そいさんの映画レビュー・感想・評価

そい

そい

人生タクシー(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリー映画でもない気がするし、かといってがっちりしたストーリーのある映画でもなくうまく言えないけどそんな感じの作品

オチも含めて表現の自由とか死刑の話とか撮り方も含めて、本当に現実を撮って
>>続きを読む

悪魔のような女(1955年製作の映画)

3.8

途中少しぐだったけど展開自体は嫌いじゃない

トリックの部分をもう少ししっかりして欲しかったていうのはあるけど、全体的に面白かった

最後は力技だったから少し笑ってしまった

たまにホラー要素入ってき
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

2.8

ギスギスした家族関係

身に覚えがあるから見てて少し嫌だった笑

本当の子供より赤の他人の方がつながりが深いっていうのも悲しい

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.8

解釈が難しい……

共感はできないけど自分自身にもこういう部分は少なからずある気はする

妻が死んで悲しみを感じていない自分が受け入れられないとかそういう感じなんだろうか

葬式で鏡の前で無理やり悲し
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

5.0

何気なく借りた作品だったけど最高でした

笑える、かっこいい、可愛い。
是非、色んな人に見て欲しい作品

おじいちゃんたちもイカしてるし映像の見せ方とかめちゃくちゃカッコ良い

いつまでたっても友達と
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

前編あってこその後編だった

前編と違ってほぼ笑いなしのシリアスな展開が続いたけどこの方が良い

中盤からラストにかけての新次VS裕二、新次VS健次の流れは鳥肌モノ

新次と健次が互いに敵になってラン
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.7

面白かった!

若干詰め込みすぎ感はあるけど、良い意味で王道で分かりやすいストーリー

瑛太もガッキーもそれぞれにほどよい報われなさがあって逆にそこが良かった

ラッシュライフ(2009年製作の映画)

2.6

終わり方はすごい好きなんだけど

繋がってるんだか繋がってないんだかわからない展開が多くて共感できない

堺雅人の泥棒役はとても良かった

改めて伊坂幸太郎の小説って実写化が難しいんだなと思った

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

4.6

めっちゃ伊坂幸太郎っぽい笑

今さらながら伊坂幸太郎×中村義洋は最強の組み合わせかもしれない

全然関係なさそうな話がめぐりめぐって、最後は1つに繋がる爽快感

伏線回収が上手すぎる

タイトル通り、
>>続きを読む

ポテチ(2012年製作の映画)

3.7

こういう不思議な感じの映画は初めて

理解はできないんだけど面白いそんな映画

相変わらずの濱田岳の安定感

松岡茉優と木村文乃が初々しくてかわええ

スティング(1973年製作の映画)

4.8

めっちゃ面白かった!!

トリックがすごくて
全然見破れない

基本的に緊張感のある場面が続くけど、時々ある陽気な音楽も良かった

最後まで騙されっぱなしの120分間

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.2

"いかに今の時代が空虚で想像力に欠けているか"

いつの時代も言われてたのかね

きっと数十年経ったら今生きている時代が良かったって言ってしまう気がする

誰にとっても今の時代が退屈ってのはとても考え
>>続きを読む

男子高校生の日常(2013年製作の映画)

4.4

「婦人用(トイレ)と書いてサンクチュアリと読め」

爆笑はしないけど嫌いじゃないこの感じむしろ大好き

佐藤二朗が個人的にツボに入った

男子高校生に限らず、男は見栄を張りたい生き物なんですよね

>>続きを読む

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.8

色々とよくわからないっていうのが本音

ただ「思い通りにはいかない現実」みたいなのをとことんリアルに表現したかったのかなと思う

上手くいく部分と上手くいかない部分がいい塩梅で、確かに人生ってこんな感
>>続きを読む

咲 Saki(2016年製作の映画)

