osushiさんの映画レビュー・感想・評価

osushi

osushi

映画(84)
ドラマ(0)

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

5.0

普通に泣けた
映像美

ちっさいユニコーン好きなでっかい男推せる

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.6

「平坦な戦場で僕らが生き延びること」

自分の中で消化しきれなかったけど、
生も死もカタチがないからみんなつらかったのかなと思った
自分が生きてるのか死んでるのかわからないことって怒りとか悲しみ、不安
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.8

映画終わる5分前くらいからものすごく好き、最後のマリオネットも


「政治とは流血を伴わぬ戦争である」

トップガン(1986年製作の映画)

4.8

なにこのアッツい映画、、、
戦闘機、カワサキのバイク、男同士の友情、教官との恋…男のロマンがつまりすぎ
そしてサントラが拍車かけてます


「Up there, we gotta push it.It
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.0

エピソード6から10年以上経って公開されたのファン焦らしすぎですごい

旧三部作が逆にどうした?ってくらいシスとジェダイの討ちあいかっこよくなってたんだけど…ああいうのが見たかったのよ
ロン毛のリーア
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

4.0

皇帝あっさりいくやん。。。

個人的ハイライトは森の中ドンパチはじまるあたりでC3POがR2D2にStay with meっていうところです、かわいい

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

すごい細かいこと言うと山崎賢人はアニメみたいに口動かさないでほしかった

バグズ・ライフ(1998年製作の映画)

3.6

結局テントウムシは女の子なのか…?
虫主人公にしようって考えた人斬新すぎた

最後のNG集がかわいい
花の露がおいしそう

天使にラブ・ソングを2(1993年製作の映画)

4.8

Sister actの歌はほんとに泣ける、感動より幸せの涙

ラスベガスでホンモノのゴスペル聞くまで死ねない

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.5

埼玉県民だからゲラゲラわらったけどこれ埼玉周辺の県民以外がみたらなんのこっちゃわからんと思う

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.6

次のつなぎ感

ジョージルーカスどこ行った?
主人公割とへなちょこだしヒロインがちょっとビッチなのが変化球って感じでクセになるね

ふしぎの国のアリス(1951年製作の映画)

3.6

アリスインワンダーランドみたら本家みたくなって鑑賞

アリスはオープニングが好き
ちっちゃいころビデオでめちゃめちゃみてたなあすごい懐かしかった
アリスが食べてるきのこ食べてみたかったんだよね、きのこ
>>続きを読む

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

3.6

カラスと書き物机はなぜ似てる?

相変わらず見てるほうが置いてきぼりになっちゃう不思議な世界観

自分の人生は自分で決めるって簡単そうで難しい

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

4.0

まんまスターツアーズ

オビワンとダースベイダーの討ちあい結構地味なうえにオビワンあっけない…
フォースってなんか全集中的なことかと思ったけど森羅万象をあまねくもっと壮大なものっぽい

貪欲なハンソロ
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.3

サメ退治の要領が悪くていちいち茶番
でもこれがリアル

子供の頃はこの映画みてサメが怖いと思ってたけど今見たら欲望に抗えない人間の方が愚かで怖いわな

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

5.0

優勝
死ぬほど辛いもの食べた後みたいな爽快感
ストレスが間違いなく消え失せる

途中ヴェルディのレクイエムかかるとこめっちゃ好き

「心が壊れたら残るのは狂気だけだ」
トムハーディかっこよ

かいじゅうたちのいるところ(2009年製作の映画)

3.5

子ども絵本の映画化だけど難しかった
人と人ってむずかしいよね

最後キャロルが顔くっしゃくしゃにして泣くとこ思わずウルっとした

アクアマン(2018年製作の映画)

5.0

世界観、超がつく最高
ジェイソンモモアがとにかくいい
トライデント奪い取ってアクアマンとして水の中から現れるときかっこよすぎて鳥肌たった

言うことなし素晴らしい

天気の子(2019年製作の映画)

3.8

なんてったって絵がきれい

なんか心が洗われて涙が出た
2019夏の映画といえば!

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

なんか挿入歌と映画のシーンがもう2000パーでがっちゃんこになると気持ちがうわぁぁぁぁぁぁってなってなにかが溢れ出しそうになるんです
自分でも何言ってるのかあんまりわかんない

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.0

こういうスターの伝記系映画ってだいたい売れるまでと売れてからの没落していくまでで終わりがちだけどこの映画は斬新だった

最後電灯の下で4人で歌うシーンよかったなあ

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

5.0

なんかわかんないけど聖歌ですごい泣けた

全部が最高すぎ
元気になれるっていうかパワーって感じ

黒人のdivaになりたいし、もはやウーピーゴールドバーグになりたい

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

4.5

「完璧な人間は感情に溺れないの」

歌が全部いいし、映像技術が発達してなくて鳥とか思いっきり人形なのがまたいい

イギリス行きたい

アラジン(2019年製作の映画)

4.8

アラジンって物語がはじまるー!って感じのはじまりかたするの好き

トラ飼いたい

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.8

最後にみた日を思い出せないくらい久しぶりに金曜ロードショーをみた

ジブリ作品をみると子どもの頃に体験したことを思い出したみたいな、不思議な感覚になる

ジブリの主人公が流す涙がきれいで好き

サバハ(2019年製作の映画)

3.6

複雑でおもしろかったけどパンチがなかったな〜

ソラニン(2010年製作の映画)

3.5

たとえばゆるい幸せがだらっと続いたとする

みたあとに強烈な何かが残ったりはしなくてどんな話だったっけってなるけどみるたびにいい気持ちになれる

エモーショナルとはこのこと

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年製作の映画)

5.0

ワードローブの奥に魔法の国って夢がありすぎる

14年ぶりにみたけどあの頃も今みてもワクワクできるから素敵
大好きなシリーズ
ターキッシュデライト食べたい

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.8

ルビーがいつもカラフルでかわいい

どういう終わり方するのかなあって考えながら見てたけどちょっと意外で
でもいい終わり方だった


春の終わり、5月の終わり頃に見たい映画

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.6

破滅の愛

蒼井優と阿部サダヲの演技力
2時間濃かったっていうレビューに共感
タイトルの意味が解けなさすぎる

>|