そんじんさんの映画レビュー・感想・評価

そんじん

そんじん

映画(208)
ドラマ(0)

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.7

アホなB級映画かと思ってたけどめちゃくちゃ考えさせられた。
インターネット世界における距離感とか男性の女性に対する態度とかアルコール問題とか色々詰め込まれていて面白かったけど、どれも中途半端な感じがし
>>続きを読む

三十四丁目の奇蹟/34丁目の奇蹟(1947年製作の映画)

4.0

最高。
皆んながハッピーになれる映画。
空想力のある人生。
登場人物全員に、魅力があってめちゃくちゃ良い。
場面転換とかまさに昔の映画って感じだけど見ていて全然苦痛ではなかった。

ザ・シューター/極大射程(2007年製作の映画)

3.6

頭悪すぎて最高。
ツッコミどころ満載だし、意味わからないけど、ここまでアホを貫いていると、むしろ楽しくなる。
エンタメ映画。

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.6

めちゃくちゃ笑った。
途中、ダラダラしていて眠くなったけど面白かった。
二人とも適役すぎる。
本当に二人の会話しかなかったけど、それでも魅せることができていて、俳優陣の実力を感じた。

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.6

なんか味気ないな…。
綺麗すぎるなと思った。
この話が事実なの、想像できない。
苦しい局面に陥ったときこそ、人間の真価が問われる。

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.0

凄い優しさを感じる映画。
僕が、あまり、のりきれないタイプの映画だけど、ここまで楽しめたのは俳優陣のおかげ。脇役も含めて全員良い。
細部に散りばめられているこだわりも好き。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.6

女の子やばい。才能をまじまじと見せつけられてしまった感。
ストーリーとしては良い話すぎて微妙な感じ。自分がひねくれてるだけだと思うけど。
みんな楽しめる映画だと思う。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.5

最高。
前作の良さを活かしつつ、また違った良さもあって、二作目としては最高の出来だと思う。
デルトロの銃の連射だけでも見る価値がある。あれだけでも見る価値ある。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

思ってたより静かだったけど最高の映画だった。
特にエンディングが好き。
登場人物それぞれに重みがあって、映画の魅力がより高まってる。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

色々なものがごっちゃになってるけど、綺麗にまとまってる。
ただ何か物足りなさを感じてしまった。
俳優陣の魅力が凄い。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.8

さすがドゥニヴィルヌーヴ監督という感じ。想像よりはるか深くまで感情がえぐられる。
曲もめちゃくちゃ不穏な空気を感じさせてきて良い。
ただ一番良かったのはデルトロだったな。
演技力がやばい。本当にハマり
>>続きを読む

ブルーイグアナ 500万ポンドの獲物(2018年製作の映画)

3.7

サムロックウェル大好きなので最高。
アホで笑えるし女の子も可愛い。
想像より面白かった。

いまを生きる(1989年製作の映画)

4.7

めちゃくちゃ良いやん…。
学生特有の親に対する鬱屈した気分とか無力感がめちゃくちゃ上手く表現されてる。俳優陣の演技が最高だし、俳優陣の演技力に頼り切らないカメラワークも最高。
親も子供のことを思ってい
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.6

いい話すぎて微妙に感じた。
感情の起伏が激しすぎる気がした。急に迷子の話してくるし。
事実に基づいて描かれているというのは結構衝撃。
ルーニーマーラが可愛い。

グッドモーニング、ベトナム(1987年製作の映画)

3.7

アメリカっぽい映画。
いい話だけど、結構くどかったりする。
ベトナム戦争においては割とアメリカを批判的に見てしまっているので、所々ムカついたりした。普通は全く気にならないと思うけど。
ベトナム人の女の
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ良かった。
愛の重要さがよく描かれていた。
紛争が描かれてたりするけど、シリアスになりすぎず、軽さやユーモアが含まれてるのが観てて気持ちいい。映画の主題によく合ってる。
どんな年齢でも誰だ
>>続きを読む

フレンチ・コネクション(1971年製作の映画)

3.7

終盤にかけての緊張感が良かっただけに、中盤の弛緩した雰囲気が残念だな。
普通に面白かったです。

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.6

微妙だったな。
結局、悪なのか正義なのかはっきりしないし、登場人物の心理描写も中途半端な気がするし自分がマーベル映画に求めているものが無かった。
気軽にフラッと観るには良いかも。
自分はめちゃくちゃ期
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.7

グサヴィエドランは最高。
映像が綺麗でめちゃくちゃ好き。
登場人物の微細な心の動きを描き出すのが上手い。
全員自分勝手でどうしようもないところが好き。人間ってのは複雑な生き物ですね、という感じ。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

めちゃくちゃ面白い。
カメラワークの展開の早さが、彼女の聡明さを上手く表現していて最高。
観ている側も最後までどうなるか予想がつかなかったし、ドキドキしながら見れた。
冷徹で目的のためなら手段をとわな
>>続きを読む

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.7

普通に良いけど、なんか物足りなかったな。もっと現在の心理描写に重きを置いて欲しかったな。
まあ好みの問題ですね。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.6

設定が好きじゃない。
アクションシーンもそんなに魅力を感じなかった。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.5

前作の良さを踏襲した上で、また違った雰囲気があって最高。
007はバカなアホって感じだけど、キングスマンは聡明なアホという感じで良い。
アクションシーンもキングスマンならではの格好良さやカメラワークで
>>続きを読む

007/ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999年製作の映画)

3.8

最高にアホくさくて良い。
ヘリコプターのシーンとか爆笑した。
犯人の動機もアホだし良い。
作っている人たちは真面目にカッコいいと思って作ってるからこそ、良さが出てくる。
ボンドガールも魅力的だし最高。

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.6

むずい。初見では訳わからない。
3回ぐらい観てようやく理解できる感じ。
自分の中で、まだ辻褄のあってない部分とかあるけど、他の人の意見を見て、だんだん理解できてきた。
考えずに映画観る人は楽しめない作
>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

3.5

独特なシュールさが最高だったな。
ただ、なんかインパクトが足りない。もっと、人物の心情にフォーカスしてたら、面白くなってたのかも。中途半端に感情が描かれていて白けた。
もっと振り切って、撮って欲しかっ
>>続きを読む

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.5

まあこうなるよなという感じ。
ジムキャリーの演技が最高。普通の俳優にはできないな。

007/ゴールデンアイ(1995年製作の映画)

3.5

アホすぎるし、めちゃくちゃ豪快だけどカッコいいので全てOKという感じ。
めちゃくちゃ最高。

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ良い。
この映画は、極端な行動を真に受けずに、コメディとして受けとることができるかどうかで大きく評価が分かれると思う。
前半はめちゃくちゃ笑ったし、後半は登場人物のどうしようもなさに共感で
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.7

二人がどこで出会ってどれほど仲が良いのかとか、登場人物について深く掘り下げることはなく淡々と物語が進んでいくのが良い。
こういう映画って偉そうに意見を押し付けてくるのがうざいけど、この映画は様々な考え
>>続きを読む

>|