yuさんの映画レビュー・感想・評価

yu

yu

基本洋画です。ホラー以外はなんでも。月に15本くらい観ることを目標にしています。

映画(531)
ドラマ(0)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

出演者は豪華。
サンドラブロックいくつになっても美しすぎる。
ただもうちょっとハラハラするシーンがあった方が。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.7

実話ってひさしさんほんとすごい。
土屋太鳳ちゃんの演技ももちろんすごかったけど、素朴で物静かで、あまりセリフも多くない中でぶれずにまいさんへの強い気持ちを持ち続けるひさしさんを演じた佐藤健も上手だと思
>>続きを読む

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.2

菅田記録。
内容がまじでなさすぎて菅田将暉を使うのはもったいなく感じてしまう。
そしてただただ土屋太鳳ちゃんが羨ましいという映画。
名前しずくになりたかった。笑

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.9

内容は王道だけどレディガガの歌がすごいのとブラッドリークーパーがイケメンすぎてあっという間の136分。
あんな歌えたら気持ちいいだろうなー。
わたしも個人的にはレディガガみたいな鼻すき。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.8

繊細で情熱的。
最後のヤスコのセリフがとても深くて印象的。
ツナキのセリフもなんだか文学的で引き込まれた。

うまく言えないけど、なんとなく村上春樹の本を読んだ時のような、そんな感情になった。

菅田
>>続きを読む

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

3.9

やっぱロビンウィリアムズいーよなー。

お気に入りのシーンはひったくりのシーン。笑

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.1

留学に行って語学学校に通ったことがある人にとっては、とても特別な作品だと思う。
初めての注文、初めての電車。
初めてはわくわくよりも不安が大きくて。
でも少しずつ慣れてきて、なんとなくだけど言ってるこ
>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

3.8

ゆるい休日にみるゆるい映画。
春の海もまた良き。

なんだか眠たくなる。
つまらないんじゃなくて
春の日向が心地良いかんじ。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

横で彼氏が爆笑してました。笑

母ちゃんがめっちゃ面白かった。
映画の撮影の裏側みたいなのも垣間見れてよかった。

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

想像してたよりもずっとよかった。

久しぶりにお母さんと映画館。
お母さんと一緒に見れて良かった。

特に出産のシーンがとても感動した。
横でお母さんがそのシーンで泣いてるのが分かって、余計ぐっときた
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.7

東京ってかんじ。
久しぶりにオダギリジョーのクズ役みた。
不器用役もいいけどクズ役もいいんだなーこれが。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

とにかく音楽が怖がらせにきてて怖い。
想像以上に想像通りだったけど、なんだか見終わった後に誰かに話したくなっちゃう。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.5

原作と結構ちがった。
特に川栄さんの役は必要だったのか謎。
無理やり出演させたかった感がすごい。
きっちゃんは浮気なんてしないわ!!←
もう少し原作みたいにきっちゃん目線の話が入っててほしかったな。
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.6

エロいグロいエロいグロいエロいグロい。

ジェニファーローレンスの綺麗さには見入ってしまう。

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

4.1

4DXで大迫力!
USJに来たみたい。
内容は正直1の方が面白くてワクワクするけど。

やっぱりクリスプラットかっこよすぎです。
次も早く見たいなー!

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.3

これ大好き。
服装もかわいいし最高。
ついでにブラピも最高。

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

ティモシーシャラメの破壊力。
相変わらず美しすぎる。


スィート17モンスター思い出した。
最初のシーン好きだった。
お母さんとあんなにぶつかり合えるって自分にはできないからすごいなーと。

青春っ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

言わなくてもキャストが演技派すぎる。
まるでドキュメンタリーみたいな自然なやりとり。

リリーフランキーの甲斐性なしおやじももちろんだけど、安藤サクラはやっぱ天才。
終盤引き込まれすぎて目が離せない。
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

3.8

面白い脚本だった。

先入観に囚われず、あらゆる角度から可能性を考えるということ。
勇気を持って発言して貫くこと。

私はなかなかその1人目にはなれないなー。

白黒でも感じられる暑さ。
意見の違いと
>>続きを読む

>|