ダイガさんの映画レビュー・感想・評価

ダイガ

ダイガ

映画(482)
ドラマ(6)

イル・ポスティーノ(1994年製作の映画)

4.1

ずっと観たかった作品。
たとえマッシモ・トロイージの逸話がなくとも、素晴らしい映画であることは間違いないと思います。
美しいイタリアの島で、詩人との交流って羨ましいな。
人は思っている以上に人から影響
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

3.4

先にリメイクを観てしまった私。やっとオリジナルを観れました!
きっとオリジナルを先に観てたら、オリジナルの方が好きだったんだろうなあ。
リメイクの方が好きなんですが、やはりあの色彩三原色を使った照明の
>>続きを読む

ヒルズ・ハブ・アイズ2(2007年製作の映画)

2.9

前作の方が好き。
軍の人達弱すぎでは?厳しい訓練を受けてるんじゃないの?それとも敵が強すぎるのか?
前作の眼鏡優男パパの覚醒シーンみたいなのが欲しかったな。
監督もアジャさんじゃなかったのね。

8 1/2(1963年製作の映画)

4.0

若かりし頃に観た時は何が何だかさっぱり分からなかったけど、今回改めて観て、ほんの少しは理解できたかな?
この映画はメタ映画。
主人公のグイドはフェリーニ説が有名ですよね。
とにかく映画監督であるグイド
>>続きを読む

フランケンシュタインの花嫁(1935年製作の映画)

3.6

フランケンシュタインの続編。
まさかの花嫁誕生とは!
花嫁さんのシーンもっと観たかったな。
花嫁さんのビジュアルがめちゃくちゃ好き。
お爺さんととのシーンが好き。盲目のお爺さんと一緒に過ごすことによっ
>>続きを読む

モーテル(2007年製作の映画)

2.9

可もなく不可もなく、かな?
無名の俳優さんたちでもよかったのでは?

水の中のナイフ(1962年製作の映画)

3.7

「水の中のナイフ」なんてカッコいいタイトルなんだろう。
登場人物は3人、舞台はほぼヨットの上。
こんなミニマムな状態でも面白い映画が作れるんですね。
脚本にイエジー・スコリモフスキ監督が参加してるじゃ
>>続きを読む

-less [レス](2003年製作の映画)

3.4

随分前に観た作品なので細かい部分までは覚えてませんが、低予算でも面白い映画は作れるんだなー、と思った記憶があります。期待を上げすぎなければ、意外と掘り出し物かも。
物語はループもので、舞台はほぼ車の中
>>続きを読む

ブロードウェイと銃弾(1994年製作の映画)

3.8

お気に入りの作品です。
みんな癖のある人たちばかりで、キャラが立ってる。そんな個性的な人たちに振り回されるジョン・キューザックはハマり役だと思います。
ジェニファー・ティリーの甲高い声は一度聞いたら忘
>>続きを読む

ドリームキャッチャー(2003年製作の映画)

3.5

この映画は原作を読んでないとイマイチ面白くないというか、よく分からない箇所が多々あるかもしれません😅原作は長いんですが映画では結構カットされている部分があるので、映画だとあまり意味が分からず、唐突に感>>続きを読む

ヒルズ・ハブ・アイズ(2006年製作の映画)

3.1

アジャ監督の作品だから、ハードルを上げすぎたかな?
思ってたほど怖くもなく、グロくもなく、緊張感もなかったなー。
私はハイテンションの方が好き。
でもメガネパパが覚醒してからの展開は良かった。
ルビー
>>続きを読む

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

3.9

私もクレオと同じ様な経験をしたからクレオの気持ちは分かる。あんなにお洒落な2時間は過ごしてないけどさ😑
そして私もクレオみたいになりたい。
「もう怖くないようよ」
「わたし何だか幸福みたい」
ちょこち
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.6

胸糞映画として有名だけど、宗教おばさんとか人間が怖かった。
どう行動に出るのか、はたまた行動しないのか、いろんなタイプの人がいるよね。
モンスターが出てくることも知らなかったので、そちらにもびっくりし
>>続きを読む

めぐりあう時間たち(2002年製作の映画)

3.7

時代も立場も全くちかまう3人の女性の物語。
何だか物悲しいなあ。
端から見れば皆幸せそうに見えるんだけど(ヴァージニアはちょっと例外かな?)心の中までは誰も覗く事が出来ない。
3人ともが心の奥底に悲し
>>続きを読む

ブルーベルベット(1986年製作の映画)

3.6

リンチ監督作品なので、めちゃくちゃ難しいのかな?と思いきや、ストーリーは決して難しくなかった。
とにかくデニス・ホッパーの変態演技が強烈過ぎて、見終わった後、ほとんど彼の印象しか残ってないという有様😅
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

