大爆笑カレーさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • 大爆笑カレーさんの鑑賞したドラマ
大爆笑カレー

大爆笑カレー

ワンダヴィジョン(2021年製作のドラマ)

3.6

一週間前までMCUほとんど何も知らなかったのですが、全部観たので全部わかりました...。嬉しい。
本作からリアタイ勢として参加できるぞ!

なかなかにトリッキーな構成が楽しいといえば楽しいんだけど、最
>>続きを読む

0

心霊マスターテープ2 ~念写~(2020年製作のドラマ)

4.5

撮影者を固定せず、シーンに登場する人数も抑えられ、コラージュの様に様々なコンテクストの映像が編集される、コロナ禍真っ只中で巧みに作られた見事なフィクション。
モキュメンタリーの強みを活かし、このジャン
>>続きを読む

0

心霊マスターテープ(2020年製作のドラマ)

4.0

心霊ドキュメンタリーファン垂涎のオールスター感謝祭なドラマ。
次回への引きが巧みに作られていて、一気観してしまう。ほんと楽しいドラマだった。

0

ブラック・ミラー シーズン3(2013年製作のドラマ)

4.0

ep6は屈指の出来と思う。
バリエーションに富んだ話が多いけど、ブラックミラーぽさに飽きがきたりもする。
色んなドラマの合間、箸休めとして見ているけど、ちっとも休まらん。

0

ザ・ボーイズ シーズン2(2020年製作のドラマ)

4.6

シーズン1ほどの勢いやテンションを期待すると、1話からかなり腰を据えたじわじわ展開で、えっ?!とずっこけてしまう。
ちょっと辛抱して鑑賞していると、登場人物各人を深く掘り下げていくエピソードたちに強
>>続きを読む

0

呪怨:呪いの家(2020年製作のドラマ)

3.7

びっくりするほど見やすくて、楽しかった。
でも、荒川良々が良かった以外に特に感想がない。

0

プリズン・ブレイク シーズン5(2017年製作のドラマ)

3.2

いくらなんでも行き当たりばったり!
プリズン・ブレイクは好きだし、流石にシーズン4よりは面白かったけど、マホーンがいないので泣きました。

0

アップロード~デジタルなあの世へようこそ~(2020年製作のドラマ)

4.3

Amazonが作るドラマはどこかひねくれていて意地悪で魅力的。
UPLOADも、格差が広がり続けた近未来のディストピアを露悪的に描きながら、驚くほどオーソドックスで爽やかなラブ・コメディを展開させると
>>続きを読む

0

ザ・ボーイズ シーズン1(2019年製作のドラマ)

4.7

すーーーーばらしい。
寝る間も惜しんで観続けてしまう海外ドラマは数年に一度あらわれる印象なのですが、来ましたね、ザ・ボーイズ。
今この時代に作られるべき、現実とリンクする様々なエピソードを超絶ブラック
>>続きを読む

0

グッド・オーメンズ(2019年製作のドラマ)

3.7

対立深まる世界では6000年の絆を見せられたらそりゃたまりませんよ…
アマゾンプライムは変なドラマ作ってて良いねえ

原作と脚本がアメリカンゴッズの人なのですねえ

0

フォーエバー ~人生の意味~(2018年製作のドラマ)

4.1

amazonオリジナル、渋い作品だったりマニアックな作品だったり、攻めていたりする作品が多いような気がするけれど、敢えて華やかなさを捨てて驚くところにスポットライトを当ててくれるその作品群は好きな人は>>続きを読む

0

アメリカン・ゴッズ シーズン1(2017年製作のドラマ)

5.0

呆れたユーモアセンスが支配する映像に頭が上がらないよ、ほんとにもう。

追記2019/1
最近見直したらやっぱめちゃくちゃ面白かったから星5にする…

0

ブラック・ミラー シーズン2(年製作のドラマ)

3.7

ep3のウォルドー旋風は、日本に蔓延するニヒリズムが行き着く先のようにみえて仕方なかった。良心とは…。

0

ブラック・ミラー シーズン1(2011年製作のドラマ)

4.3

1話、観てる側も高を括ってると引っ叩かれる。素晴らしい出来。
どの話も粒ぞろいで、最近の世にも奇妙な物語もこんくらい頑張ってくれたらなって思うよね。

0

パトリオット ~特命諜報員 ジョン・タヴナー~ シーズン1(2015年製作のドラマ)

5.0

何もうまく行かない社会がとても可笑しく、とても哀しく、時に愛おしく思えたりする、低体温人生賛歌の傑作。

Amazonオリジナル、侮れない。

0

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス ファイナル・シーズン(2012年製作のドラマ)

4.5

私はDr.HOUSEが大好き!!

破天荒なキャラのその破天荒な部分は、ドラマが長く続くにしたがってより過激に、より救いようが無くなって行くのは、話を展開させ続けるためにしばしばとられる方法ですが、
>>続きを読む

0