山好き春のパン祭りさんの映画レビュー・感想・評価

山好き春のパン祭り

山好き春のパン祭り

映画(64)
ドラマ(4)

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

ど根性ガエルのヴェノ吉
色んな描写すっ飛ばしてる感や本の弱さや原作設定ガン無視とかはあるけど、MCU方面もX-menも最近しんどくて重過ぎる展開の辛さがあってマーベル疲れしてたとこに、久しぶりに軽やか
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

脚本やら時系列やらで色々言いたい事が沸いてくるのに、それを平伏せるライブと演技、最高……しか言えなくなった

ざくろの色(1971年製作の映画)

4.5

juno reactor好きなら何度も目にしてるこの映像
アルメニアの風景に詩人の生涯、女王との心の距離など解説読みながらPCでみたことはあったけど、今回初めてスクリーンで観た…
ユジク阿佐ヶ谷さんあ
>>続きを読む

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.8

ザ・ヒート、ユージュアルサスペクト
展開自体は読める内容なんだけど、とにかくよかった
ジェラルド・バトラーがララランドとベイビードライバーをやってみましたみたいな絵だなあと感じながら
地に足がついた本
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

後悔と絶望と希望と未来の話
2001年宇宙の旅で空洞になってたとこを理詰めで埋めてくれる
SFとカテゴライズするだけだと勿体ないくらいの葛藤や裏切りや愛が描かれてるので、何か1つでもひっかかるキーワー
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

40歳越えて大学生役やるとかなんなんだと思って観たら本当にハタチそこそこの葛藤や目の輝きをみせる役者陣の演技力の凄さ、インドの絶景すぎるロケーション、そこに泣かせる要素ぜんぶぶっこんでカレーかけて脚本>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

4.8

ここまで宗教に斬り込んだ映画がインドで創られたってだけで凄いのに、展開のテンポの良さや練られた伏線とか色々最高すぎた

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

シリーズ通して観てない人には不親切設計なようにみえて、いやらしくない形で説明台詞が入ってるから初見さんにもすすめやすいかも
前作の量子の世界を表すサイケデリック感がストレンジ先生以上のぐにゃんとしたら
>>続きを読む

サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ(2012年製作の映画)

4.1

映画好きっていうより映像好き敵にたまんない

個人的にノーランとボイルの意見がフィルム/デジタルとして1番すっと入ってきた

まさかのグレタがこの時点でいたことに後から気づいた、すごい

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.6

トム・クルーズが休む気がなさそうなのがよくわかったのと、IMAXでみた時の画角の広がりや大自然・高層ビルなどでのアクションが最高に映える、時間の長さを感じない

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

ありがとうソダーバーグ
話自体は途中から先が読めたりする鑑賞者にやさしい大味設計なのに、伏線回収したり手口丁寧に説明したりとかディテールがよくて飽きないし、何よりキャラクター一人一人の作り込みが最高す
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.0

イニャリトゥ監督の作品は肌に合うけど、時間が長くて座ってらんなそうっていう理由で映画館スルーしてました…
話の筋はシンプルで映像の力と多元なカメラワークに少ない色彩で怒りと叙情性が詰め込まれて評価の高
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

アメリカンフロンティア三部作の一つと教えて頂きました。
最後の追跡
ボーダーライン
ウィンドリバー

北米の地方都市が持つ閉塞感と、ネイティブアメリカンの現状や経済的な問題、事実を元にしているという痛
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

4.0

やっと観た、いろんなカットに高慢と偏見オマージュ100点の構図があって、ゾンビ映画としてはヌルいけど全体を通してすっごい楽しかった
あの世界観に力技でゾンビいれても割とどうにかなるんだな…

DRAGON ドラゴン(2015年製作の映画)

4.1

映像美の素晴らしさもだけど、最近のD系映画で薄れてきた童話!!!感、こういうの最近なかったからシンプルなストーリーが最高に心地よい
貴族の娘と人外の王道ストーリー
ラブストーリーでファンタジーっていい
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

4.0

絶対に好き嫌いがわかれるけど、グレンラガンにキルラキル大好きでDC原作と駒鳥好きならハマるかも
ヴィラン大名なんていう単語をきくのはあとにも先にもニンジャバットマンだけだと思うし、ツッコみたいとこは画
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

