38さんの映画レビュー・感想・評価

38

38

映画(125)
ドラマ(0)

団地(2015年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

団地を舞台とした日常がゆっくりと描かれている。と思いきや終盤からSFコメディが始まりとても困惑した。
ベテラン中のベテラン揃いなのだから、もっとキャストを全面的に活かしたらこのような展開にはならなかっ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

地上波、Amazonと2度視聴。
安藤サクラの「捨てたんじゃない誰かが捨てたのを拾ったんです」という台詞が印象深い。
私はあの家族が血縁ではないものの、犯罪だけの繋がりだけでは無くきっと愛があったと思
>>続きを読む

ホームレスが中学生(2008年製作の映画)

2.3

良くも悪くも全てが安っぽい。パロってるのはタイトルだけで内容は別物。ホームレスの方が学校に来た理由をもう少し深掘りして欲しかったのが内心、当たり障りない話で意外にも3人組メインの青春映画。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.8

「不憫」と言う言葉が似合う2人組の話。友情×コメディ×愛情の3コンボ!とっても見応えがあって面白かった。偏見でモノを見ない人が勝つ、と言ったメッセージ性を感じた。

(私はグロ耐性が無い為、そういった
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.3

可愛らしいキャラクターのアニメですが、子供向けに作られたものではないと思う。

なんせ内容がアルコール中毒、麻薬中毒、犯罪者、精神障害、性的虐待など親の重い事情を抱えた孤児院にいる子供達のストーリーで
>>続きを読む

ブラック・ハッカー(2014年製作の映画)

2.9

色々凝りすぎて置いてかれてしまい、ネタバレサイトを見ないと理解が出来なかった。沢山工夫がされているので分かれば面白い。パソコン画面を常に使用した新しい演出方法で感心した。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.8

見終わった後は何だこの映画!と心の底から思ったが、時間が経つにつれ虜になってしまった。見たのは5ヶ月程前だが未だにぼーっとミッドサマーの事を考えよく懐古してしまう。ジャンルはスリラー?グロや宗教、恋愛>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.2

一作目がとても気に入り、続けて視聴。こちらも劣らず面白かった。SF要素が強かった気がする。こちらも結末はスッキリ。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.3

このジャケット?ポスター?を見て食わず嫌いをしていたが、本気で面白く見入ってしまった。ギャルちゃん可愛い、犯人も予想外で驚いた。ホラーよりかはヒューマンかな。

お!バカんす家族(2015年製作の映画)

4.6

思春期真っ盛りな自分にはどハマり!超おバカ映画だがそれぞれのキャラが憎めないタイプで好感。想像以上にストーリーが展開され、面白かった。

グリンチ(2018年製作の映画)

3.3

街のクリスマス!な様子がとても綺麗で、思わずサンタさんを心待ちにしていた昔に戻りたくなる。典型的な「マワリミンナイイヒト」捻くれていなかったら単縦に楽しめる。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

アマプラに登録して1番に見た映画。松岡茉優のオタク演技がぶっ飛んでて良い。拗らせに拗らせてるが妙に共感してしまう部分もある。幸せになって欲しいな〜と後味良い終わりで良かった!

ドロップ(2008年製作の映画)

4.3

ヤンキー物の中では珍しく人間関係がしっかりしている。喧嘩シーンは言い過ぎかもしれないがクローズ並みに良く、ストーリーも分かりやすくラストはしっかりと感動。特に家族愛と友情が最高!

ウォレスとグルミット/チーズ・ホリデー(1989年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最後に見たのは何年も前だが、

ロケットの型を考えている時の鉛筆の音
ロケットにペンキを塗るシーン
発射する時に下にいるネズミ
クラッカーを忘れて焦るウォレスの表情
「チィーズが無いぞ!グルミット!」
>>続きを読む

ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!(1993年製作の映画)

4.3

グルミットが家出をするシーンの切なく悲しそうな表情が何だか愛らしい。小さい頃はペンギンの歩き方や顔が恐怖でしかなかった。30分も無いので是非見るべき!

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(2005年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

昔の作品に比べ映像がとても綺麗で見やすくなっていた。ウサギの鼻や表情が憎たらしいが吸われていく時が可哀想で可愛い笑!

