そいさんの映画レビュー・感想・評価

そい

そい

邦画中心に観てます。評価は甘めです。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.2

相関図追ってくの大変だったけど、最後は全部繋がってすっきりした

東野圭吾らしい家族愛に満ちたミステリーで感動する

麒麟の翼とドラマの方も観たい

羊の木(2018年製作の映画)

4.3

フィルマークス試写会にて@汐留

最初から最後までどこか違和感を感じてしまうような映画

ずっと、良い意味で気味が悪くて鳥肌が立ちっぱなしだった

音のメリハリがさらに恐怖を掻き立てる、爆音と無音、特
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.8

個人的に好きな歌は、

久方の光のどけき春の日にしづこころなく花の散るらむ

秋風にたなびく雲の絶え間よりもれいづる月の影のさやけさ

勝手にふるえてろの松岡茉優も良かったけどクールな松岡茉優も雰囲気
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.4

CGすごい!

何でも再現できる時代なんですね

高畑充希と堺雅人の組み合わせの違和感のなさ

高畑充希めっちゃいい奥さん……

ちょいちょい挟んでくる小ネタはなんなんだろう笑

ピタゴラスイッチとか
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.7

少女漫画ぽさを残しつつもちゃんとしたスポ根になってる

原作も途中まで読んでてなんとなく記憶あるけど、映像になると迫力がすごい

男目線でどうしても観てしまうから野村周平目線でずっとストーリーに入り込
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.4

家族愛はやっぱり泣いてしまう

双葉の慰める時の一言が大好きです

人にしてあげたことって巡り巡って自分に返ってくる

重いテーマを、しっかりと描きながらそれでいて元気になるような映画でした

タイト
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

5.0

2018年1本目

今まで見た自分が見てきた映画の中でトップ3に入るぐらいよかった

ストーリー、演出ともに最高すぎた

宣伝も含めて全部が伏線だったのかなと思うほど、全然ラブコメではないのが逆に面白
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.2

カトリンもバックリーも結局はハッピーエンドではなくて、映画の中で作られたプロパガンダ映画との対比みたいになってる気がした

「映画には構成があって人生には構成がない」

まさにそうだよなと思った

>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

主役はあくまで映像であってもそれを支える音楽を作る人たちは誇りを持って仕事をしててめちゃくちゃかっこいい

音楽あってこその映画であるはずなのに観ていて無意識のうちにそのことを忘れてしまっていることに
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.8

公開決まってからくっそ楽しみにしてたやつ

大泉洋×松田龍平の抜群の安定感

バディもの、ミステリー、探偵、個人的に好きな要素が全部入ってて最高でした

車のくだりとか007みたいにシリーズで抑えると
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.4

漢字違いだけど自分の苗字と同じキャラクターを映画で観るのは初めて

序盤の方で、菅田将暉が「オオタカァ!!」って連呼しててめっちゃ面白かった

ストーリーも普通に面白くて、それぞれのキャストもはまって
>>続きを読む

人生タクシー(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリー映画でもない気がするし、かといってがっちりしたストーリーのある映画でもなくうまく言えないけどそんな感じの作品

オチも含めて表現の自由とか死刑の話とか撮り方も含めて、本当に現実を撮って
>>続きを読む

悪魔のような女(1955年製作の映画)

3.8

途中少しぐだったけど展開自体は嫌いじゃない

トリックの部分をもう少ししっかりして欲しかったていうのはあるけど、全体的に面白かった

最後は力技だったから少し笑ってしまった

たまにホラー要素入ってき
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

2.8

ギスギスした家族関係

身に覚えがあるから見てて少し嫌だった笑

本当の子供より赤の他人の方がつながりが深いっていうのも悲しい

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.8

解釈が難しい……

共感はできないけど自分自身にもこういう部分は少なからずある気はする

妻が死んで悲しみを感じていない自分が受け入れられないとかそういう感じなんだろうか

葬式で鏡の前で無理やり悲し
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.9

何気なく借りた作品だったけど最高でした

笑える、かっこいい、可愛い。
是非、色んな人に見て欲しい作品

おじいちゃんたちもイカしてるし映像の見せ方とかめちゃくちゃカッコ良い

いつまでたっても友達と
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

前編あってこその後編だった

前編と違ってほぼ笑いなしのシリアスな展開が続いたけどこの方が良い

中盤からラストにかけての新次VS裕二、新次VS健次の流れは鳥肌モノ

新次と健次が互いに敵になってラン
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.7

面白かった!