4.0

「僕は人間なんだ」
先天性の病のせいで醜い顔に産まれ、見世物小屋で働いていた主人公メリック。
誇りを持って見世物小屋での仕事をこなしていた人達も沢山いたそうだが、繊細で感受性の強いメリックにとっては辛
>>続きを読む

欲望(1966年製作の映画)

3.9

初アントニオーニ作品でしたが、まるで狐に摘ままれた様な映画でした。
不条理劇として有名ですが、監督がお金を使いすぎて強制的に帰国させられ、撮影されてないシーンもあるとか・・・。でもそのせいで?おかげで
>>続きを読む

ザ・トライブ(2014年製作の映画)

3.8

「この映画の言語は手話である。字幕や吹替えは存在しない」
と、オープニングにテロップで表示されるこの作品。
最後まで観れるか不安でしたが、全然大丈夫でした。
ウクライナの手話が分からない私はきっとスト
>>続きを読む

地獄愛(2014年製作の映画)

3.0

実在した連続殺人鬼カップルを描いた作品。
変態村の監督さんです。
突然のミュージカル風演出からのゴキゴキは良かった、モザイクさえ無ければ。
主人公二人に愛し合っている様子は感じられなかったなあ。グロリ
>>続きを読む

変態村(2004年製作の映画)

3.0

変態というより、主人公以外みんな狂ってる。
原題が「ゴルゴダの丘」なので、キリスト教に詳しくないとこの作品が本当に伝えたいことは分からないんだろうな。
私はキリスト教に明るくないので、一体何を見せられ
>>続きを読む

Begotten(1990年製作の映画)

3.5

どうやらキリスト教に関するお話みたいですね。
キリスト教に明るくないので、意味はよく分からなかった。
映像も粗いので、何をしてるのか分からないシーンもあったけど、なかなかにグロい。白黒なのが不気味さを
>>続きを読む

アンダルシアの犬(1928年製作の映画)

3.5

いきなり目玉が切られるシーンがきてびっくり‼️思わず叫んじゃった。
こんなにも昔に、こんなにも実験的な映画が撮影されていたことに驚いた。
不思議な作品だった。
おっぱい&お尻のシーンと、手首のシーンが
>>続きを読む

裸のランチ(1991年製作の映画)

3.9

10数年ぶりに観賞。
昔観た時は訳が分からなかったけど、改めて観てみてようやくストーリーが分かった気がする。多分...。
タイプライター達は素晴らしい造形!ちょっと触ってみたい💕CGでは表現出来ない生
>>続きを読む

コリアタウン殺人事件(2020年製作の映画)

3.5

正直最初の方はつまらなかったです。主人公よ、ビデオなんか回してないで失業中なんだから頑張って仕事探しなよ、とか思ってしまった。
でも主人公がオカルトちっくな事を言い出し狂気に陥ってからはなかなかゾクッ
>>続きを読む

ミザリー(1990年製作の映画)

3.9

人間が一番怖い系の作品。
私なんかが語るまでもない、言わずと知れた名作。
とにかく狂気じみたキャシー・ベイツの演技が強烈だった!ジェームズ・カーンも最後までよく頑張った!
そういえば、ローレン・バコー
>>続きを読む

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

4.0

子供の頃からよくテレビで観た作品。
正直子供の自分には難しい部分がいろいろあったので、また改めてゆっくり観てみたいです。
蟲と巨神兵が怖かったわ。
確か原作とは異なる部分がけっこうあるんですよね?原作
>>続きを読む

黙秘(1995年製作の映画)

3.8

母と娘の愛の物語。
とても見応えがあり、出演者たちの演技も素晴らしかった。

「事故は不幸な女の良い友達よ」

凄い台詞だなあ。

エド・ウッド(1994年製作の映画)

3.6

エド・ウッドの映画に対する愛はとってもとっても伝わってきた!
でも作品ショボすぎ😂お遊戯会か😆
彼が最高傑作と信じて疑わなかった「プラン・9・フロム・アウタースペース」は観てみたいわー!
史上最低の映
>>続きを読む

ありふれた事件(1992年製作の映画)

4.0

ずっと観たかった作品。
殺人鬼に密着してドキュメンタリー映画を創っているという体のモキュメンタリー映画です。
最初はめちゃめちゃ胸糞悪い作品だなー!と思いながら観てたんですが、途中ふと気付くとこの胸糞
>>続きを読む

夜と霧(1955年製作の映画)

-

アウシュヴィッツ強制収容所のドキュメンタリー。
教材にしてもいいと思う。
当時の映像や写真が生々しい。

>|