agentkoseさんの映画レビュー・感想・評価

agentkose

agentkose

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.5

2005年から2019年の落差が凄い。時代といえば時代なのかもしれないけどそれにしても後半はやるせなさ過ぎる。

ただ確かにヤクザといえど人権はあるべきだろとは思うのですがでも実際は暴力関係のいざこざ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5

映像を通して時間の流れについて表現しているのはシンプルに凄いなと思った。自然なタイミングで流れる音響も素晴らしい。

ネタバレになるので詳しくは言えないのですがラストの展開はこれから先起こることに対し
>>続きを読む

サンダーフォース ~正義のスーパーヒロインズ~(2021年製作の映画)

2.5

カニ男とのラブロマンスが最高に意味分からなくてそこだけ少し笑いました。

ただ全体的にギャグはまぁまぁ滑ってるしストーリーもおばさんたちがヒーローになる以外は特に面白味がない。

題材が良いだけに少し
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.0

前作のタイトルが「伝説の最後編」だったこともあり僕の中でこのシリーズはもうとっくに完結したものとして処理されていたのですがあくまであれは国全体を巻き込んだ1つの物語が終わっただけでまだ緋村剣心という1>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.7

いろんな人の想いが剣心の命にかかっていてそれを胸に戦う剣心の構図がとてもよく出来ていてより戦いに深みが加わったように感じた。

一旦の終わりでもある本作はその話がメインとなっている為アクション多めだっ
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.7

何気にトレパネーションという手術が実際にあるっていうのが妙にこの映画に現実味を与えてて怖い。でも同時にとても魅力的で興味をひかれる題材でもあるんですよね。

そんな本作はまるでパンドラの箱を開けるかの
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.8

前作から全てが格段に良くなっていることが目に見えて分かる。それはエキストラの数や話の規模はもちろんアクションシーンひとつとってもそう。

剣心の素早い殺陣はもちろん前作からパワーアップして見ごたえが増
>>続きを読む

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.6

他の邦画のアクションとは比べ物にならないぐらい今作のアクションは今見ても心踊るものがある。とにかくスピーディーで流れるような動きでありながら一撃一撃がちゃんと力強い。

ハリウッド映画みたいなCG塗れ
>>続きを読む

スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち(2020年製作の映画)

3.5

常に死と隣り合わせでありながらもどんなスタントにも怯むことなく挑み続ける彼女たちの存在があるからこそ見るものをあっと言わせるアクションが出来るんだなと改めて思いました。

少しマイナーなスタントウーマ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.3

今作のゴジラはとにかく″怖い″。ハリウッド版ゴジラはどちらかと言うとカッコいい寄りのゴジラなんだけどこの映画のゴジラは今まで日本で起こってきた土砂崩れや地震による建物破壊など様々な災害を歩きながらにし>>続きを読む

チェリー(2021年製作の映画)

3.6

ストーリーが想像してた以上に泥沼化しててしんどい。

てっきり徐々に良くない方向に向かって堕ちていく主人公とそれを助けようとするガールフレンドの話かと思ってたらそのガールフレンドも一緒に堕ちていくのが
>>続きを読む

ルーザーズ(2010年製作の映画)

3.4

個性豊かなチームのメンバーたちみんながいい味出してて面白かった。個人的にはハットを被ってるスナイパーのキャラが凄くクールで好きでした。

クリエヴァのムードメーカーキャラも良い。

やけにアメコミ映画
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.3

勉強ばかりしていた彼女たちも確かに優秀だし勝ち組の中の一人なのかもしれないけど真の勝ち組は勉強も遊びも一生懸命やっていた彼らっていうのがなんとも皮肉が効いていて良い。

特にトイレのシーンで女の子が言
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

恐らく本作以上に長い間ファンから待ち望まれた映画もないでしょう。僕は去年の自粛期間に新劇場版の序破Qに触れ、TVアニメ旧劇場版と見てきた人間なのでこの映画を待ってた歴としてはほんの一年ちょっとなんです>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.5

今ではいろんな考察や解説があるから結構分かるようになってきたけど本作を初めて見たときのなんともいえない複雑な感情はとても言葉には表せれないものでした。

いきなり前作から14年経ったと思ったらみんな急
>>続きを読む

ソニック・ザ・ムービー(2020年製作の映画)

3.4

ストーリー展開は分かりやすいぐらいに王道だったし、これといって目新しいものもないので全体的に置きに行った感じはあるけど逆にこれぐらいの方がソニックという個人的にはあまり馴染みのないキャラをすんなり受け>>続きを読む

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.3

どうやら現在も未解決の事件らしく映画も結構モヤモヤを残して終わります。でもそれ以上にこの事件を深掘りし過ぎたせいで目の前のことや大切なものに気づけてないジェイクギレンホールのキャラクターの方が個人的に>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

3.5

全体的に意味が分からなさすぎて考察や解説を見てもイマイチ理解できた気がしないんですけど、とりあえずこの見終わった後の虚無感は他の映画では感じられないぐらい凄まじい。

シンジとアスカの精神世界での葛藤
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.8

この映画みたいに何に対しても″YES″と答えるのは普通に危ないし、あんなトントン拍子に全てが上手くいくわけなんてないんだけど、あれぐらい心に余裕をもってたり肯定的であろうとするのは悪いことじゃないのか>>続きを読む