若干詰め込みすぎ感はあるけど、良い意味で王道で分かりやすいストーリー

瑛太もガッキーもそれぞれにほどよい報われなさがあって逆にそこが良かった

ラッシュライフ(2009年製作の映画)

2.6

終わり方はすごい好きなんだけど

繋がってるんだか繋がってないんだかわからない展開が多くて共感できない

堺雅人の泥棒役はとても良かった

改めて伊坂幸太郎の小説って実写化が難しいんだなと思った

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

4.6

めっちゃ伊坂幸太郎っぽい笑

今さらながら伊坂幸太郎×中村義洋は最強の組み合わせかもしれない

全然関係なさそうな話がめぐりめぐって、最後は1つに繋がる爽快感

伏線回収が上手すぎる

タイトル通り、
>>続きを読む

ポテチ(2012年製作の映画)

3.7

こういう不思議な感じの映画は初めて

理解はできないんだけど面白いそんな映画

相変わらずの濱田岳の安定感

松岡茉優と木村文乃が初々しくてかわええ

スティング(1973年製作の映画)

4.8

めっちゃ面白かった!!

トリックがすごくて
全然見破れない

基本的に緊張感のある場面が続くけど、時々ある陽気な音楽も良かった

最後まで騙されっぱなしの120分間

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.2

"いかに今の時代が空虚で想像力に欠けているか"

いつの時代も言われてたのかね

きっと数十年経ったら今生きている時代が良かったって言ってしまう気がする

誰にとっても今の時代が退屈ってのはとても考え
>>続きを読む

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

4.4

「婦人用(トイレ)と書いてサンクチュアリと読め」

爆笑はしないけど嫌いじゃないこの感じむしろ大好き

佐藤二朗が個人的にツボに入った

男子高校生に限らず、男は見栄を張りたい生き物なんですよね

>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.8

色々とよくわからないっていうのが本音

ただ「思い通りにはいかない現実」みたいなのをとことんリアルに表現したかったのかなと思う

上手くいく部分と上手くいかない部分がいい塩梅で、確かに人生ってこんな感
>>続きを読む

咲 Saki(2016年製作の映画)

2.6

Amazonプライムで前見たやつ

多分、麻雀のルールを知ってたら爆笑できてた映画

エンディングのno more cryのカバーがとても良くて曲だけダウンロード購入した笑
ごくせん懐かしい

予告犯(2015年製作の映画)

3.8

かなり好きな考えさせられる系の映画
白雪姫殺人事件とかに近い感じした

途中までは複雑なテーマだよなあって感じで観てたけど、終盤にかけてちょっとベタというか泣ける要素が入ってきて少し違和感、物足りなさ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.4

今更ながら観た

荒んだ心が浄化される素敵な映画

ダンスの前のビーストがもじもじしてるのがとても可愛らしかった

こういうの観ると、自分でも単純だなと思うけどベルとビーストの関係みたいな恋愛にめちゃ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.7

家族愛に尽きる

子役の子の演技がすごいって聞いてたけど、ほんとにすごかった

目と仕草だけで感情を表現していて、伝わってくるものがあった

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

4.8

タイトルからしてただのコメディーなのかなとか思ってたけど、

見る前の期待度をはるかに上回ってくれた
今までに見た時代劇映画では1番かも

『決して恩にきせず、報いを求めることなく、行うべきことを行い
>>続きを読む

>|