mmioさんの映画レビュー・感想・評価

mmio

mmio

洋画、邦画。ジャンルは偏りまくり。評価は甘めできまぐれ。

映画(195)
ドラマ(6)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

舞台はニューヨークからパリへ。

終始手に汗握るストーリーで、どきどき。

イギリス、アメリカの魔法界とは
また違うフランスの魔法界。
エッフェル塔、サクレクール寺院、
セーヌ川沿いの屋台、次回はどこ
>>続きを読む

旅するダンボール(2018年製作の映画)

4.2


「ダンボールはあたたかい。」

by島津冬樹

不意にFilmarks で目に留まった
ほんわかドキュメンタリー作品。

世田谷ものづくり学校で公開前一足お先に鑑賞してきました。

幼い頃にダンボー
>>続きを読む

ラヂオの時間(1997年製作の映画)

3.9

想像力でラジオ局は、
日本からアメリカ、宇宙に変わる。

久々の三谷幸喜作品。
やっぱり面白い!!

守衛のおヒョイさんが最高です笑
デジタルだったり、ハイテクもいいけど、
アナログも手放してはいけな
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.3

とっても良かった!
いつかの飛行機の中で、
すごく泣いた!!

でもしっかり内容覚えてるうちに
レビュー書いていなくて…


子役の女の子のかわいさが炸裂です笑
洋画の周りの環境で大人びちゃった、
>>続きを読む

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.3

箱入り息子の恋。
ほんわかのんびり系かと思いきや…
な作品。

自分が誰かの支えになってるって
思えると、だんだん

楽しくなってくる、嬉しくなってくる
仕事なんて手につかない…
相手の親に認められる
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

ペコの成長記録。

原作読みたくなる作品。
漫画もアニメもいつかみようと思います!

メガネといえばの映画で、

「ピンポンのスマイル」

が多くの人から挙げられていて、
ずっと気になっていたこの作品
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

4.3

月夜の浅草のとある屋上で、
「転々」を鑑賞しました。

わたしの好きな、
ゆるゆるくすくすラストちょい涙映画。

気になるワードもあって、

オーギョーチー
カレーに入れる隠し味のやつ
(名前は忘れた
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.0

小さい頃に観た印象的なラストは、
記憶の片隅に残ってて、、、

「あー、この作品だったの!」

ってなりました。

ギルバートの「なんで俺だけ」っていう
気持ちに自分を重ねてみたり、
アーニーと一緒に
>>続きを読む

あやしい彼女(2016年製作の映画)

3.9

見上げてごらん夜の星を

これ以外のあの時代の名曲を
もっとカッちゃんに歌って欲しかった!

ってなるくらい、
多部ちゃんの歌声が素敵でした✨

ローマの休日をモチーフにした衣装や
髪型もかわいくて、
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

3.8

ドタバタタイムトラベル。

タイムトラベル作品を結構観てるけど、
1番しょうもない理由で笑った作品笑

ムロさんの初出演作品だから
気になってて、、、
顔は若いけど、
キャラはもう出来上がってる笑
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

「時には想像しえない人が
偉業を達成する」

まだまだ隠されてしまった天才たちが
沢山いるんだろうなと感じた作品。

初めて何か
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.7

日常のような、非日常のような。

客観的に見たら

「何してんの!?」
「何言ってんの!?」

って思うことも、自分の直感、
本能で行動してしまうことってある。

深くは分からなかったけど、
光の使い
>>続きを読む

海のふた(2015年製作の映画)

3.8

ふわっふわっのかき氷が食べたい。

って観終わったらなるはず。

あと将来の自分の部屋の壁は、

水色にしたい。

アップタウン・ガールズ(2003年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

小さなおませお嬢様と
大きなお茶目お嬢様のおはなし。

2人とも悲しいことを隠そうとしてて、
周りはそれに気づかないけど、
同じ境遇だからこそ、2人が徐々に
わかり合って、支え合えるようになる。
そん
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

前情報無しで観るべし!
観ようか迷ってたら観るべし!

今やっとみなさんのレビューみて、
「うんうん!そうだよね!そこね笑笑」
って感じで余韻に浸れます!笑

今年の注目映画の1つで、
恥ずかしながら
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

4.0


「木なんて100年で一人前」

木陰でのお弁当場面、

早く社会人になって、
早く仕事内容覚えて、
早く一人前になって、

ってまだまだ新米の自分には、
役所さんのセリフが優しく刺さりました。

>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.0

こんぐらいぶっ飛んだ授業受けてみたかった🤣笑笑

最初はダメダメ、途中もダメダメ。
でも彼のロックへの愛で、
子どもたちも親も観客も動かす。

子どもたち一人一人にかけてあげる言葉は
その個性を大切に
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.7

滑稽な愛。

初日舞台あいさつにて(確か)池松壮亮が言ってたこの一言が合う。

まず「好きな人のために自分を捨てて、尾崎豊、ブラピ、坂本龍馬になる」っていう設定を考えつく監督がクレイジーで、それに全力
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.1

