そんじんさんの映画レビュー・感想・評価

そんじん

そんじん

映画(156)
ドラマ(0)

いま、輝くときに(2013年製作の映画)

3.6

500日のサマーっぽい。
まあ、脚本家いっしょだし当たり前なんだけど。
可もなく不可もない。
現実に、こんな女の子いたら絶対好きになるだろうな、と思いながら観てた。

127時間(2010年製作の映画)

3.7

普通に良い。
演出が上手い。最後まで飽きなかった。
記憶には残らなそう。

第9地区(2009年製作の映画)

4.0

南アフリカということで、差別問題について描かれている映画であると推測してしまうのは避けられないんだけど、差別する側とされる側の視点の切り替えが上手い。
ガジェット好きにもたまらない映画。
常に利己的に
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

かっこよすぎ…
前半、仲間を集めるシーンで、ヒーローそれぞれの特徴に合わせて音楽等の雰囲気が変えられていて、あまり事前情報を知らない僕でも、それぞれの特徴を上手く掴むことができてよかった。
ただ、死を
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃバカで良い。
笑えるし、シリアスな場面も楽しめる。
場面展開の仕方が最高にうまい。
個人的な意見だけど、キングスマン好きの人は、ハマると思う。
1つ残念なのは、オチが弱い。ほとんどオチがよ
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

全員自分勝手でワロタ。
映像は綺麗だし、演技も良いんだけど、脚本がなぁ…
まあ、漫画を映画化した作品らしいし、脚本に関してはしょうがないのかな…

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

3.5

映像が綺麗。
前半、手ブレが酷くて、これは観るのが苦痛だな…、とか思ってたけど、最後まで普通に観れた。
基本カメラに大きな動きはなく、俳優の演技に任せるという感じなんだけど、俳優の演技力が微妙で、いま
>>続きを読む

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

4.0

登場人物の表情がよくわかるカメラワークが最高だし、日常における些細な変化で、登場人物の心情の変化を感じさせるのが上手い。
監督の思う映画についての思想がよくわかるし、最高。
ただ、題名から予想して、現
>>続きを読む

残像(2016年製作の映画)

4.0

すべての画が、芸術的で美しい…。
この作品で描かれているのは、一人の画家の偉大さではなく、一人の画家の死である。
この画家は、革命というものに対して希望ではなく、過去の経験による冷徹な視点を持っている
>>続きを読む

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.7

ダニエルグレイグが、めちゃくちゃカッコ良い。
ストーリーも、先の展開が読めず、面白かったけど、もう少しスマートにストーリーを展開して欲しかった。頭悪いな、と思ってしまう場面や、流石に無理があるだろ…、
>>続きを読む

007/ロシアより愛をこめて(1963年製作の映画)

3.5

この当時は、ド派手なアクションが当たり前だったみたいで、それを鑑みると確かに名作なのかも。
個人的には、脚本があまりに単調すぎるように思えた。
007好きには、たまらない一作だと思う。

崖っぷちの男(2011年製作の映画)

3.5

現実ではありえないし、オチも読めるけど、結構楽しんで観れた。
緊迫感を生み出すのが上手い。

ブラックブック(2006年製作の映画)

4.0

バーホーベン独特の人間の複雑さが上手く表現されていて良い。
被害者であったはずの人々が、加害者になったり、状況によって簡単に変わる人間が上手く表現されていて良い。
最後の余韻の残し方もアイロニカルで最
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.8

他の人の意見を観て、ようやく少し理解できてきたけど、まだ理解出来ない部分が存在する。
完璧に理解できたら、面白いと思う。

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.8

唐突なベッドシーンの意味わからなさが最高。
こういった意味のわからなさを楽しむのが、007シリーズの楽しみ方なのかもしれない。

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

3.8

007という映画を再定義しようとしている感じが良かった。
この映画には、ミッションインポッシブルなど他のスパイ映画には無い良さがある。
スタイリッシュ。

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.5

カメラワーク良いし、自然的で好きなんだけど、オチが甘い。
結局何を描きたかったのかわからない。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

人種差別という暗くなりがちな話題を上手くエンタメに昇華し、万人に受けるようにする技術がすごい。子供でも楽しんで観れるし、観せるべき。
繰り返し出てくる場所で、絶妙に変化をつけ、状況が少しずつ変わってい
>>続きを読む

エリザのために(2016年製作の映画)

3.5

脳みそが足りず、所々理解できなかったけど、ルーマニアの状況がよく描かれていた。

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.5

天才的。
俳優陣の演技がやばい。直接的なセリフが無くても、俳優の表情で感情が伝わってくる。めちゃくちゃ自然的で良い。
ただの父と娘の感動話だけでなく、社会問題も間接的に描かれていてよかった。
ラストシ
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

5.0

リアリズムを徹底して、貧困問題を扱っている。
感情移入してしまい、役所の機械的な対応にはかなり怒りを覚えてしまった…。
どこまでも絶望しかなく、希望など存在しない状況に生きてるけど、そんな状況でも、隣
>>続きを読む

彼女が消えた浜辺(2009年製作の映画)

4.5

ちょっとした嘘や、ちょっとした言葉で、どんどん人間関係が崩れていく様を見ることができて面白い。
感情の乱れに伴って、乱れていくカメラワークも面白かった。
ラストシーンの余韻の含ませ方が最高すぎる。この
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

4.5

サスペンスとしても面白いし、社会問題が背景に存在していると考えて観ても面白い。

別離(2011年製作の映画)

4.5

サスペンス仕立てで、イラン社会における介護や宗教など様々な問題を扱った映画。
観客も何が起こっているのかわからないので、最後まで飽きずに観ることができた。
劇中でほとんど音楽が使われず、エンディングで
>>続きを読む

灼熱の魂(2010年製作の映画)

4.5

憎しみの連鎖を愛で断ち切る。
かなり作り込まれていて、2時間息をつく暇もない。
静謐な雰囲気を作り出すのが上手い。
傑作でした。

ある過去の行方(2013年製作の映画)

3.7

人間関係の複雑さにうんざりする。
音楽は全く流れないけど、SEの使い方が上手い。
ラストは少し安易な終わり方な気がした。

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

4.2

スパイダーマンシリーズをもう一度観ようと思い、久しぶりに観たけどめちゃくちゃ面白い。
監督の思うヒーロー像が明確に現れているし、監督のヒーローに対する愛や憧憬が伝わってくる。
アクションシーンは少し物
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

4.0

めちゃ良い。
ピーターの感情と、摩天楼を飛び交うシーンの爽快感が比例していて、ドキドキハラハラしながら観ることができた。3Dで観たらやばそう。
序盤、恋愛シーンが多すぎてうんざりしながら観てたが、最後
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.6

以前までのスパイダーマンシリーズとは全く違う。よりポップにした感じ。
もっと挑戦的な映画を撮って欲しかった。
ただ、街中を飛び回るシーンは凄かったし、かなり凝って作られていた。
総体的に言うと、可もな
>>続きを読む