ちゅんしゃーさんの映画レビュー・感想・評価

ちゅんしゃー

ちゅんしゃー

大阪のタマフルリスナー。かといってガチャで当たった映画全部見るとは限らない。
今年は年間マーク50本が目標。
星は3.0基準とちょい高めです。

映画(268)
ドラマ(0)

天気の子(2019年製作の映画)

3.6

街の風景が良くて、「俺もこんな暗いとこじゃなくて青空が見たいぜ!」と思うぐらいすばらしい映像でもう100万点。陽菜さんにもう一回会いたいと思わせただけで勝利が約束されている映画。
難しく考えずに、劇場
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.0

少し古い「ディズニープリンセス」であったボーのキャラクターが今風のプリンセスっぽく大活躍!というのが良い。ダッキーとバニーやカブーン(キアヌなのね)もバカっぽくて面白いし、個別のエピソードもたいそう面>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.0

何を書いてもいまさら、という話なんですが…。
とりあえずアイアンマンとキャプテン・アメリカのそれぞれ第一作を見たので、ソーやハルクはすっとばして我慢できずに見た。

こういうヒーロー大集合ものって、個
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.8

途中までは「ふーん、まあ2時間退屈せんようにはできてるんじゃないの」なんてたかをくくってたら、ラストシーンええやないか…という気持ちになった。エンドゲームまで長い旅路ですが頑張る所存です。

平成狸合戦ぽんぽこ(1994年製作の映画)

4.1

今更初見。まず冒頭の動物たぬき⇔平常時たぬき⇔化けてるたぬき⇔線の少ないおちゃらけたぬきのシームレスなアニメならではの動きがめちゃくちゃ良いので、そこでかなり心をつかまれた。人間の葬式のシーンから、白>>続きを読む

真夏の方程式(2013年製作の映画)

3.5

「容疑者Xの献身」が好きだけど、これも好き。
よくできてる東野圭吾のくらーい原作と明るい海のコントラストがよい。自分にも子どもが生まれたところだったりして、テーマの親子愛がずーんと響く映画であった。

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.8

アメコミそのまんまを映像化!というルックがそもそも最高!見てて飽きない。天丼ギャグなんかはやっぱフィルロード&クリストファーミラーらしくてだいすき。
ヒップホップ&グラフィティアートなスパイダーマンと
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.7

ようやく見れた。
ヒトラーの演技力からの実際にヒトラーを街に放っちゃおうという演出で、グッと現実味を持たせてるあたりがすごいと思う。
こんなに自分の国のことを考えてくれる人間がいるのか…?と思わせるあ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

2019初映画!ながらめちゃくちゃ腹痛で耐えきれず中座。最後の10分くらい見れてません。つらい。

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.9

本当によくできた映画!
中盤までの生活感というか、雰囲気が素晴らしい!と思う。そこにきて後半の活劇は構成としてはベタだと思うのだけれど、しっかり伏線も効いてる(っぽい)し、ハッとするところもあって非常
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

何書いてもネタバレになりそうなのでコメントで。
ある意味「祭り状態」で、今まさに見る価値のある映画なので、苦労してチケットを取って見に行くのが一番楽しめると思います。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

おもしろいし、不穏な感じも十分堪能したけど、期待値が高すぎたせいか「こんなもんやな…」という気持ちになってしまった。

人種差別が下敷きになってるのもわかるけど…もうひと裏切りあれば…いや、十分堪能し
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

1100円の日ということもあってか、満員でした。

示唆的で、はっきりとした表現が少ないので咀嚼しきれてないところが多々あり。
ほうぼうで言われているように、「家族の定義」を問う映画。
そこを、「血を
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.3

「不幸の少ない映画」

面白かった!
ストーリーは冷静に考えるとヘビーなんですが、時折入るギャグが笑えるのと、主人公の友達が底抜けに明るく、あまり重くならない。
映画に限らず、「創作する」ということの
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

見ました。

いやー笑っちゃったな。ちょっと楽屋オチ的なところがわからないところもあって、100%楽しめた自信はないけどそれでも面白かった。
アクションの工夫が楽しい!