コンスタンティン(2005年製作の映画)

3.6

ヤニ中キアヌと厨二病チックでダークな世界観がとてつもなくカッコ良かった。

でもそんなキアヌよりも存在感を放ってたのがテルダ・スウィントン演じるガブリエル。恐らくあそこまで人外なキャラクターを演じても
>>続きを読む

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

1.5

なんか個人的には公開当時ネットで散々叩かれまくってた例のラストよりも、そもそもこの作品自体が映画としてつまらなかったし、原作のゲームに対する愛がないなと思ってしまった。

ストーリーは話の展開がトント
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.3

ジェイクギレンホールの奇抜な服装と演技は中々面白かったのですがストーリーがいかんせん微妙だった。

主人公のミジャには何故か共感出来ないし、考えさせられるような描写もあるにはあるんだけど話はオクジャと
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.8

サイモンペッグってエドガーライトの映画になるといっつもお酒飲んでるよね笑。でもそのたまらなくゆる〜い感じが面白かったです。

ニックフロストのキャラとの掛け合いも良い。

エドガーライト監督特有のただ
>>続きを読む

銀魂 THE FINAL(2021年製作の映画)

4.5

前評判でも少しあったけどたしかに全体的に色々とごちゃごちゃしてたし腑に落ちないところも少しあった。なのでこの映画は決して完璧な映画とは言えないかも知れない。でもこの完璧過ぎない感じが銀魂らしかったしそ>>続きを読む

さらば!2020年(2020年製作の映画)

4.0

恐らく殆どの人がコロナに振り回されまくり何もかもが思うようにいかなかった2020年。そんな年に起きたあれこれを誤魔化さずハッキリと言いたいように言ってるのがとても清々しかった。

豪華なキャストたちが
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族 (モノクロVer.)(2019年製作の映画)

4.5

通常版の方はもう見ているはずなのにモノクロになったことで作品全体の空気感がガラッと変わりまるで違う作品を見ているかのような新鮮さを強く感じる映画でした。

色による情報が遮断されたことによりカラーの時
>>続きを読む

ザ・プロム(2020年製作の映画)

3.2

今作はLGBTをテーマに取り扱った内容だからこそそんな人たちの背中を前向きに押してあげるような明るくて派手な歌やダンスが多かったのがとても印象的でした。

しかもただ闇雲に明るいだけじゃなくてしっかり
>>続きを読む

ミッドナイト・スカイ(2020年製作の映画)

3.5

前情報が殆どない状態で見たのでよく分からない箇所は多かったのですがとりあえず今この見終わった後の余韻が凄い。

何かしらが原因でやってくる世界の終末をどう受け止め何を思うのか?これをたった1人で北極圏
>>続きを読む

ワンダーウーマン 1984(2020年製作の映画)

3.9

前作以上にガル・ガドットのカッコ良さと美しさに度肝抜かれ改めてワンダーウーマンが彼女で良かったと感じた本作はアクションよりもストーリーに力を入れている印象でした。

それ故にストーリーは本当に良かった
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.0

家族や友達との関係性や距離感。自分の名前や出身地に対するコンプレックスなど思春期のならではの複雑な感情や悩みにとにかく共感しまくり。

特にさっきまで親と意気投合してたのに進路の話になった途端急に空気
>>続きを読む

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

4.2

まさに若気の至りってやつでしたね。それ以上でも以下でもないような気がする。

犯行動機から計画の立て方そしてそれを実行するまでの全ての過程においてバカ丸出しだし、犯罪映画を見て作戦を立てようとするとこ
>>続きを読む

The Stunt Double(原題)(2020年製作の映画)

3.5

とにかくiPhoneすげーってなる映画でした笑

自分もiPhoneを使っているのですが本当に自分のと同じカメラで撮っているのかと疑いたくなるぐらいこの映画では巧みにiPhoneを駆使して撮影しており
>>続きを読む

STAND BY ME ドラえもん2(2020年製作の映画)

3.7

いやー普通に泣きましたね笑

映画館で予告編を見たときからもう既に目がウルウルしてたのですがいざ見てみると案の定おばぁちゃんのところで思わず泣いちゃいました。

ほんとおばぁちゃんの言葉一つ一つが優し
>>続きを読む

容疑者、ホアキン・フェニックス(2010年製作の映画)

2.0

果たしてこの映画で起きたことのどこまでが本当でどこまでが嘘なのかはよく分からないけどただ一つ確かなことがあるとすればそれはホアキンフェニックスは素でイカれているということだけですかね笑

だってあんな
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

この世の中にあるものの殆どは金で買える。だけどどれだけ頑張ろうとも1番大切なものと時間だけは決して金では買えないものだった。そう思うとなんだか皮肉な話だなとしみじみ思う映画でした。

でもこの映画クリ
>>続きを読む

スポンジ・ボブ スポンジ・オン・ザ・ラン(2020年製作の映画)

3.6

やっぱスポンジボブは安定して面白いね✨

ストーリーは一応子供向けアニメなので多少ツッコミどころはあるし無理矢理な展開もなくはないけど終始イカれて楽しいので全然気にならない。

ゲイリーとスポンジボブ
>>続きを読む

>|