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

3.6

ふかっちゃんが思わず応援したくなるキャラでとても可愛い^_^ 全体的にまったりしていて小ネタが多い印象。

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

後半のCGや音のデカさで少し冷めてしまったが、黄泉の国の世界観はとても素敵。安藤サクラさんが良いキャラをしており、当時は名前を存じ上げなかったので即Googleで調べました。

グッモーエビアン!(2012年製作の映画)

3.3

良い意味でも悪い意味でも邦画らしい邦画。コメディ要素もあり見やすかった。三吉彩花が本当に美しい……。出てくる度に見惚れてしまう…!

犬猿(2017年製作の映画)

4.3

全キャストの演技が自然でつい感情移入してしまう、そんな中やはり新井浩文は別格。2組の兄弟が対比されて描かれており兄弟がいない自分でもつい共感してしまった。展開が読めず、面白かった。

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.2

映画館と近所でやっていた、公園で夏の夜にレジャーシートをひいて映画を見るイベントで計2回見た。3が1番面白かった。若干トラウマになるシーンもあるが、見た後はオモチャ含め人に優しくなれる作品。

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

2.8

前作が最高傑作なだけに期待し過ぎてしまい少し不満。トイストーリーシリーズでは無く1つの映画として見れば面白かったかもしれない。この映画作る必要あったかな?新キャラ、ギャビーギャビーは中々個性が強くて良>>続きを読む

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

2.6

当時友人と映画館に行ったが見たかった映画の席が埋まっており、本作を視聴。あのスピルバーグさんでもコケる時はコケるのだな〜と、おとぎ話ファンタジーか戦争(そこまでの規模では無いかもしれないが)どちらか一>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.2

漫画そのままでしっかりとキャラが立っており好印象。久々にこんなぶっ飛んだ邦画を見た気がする、最高!途中で冷める事なくずっと楽しかった。見終わった後タイトルに納得。

あしたの私のつくり方(2007年製作の映画)

3.4

見終わった後、つい小中高それぞれの自分を見つめ直してしまった。確かに「自分」は年齢が上がるにつれ変化している気がした。思春期ならではの悩みで共感できます。

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

まだ声の主が分からない状態で見たのでずっと気になっていました。まさかお兄ちゃんが城田優さんだったとは!
見ているうちにお兄ちゃんの世界戦に振り回される弟が可哀想に思えるが、そんなお兄ちゃんもお父さんの
>>続きを読む

イルカと少年(2011年製作の映画)

3.7

中学生の頃英語の授業で扱ったのをきっかけに視聴。奇跡の人工尾びれ。登場人物は全員良い人、子供とイルカの健気な頑張りに涙が出た。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.7

前作未視聴だが十分楽しめた。パパは慣れない家事と育児をし、ママは外で悪と戦っている。ジャックジャック可愛い👶🏻

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

3.4

脳内の様子を楽しく描いている作品。メッセージ性があり、心温まる。ビンボン可愛い^_^

紙の月(2014年製作の映画)

3.8

宮沢りえが普通の主婦になれる訳がない!と思っていたが意外と馴染んでいて驚いた。愛とお金って怖いな〜

告白(2010年製作の映画)

4.0

松たか子さんの演技が儚くて哀れで力強くて素晴らしい。衝撃続きの106分。
「な〜んてね」

ごっこ(2017年製作の映画)

3.9

凄く引き込まれた、ただニートが虐待少女を救うだけでは無い所が魅力。

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

3.4

愛想の無いお爺さんだったのに女の子に徐々に心を開いていく姿が見ていて微笑ましかった。

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

まず世界観が可愛すぎる!鑑賞後はスッキリとした気分。終わり方が、完全に別れなかった事によりモヤモヤせず暖かい気持ちになった。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.4

逆にダメな所が見つかりません。歌も映像美もキャラクターも設定も全てが良い。思わず泣いてしまった。

破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年製作の映画)

3.3

キャラクターが少し弱い印象。佐々木さんが「俺のこと嫌いなんか?」と横山くんに何回も聞くシーンが微笑ましかった。

>|