脚本のつじつまの合わないとこ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.1

話が超面白い!ってことはないのだけど、目が離せない・終わるのが寂しくなる映画でした。

母娘の世界は、貧困のせいでものすごく狭いが、それを娘は知る由もないというところがひしひしと伝わってくるのが辛い。
>>続きを読む

ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年製作の映画)

3.5

アメリカの病理・銃社会についてわかったような気にさせてもらえる感はすごい。

しかしながら、サウスパークの製作者のインタビューを出したあとにサウスパーク風のアニメでほとんど結論めいたものを非常に「わか
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.3

ようやく見た。もともとVol.1が大好きだったにもかかわらず、邦題が「リミックス」だったおかげで「ああ、マッドマックスみたく再編集版が出るほど人気が出たんやなあ」と勘違いし、劇場公開時スルーしてしまっ>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.8

結びに限らず、シリーズ全体的な話ですが、伏線回収が見事なのと、途中のコメディシーンのバランスがいい。
また、間に挟まれる和風なアニメーションも高畑勲監督の「かぐや姫の物語」のようで、これ見ると自動的に
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

ふつーに楽しんだ。
アフリカ部族っぽい風習×超ハイテクノロジー×キレッキレのブラックミュージックの組み合わせが最高!

なんですが、主人公の葛藤からの気持ちの変わり目がいまひとつよくわからなかったのと
>>続きを読む

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

4.2

語弊はあるけどめちゃくちゃ面白いです。
実話をもとにした映画ということや、俳優にリアルなスラム街の住民を起用しているだけでなく、オープニングとエンディングや、手持ちカメラでブレブレの視点、主人公の持っ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

そんなもん泣くに決まってるでしょ!
死後の世界が素敵。
音楽もめちゃくちゃ素敵。
脚本も素敵。
ピクサーってやっぱり凄い。 
ラストにステージシーンがある映画は反射的に泣いてしまうのでこれはもうしょう
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.8

やっぱりアナと雪の女王の世界はキラキラしすぎて苦手である。
一般市民の暮らしぶりが王族に振り回されていて、単なるモブを越えてないのがどうしても気になってしまった。次回作では王族ふたりだけの悩みから一歩
>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.4

映像的なおしゃれ感!
ハッとする裏切り!
ジム・キャリー!
と、自分の好きな要素てんこ盛り映画。

前半の「ん?なんだこれ?」という違和感が氷解するあたり本当に大好き。全体に散りばめられた、どうやって
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

こんなやり方があるとは!という再発見ができる映画。

主人公のスペンサーの半生を描きつつ、テロ事件を未遂に抑えるシーンがメインとなるのだけど、それまでの半生を丹念に描いていくので、スペンサーの人生に否
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.2

実話なのは知ってたけど(男の方は)本人だったとは!

予告をやたらと見たので、泣き方面にハードルを上げすぎてしまったなぁという印象。
中盤以降、良さげなシーンはあるんだけど、自分の心にはそこまで刺さら
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.7

テーマは「子は育つ」かな。

女の子が7年間監禁され、その間に母親になり、男の子は外の世界を見たこともないというひでー話。でも、男の子は外の世界を見たこともないのでそれ自体ひどいことかどうかもわからな
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.6

音楽に振り回されっぱなし!

田舎町、何か起きそうな不穏な雰囲気、テーマが「罪と赦し」、といった具合に「羊の木」を連想。
音楽が素晴らしくて、何か良からぬことが起きそうな場面の演出はもちろん、カントリ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

2.9

見たあと、軽く体調を崩すぐらい胸糞悪い映画。(もともとの体調のせいもある)
だが、50年前という最近の事件だし、人種問題も相まって、下手に解決済みという描き方もできないよなーというのはわかる。


>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

原作がいがらしみきお、監督が吉田大八で気になってたが、前評判がなんだか思わしくなかったので、どうかなーと構えて見てみたら良かった。

田舎町に流れる不安感、閉塞感と役所の感じが妙にリアルで、役所勤めと
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.6

笑って泣ける映画!ちゃんとコメディ要素が入りつつ、しっとりさせるところはしっとり。それでいて人生のみかたが少し変わるという、いい映画のお手本みたいな映画。

主人公が敵対するのは架空の宗教だけど、既存
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

ほうぼうでオススメされてたので、すこし構えて見に行ったけど、めちゃ良かったな!






松岡茉優は本当に可愛いのだけども、めちゃくちゃ自分勝手で自意識が異常なキャラクターで、松岡茉優さん以外では許
>>続きを読む

マッキー/Makkhi(2012年製作の映画)

3.8

好きな女の子とうまく行きそうになったのに、その女の子を狙ってるライバルの社長のおっさんに殺されて、ハエとして生まれ変わり復讐を目指す!というめちゃくちゃな映画。

終始ツッコミどころ満載で、(女の子が
>>続きを読む

>|