山火事の恐怖と消防隊の仕事内容が事実とともに適度なエンターテイメント性と映像の作り方の上手さと各個人の掘り下げに珠玉の演技力で仕上がった作品

見終わったら泣く、事実とはいえ、知ってたとはいえ、こんだ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

レッカペ&試写会にて

前作は視聴後感が「サブカル齧り気味カップルに嬉しいデートムービー」っていう感じで気楽に観れた。
それがよかったのか興行収入叩き出して!
版権部が頑張って!
今回やっと本気出せま
>>続きを読む

プルートで朝食を(2005年製作の映画)

4.0

テーマが本当に重いし、散々酷い目にあうのにめげなくて力強くて美しい

The Party(原題)(2017年製作の映画)

3.7

キリアン・マーフィーの過剰スニッフィングとテンパり演技

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」(2017年製作の映画)

3.9

英語理解できて英語圏の風習を知ってたらもっと楽しめたはず…
それでも言葉の応酬が最高にグループ感がよくて楽しかった…

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.6

ハートフルな触れ合いが…じゃなくてマシュボン的ブリットアクションムービー
そこに最先端のVFX技術で最高な質感のモフモフを添えたアニマルギャングスタムービーでイヤミが効いた爽快感のある〆だなあと感心し
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.7

テーマの重さや密度に対して、画面展開や法律用語マシンガントークのテンポが良くて鑑賞後疲れみたいなのはなかった
親子関係って大事

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

原作買ってまたおかわりしにいきました
諦めるよりも諦めさせる方が辛い

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

MX4Dで観てよかった…
版権部がどんだけ頑張ったのか想像もつかない程に片っ端から80年代以降のポップカルチャーをぶっこんできて…ありがとうございました

D社系20世紀fox系とジャック・ニコルソン
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.1

話自体はツッコミどころ満載だし、CGもゲーム画面みたいだし、これいるか?なとこもありつつだったのに見終わったら最高に楽しかった…ってなるんだよ
色々厳しいこといいたいけどおもしろかったからまた観たいし
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.6

いろいろ素晴らしかったけど、引っかかるとこもいろいろ

キルモンガーくん、全然悪くなくない?


原作だとワカンダ生まれで追放されて戻ってクーデター起こして死んでるけど
なんか生き返ってるからMCUで
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

4.0

現代の倫理観に照らし合わせてはいけないプリミティブな鉄槌と、それに翻弄されて狂っていくさまが一定のテンポで収束してくような感じ
演出がいろいろ効果的
それにしてもバリー・コーガン、良い役者

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

色々ダークなエピソードのある実在人物のことを、あらゆる捻じ曲げ方をしてプロットが揺らいでるような本で…って見方をしたいのに、話自体は色々酷くないかそれ!?回収できてないよね!?だったのに
映画として最
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.8

文化の違いでピエロに親しみがないから最初からピエロ怖いし、ビル・スカルスガルドの怪演と音のビックリさせっぷりでだいぶ怯えた
子役達の演技力のレベルが高すぎるのと、各役のキャラが十分に掘り下げられている
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

身近にいるバレエダンサーがこんな感じの品行方正とはかけ離れたアグレッシブに生きる人たちだからなんかわかるわかるwってなりながら観てた

ケタ違いの天才のドキュメンタリー
コールドや群舞を背負ったときの
>>続きを読む

MIND GAME マインド・ゲーム(2004年製作の映画)

4.6

原作ありきの原作超え、あの漫画をこう映像化できるならウルトラヘヴンもできるんじゃないかしら…

サーミの血(2016年製作の映画)

3.7

福祉国家や幸福度の高い国として良いイメージを押してる北欧にも虐げた歴史があるってのは中学生の世界史で習ったけど、具体的にみえてなかったのがやっとわかってきた気がした

出てくる男性が子役含めて全員バイ
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.3

ダンケルクとセットでどうぞって言われたけと、別物すぎてセットじゃないわ、比較もしたくないジャンル違いでどっちも好き

読み解くっていう映画の見方したらこちらのが好き

>|