2.6

Amazonプライムで前見たやつ

多分、麻雀のルールを知ってたら爆笑できてた映画

エンディングのno more cryのカバーがとても良くて曲だけダウンロード購入した笑
ごくせん懐かしい

予告犯(2015年製作の映画)

3.8

かなり好きな考えさせられる系の映画
白雪姫殺人事件とかに近い感じした

途中までは複雑なテーマだよなあって感じで観てたけど、終盤にかけてちょっとベタというか泣ける要素が入ってきて少し違和感、物足りなさ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.4

今更ながら観た

荒んだ心が浄化される素敵な映画

ダンスの前のビーストがもじもじしてるのがとても可愛らしかった

こういうの観ると、自分でも単純だなと思うけどベルとビーストの関係みたいな恋愛にめちゃ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.7

家族愛に尽きる

子役の子の演技がすごいって聞いてたけど、ほんとにすごかった

目と仕草だけで感情を表現していて、伝わってくるものがあった

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

4.8

タイトルからしてただのコメディーなのかなとか思ってたけど、

見る前の期待度をはるかに上回ってくれた
今までに見た時代劇映画では1番かも

『決して恩にきせず、報いを求めることなく、行うべきことを行い
>>続きを読む

鴛鴦歌合戦(1939年製作の映画)

4.3

約80年前の日本でこんな映画が作られてたとは驚き

普通に面白かった!

日本のミュージカル映画も捨てたもんじゃない

白黒だけどヒロインの方がとてもお綺麗でした

ザ・コーヴ(2009年製作の映画)

4.3

高校の頃に授業で見たのをふと思い出した

イルカ漁が日本で行われてることなんて知らなかったけどそれに対してめちゃくちゃ残酷に描き出して、とにかく日本のイルカ漁を批判するような映画ですごい印象的だった
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

【10/2 中野zeroホール 試写会】

色んな意味であゝ。

菅田将暉の悪ガキ感に圧倒された。
すごい。

安保がらみの昭和の学生運動で学生が追い詰められて狂った感じとか、現代風にマッチさせてたけ
>>続きを読む

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.6

すごい松竹っぽい映画というかなんというかザ・時代劇という感じ

台詞とかは映画に合わせてあえて現代っぽくして分かりやすいようにしてた?

真剣で斬り合うシーンとかあると思ってなくて驚いたけど、こういう
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.7

レンタル開始してやっと観れた

観終わってから映画館で観ておけば良かったと後悔

戦争を扱った映画の中で、戦時中の日常を中心に描いた映画は初めて観た気がする

ほとんどのシーンが何気ない日常を描いてい
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.9

ジェームズボンドじゃないダニエル・クレイグが見たくて鑑賞

アクションしなくても最高にかっこいい

人物の見分けとそれぞれの人物の関係を追うのに必死

トリックのネタバレには驚いた

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.5

期待以上!!

素晴らしい家族愛

サミュエルとグロリアの楽しそうな日常を観てると幸せな気分になれる

男目線になっちゃうけど、奥さんの方はいくらなんでも勝手すぎるだろと思ってしまう

最後の終わり方
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.4

こういう系のストーリーはやっぱり外さない

閉鎖された空間の中で、男同士でバカやったり、規則破ったりするのは観てて気持ちいい

ラストはん?ってなったけど、解説読んだら納得

精神病患者の隔離の話とか
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.3

完全フィクションの映画のはずなのに、ドキュメンタリー風に撮ってたりして妙にリアルだし、ストーリーも色々考えてるのが伝わってきた

最後のシーン怖いよ

Twitterとかで見たことあってなんとなく知っ
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.4

とにかくクレイジー

痛快だけど、苦笑いって感じ

人間そんな簡単に更生できるもんじゃないよなぁと考えさせられる

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.8

すんごい映画!!!

ややこしくてうまく表現できないけどそもそもフィクションである映画自体の中にさらにフィクションがあってそれをさらに一個のストーリーとしてちゃんと成立させてるっていう構造が本当にめち
>>続きを読む

>|