が…
やっぱりいいですね、フランス。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.8

猿の惑星はシリーズ毎に視点が移り変わってゆく感じがいいと思う。

そしてこれで最期なのだなぁと。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.5

この続きがあるのか…

アベンジャーズはこの状態でどうやって立ち向かうんだ…

と思いながらも期待してしまいますね。

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.7

ラストの目を合わせるシーン、そこにボニーとクライド 2人の物語は収束しているなぁと。
鳥の羽ばたきから、2人は全てを悟るんだろうな。

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

3.8

リターンズということで前作の記憶が新しいうちに。

前作よりも、え、ここで?みたいなシーンが結構あって笑える要素が多かった気がする。

人間ってやっぱり心が暖かくなければと思える作品。

ターナー、光に愛を求めて(2014年製作の映画)

3.6

父の死、そして自らに与えられた運命。
奇しくも同じように死に向かってゆく。

場面場面で見せる喉を鳴らすようなあの動作には表情と相まってその時々で様々な意味が込められている気がした。

絵はやっぱりス
>>続きを読む

トレジャー オトナタチの贈り物。(2015年製作の映画)

3.5

まったりと進む感じと、言葉が合っていた。
ストーリーというよりも、大人になっても変わらない男の探求心をくすぐる感じ。

エンディング曲は△
素直な終わりでよかった。

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.8

コメディ感強めかと思ったけれど、その要素以外も詰め込まれていた。

素直に面白い。

南極料理人(2009年製作の映画)

4.3

困難に負けそうでも、必ず終わりはくるし、未来は明るい。

久しぶりの邦画。人と人との繋がりや、生活感が如実に現れている。笑った。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.4

自分の居場所がない人なんていない。ありのままで、いたい所にいたらいい。

すずの内面、すごくすきになった。
少ない材料で料理するシーンがすき。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

4.3

終盤で全てがつながった。
前半で意味がわからなかった表情や描写もキレイに。

まさかこういう展開になるとは…

2回目に観るとまた違う視点で観れる気がする。

さよなら、人類(2014年製作の映画)

3.5

このシュールさが良い。
けれどもそのシュールの中にもしっかり描写されているものがある。

背景だったり、動と静の描き分けだったり。

パパにさよならできるまで(2002年製作の映画)

3.7

受け入れられない少年のピュアな心。
それでも自分なりに少しずつ受容し、乗り越えようとする。

僕らはきっとまた会える。
いつかは分からないけど
晴れた日にきっとまた会える。

撮り方が個人的に好きだっ
>>続きを読む

僕が星になるまえに(2010年製作の映画)

3.8

自らの死を考える時、人は何を思うのだろうか。親友の死を考える時、人は何を思うのだろうか。

そして死を受容する時、何を思うのだろうか。

タイトルがしっくりきた。

ベネディクト・カンバーバッチの演技
>>続きを読む

いとしきエブリデイ(2012年製作の映画)

3.9

全てはこの日のために。
毎日が辛くても、諦めそうになっても、切なくなっても、全ては収束点へ向かっている。

家族の成長、あたたかさを感じた。
挿入曲が◎

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

4.0

「愛」、「時間」、「死」

抽象的概念をコトバで表すというのはなかなかないこと。それをコトバで表し、立ち向かい、乗り越えること。

ウィル・スミスが出演している作品は、やっぱり素晴らしい。

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.2

ジャック・ニコルソンの振る舞いによる周りの変化、自分自身の変化、そして変わらないもの。

今と昔の精神病棟のあり方の違い、絶対的権力への無力感、社会への抵抗、さまざまな切り口から楽しめる映画。

個人
>>続きを読む

蝶の舌(1999年製作の映画)

4.0

人はみな孤独である。
モンチョと先生の別れのシーン、そこにこの映画が集約されているような、そんな気がする。何も知らない少年のピュアな心にはあまりに残酷な結末。

曲と映画全体の雰囲気が何とも言えずにマ
>>続きを読む

明日に向って撃て!(1969年製作の映画)

4.0

物語に入るまでが少し長かったかなと思ったけど、爽快感があって良かった。ラストシーン、「じゃあ敵は大したことない」って言って出て行くところが◯

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.2

「人間は言葉ではなく行動で決まる」

ほんとうに「始まりへの旅」であった。
スタイルを貫くこと、飾らない自分らしさを持ちつつ、行動を起こしてゆくこと。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.4

久しぶりに泣いた。
悲しみに負けず、諦めずに努力を続けることと、母親の子への深い愛情。父親が遺したものへ たどり着いたオスカーは素晴らしい。

リトル・ランボーズ(2007年製作の映画)

4.2

映画の中の映画って良い。
子供たちの創る空間・雰囲気がすごく心地よかった。久しぶりの4点台。聖書の絵がステキ。

>|