最後の一言でゾクゾクした。

正直「また漫画原作か」っていう偏見で、
観たのはこないだの地上波。

なんてもったいないことしたんだろって、
映画館のスクリーンで、
あのバカなようで、でもまっすぐで、
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0


80年代、イタリアのどこか。

都会とは違って、
ゆっくりゆっくり時間が流れる中で、
読書したり、クラシック聴いたり、
楽器を演奏して、ときには川で泳いで、
純粋な恋をして、、、、
なんて生活憧れる
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

4.0

なんとまあゆるい。
平和でちょっと変わった宿。

携帯も通じない、
かき氷を食べた代金は、感謝の気持ち。

荻上さん3作目の鑑賞です✨現実のようで非現実な作品たまりません!

春になるとやってくるさく
>>続きを読む

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.0

やっと見邦画のうちの一つ笑

ムーミンの国で日本人が食堂を開く、
開いてるおはなし。
出てくる食べ物たちはどれも美味しそうで、よだれ出ます笑

レンタネコで荻上直子の虜になったから、
ずっと後回しにし
>>続きを読む

不機嫌なママにメルシィ!(2013年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

コメディだと思ってたら…
ギヨームガリエンヌ本人による、
自伝的作品。

最初はコメディで構えてた自分が
どんどん男らしさとか女性らしさって…
って考えさせられながら観てて、

そんな複雑なことがたく
>>続きを読む

レンタネコ(2011年製作の映画)

4.0

レンターねこ、レンターねこ、ねこねこ。

このフレーズが頭からはなれません!

結構低い評価みたいだけど、
わたしみたいに映画の中に「現実的」
を求めない人にはストライクな気がします笑

ねこ達がひた
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

4.0

南極に単身赴任のおじさんたち
(1人お兄さん)のお話。

(全員が単身赴任ではないのだけれど笑)

おじさんたち(しかもキャラ濃い)の
南極での過ごし方が、環境は過酷そうなのに、みんなのんびりと過ごし
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.0

ベルセバ好きの少年と
盲目少年の青春日記。

まず驚いたのは、主人公レオを演じた俳優さんの演技力。
わたしは見終わって調べるまで本当に目が見えないのかと信じてました…(身近にそういう方が、いないから余
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

女性版モテキ??
(決してモテ期ではないのだけど笑)

一と二

どっちがいいのか。正直少し考えた時期があったりするから共感を持ったり、

一番いいのはお互いが一同士のとき。
って思ったり、

でもそ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

機内鑑賞

爽快紳士アクション再び!

でも1の前に2を観てしまいました笑
順番はちゃんと守ったほうがいいなって笑

でも1に劣らず、痛がってる暇のないくらいの爽快アクション笑

カントリーロードはや
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

機内鑑賞

爽快紳士アクション!笑

イギリスの世界観はすごい好きだから、
気になってて、観れてよかった!
アクションはなかなか観ないんだけど、
痛々しいを通り越して、爽快だった笑

英国スーツのかっ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5


周りなんかおかまいなしに泣いてしまう作品。

こちらも一足先に、機内にて

放題のリメンバーミーも納得だけど、
原題もいつものように、シンプルにその作品を表していて好きです✨

ギターを始めようか迷
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.9

機内鑑賞

おじさん赤ちゃん

こういう題材は昔日本でもアニメがあった気がしたなーって懐かしくなったり笑

機内鑑賞だったし、封切り前だからムロさんじゃない吹き替えでした…

これをムロさんが吹き替え
>>続きを読む

ショコラ(2000年製作の映画)

4.0

チョコで村を救う。

機内鑑賞

人々を魅了するチョコレートは、
塞ぎ切ってる村をも救う?笑

主人公のような人1人ずつを理解して、
その人の求めるものを与えられる人、
すごいなって思った。

そして
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

3.6

機内鑑賞

久しぶりのザ・ティーンズ映画って感じ!

こういう映画の主人公って、
可愛かったり、綺麗なだけじゃなくて
努力がすごいっていつも思う。
美人も美人なりに苦労があるんだなって笑

思いがけな
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.8

初のカウリスマキ作品鑑賞

日本に住んでいると、あまり身近ではない「難民」というテーマ。

家がある幸せ、家族がある幸せ、仕事や娯楽、挙げたらたくさんある当たり前も、
それが当たり前じゃない人も同じく
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.0

朝からすごいもの見てしまった。


今では有名画家の一人、ゴッホの最期を描いた作品。本当に描いてる。ほんとに。

油絵に命を吹き込んだ作品。
ゴッホの筆づかい、色彩、光の感じ方、
素人だから細かいこと
>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

4.0


「神さまこの話だけは見ないでほしい」

なんとも切ない物語。
前情報ほとんどなしで観たから、心の準備ができてなくて…

濱田岳のコミカルでおどおどな大学生、まほろ駅前コンビの瑛太と松田龍平が良きです
>>続きを読む

>|