Matthewさんの映画レビュー・感想・評価

Matthew

Matthew

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

認知症の人にとって何が真実で、何が真実ではないのか。なにもかもわからなくなってしまう恐怖や悲しみ、混乱、失望感。自分の子どもでさえわからなくなる。本人も苦しいけど、その家族も苦しい。アンソニーホプキン>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.2

泣ける。親子愛。余韻に浸れる。良い映画でした。

海街diary(2015年製作の映画)

3.8

穏やかな時間の流れが好きでした。満開に咲く桜のトンネル。梅雨の時期の梅の収穫や、傘をさして歩く周りに咲くあじさい。船の上で見る花火。日本の四季を感じさせてくれる。温かい物語だった。

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.1

映像、雰囲気、音楽、ファッションとどこを切り取ってもおしゃれ。ウィリアムの成長もあるし、ウィリアムが影響を与えて周りも変わっていく。真面目に学校で勉強する事も大事かもしれないけど、学校では学べない大人>>続きを読む

Curve(原題)(2016年製作の映画)

3.2

怒涛に恐怖感と絶望感、緊迫感が襲ってくる。怖かったー。

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.8

赤井秀一かっこいい。そしてみんな頭良すぎてすごい。コナンの映画なにげに映画館で観るの15年ぶりでびっくり。

タイタニック(1997年製作の映画)

4.5

また再上映してほしいな。2012年、タイタニック沈没100周年にIMAXで観たの最高だった。いつ何度観ても感動する大好きな作品のひとつです。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.4

良い映画は必ずと言っていいほど音楽も良い。
音楽がシーンを盛り上げ、映像だけでは伝わらない目に見えない心情部分などを表現する。
ジョンウィリアムズの曲はどれも曲を聴いただけで、どの映画かわかるものばか
>>続きを読む

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

4.1

自然と涙がぽろっと。12分という短さに重たいテーマ。子どもながらに自分は死ぬかもと思い、送る最後のメッセージ。悲しみに包まれる。しとしと雨の降る夜に1人で観たくなる作品。

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

4.5

観たい映画を選ぶ時、監督、キャストと同じくらい重要視して音響スタッフを確認するくらい、映画音響、音楽大好きな私にとっては最高過ぎる映画でした。歴史を知ることで更に好きになりました。

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.1

32分で強いメッセージ性のある作品。アメリカの白人警官と一般黒人の関係性をリアルにタイムループの世界で描いている。エンドロールも含めてひとつの作品になっている。抜け出せないこの現実をタイムループとして>>続きを読む

これからの人生(2020年製作の映画)

3.5

不良少年を演じたイブラヒマゲイェからジャイモン・フンスーに似たような演技力を感じた。将来を期待してしまう。子どもは育つ環境、関わる人間に大きく影響を受けるなと感じた。

ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-(2020年製作の映画)

3.9

道を誤らないように、家族みんなが幸せに暮らせるように、各々が支え合い、懸命に問題に立ち向かっていく様子にこの家族の力強さを感じた。やっぱりハンスジマーの音響は素敵でした。

ザ・ライダー(2017年製作の映画)

4.2

ノマドランドを観て、クロエ•ジャオの他作品も気になって観てみた。とても良い作品だった。馬の瞳、広大な自然の美しさや儚さなど映し方が本当に良い。夢を諦めきれないカウボーイ。馬は安楽死させられる状況も、人>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.2

泣きそうになった。3時間という長さだが、あっという間の様に感じた。

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.9

強い女性のスーパーヒーロー。かっこよかったし、とにかく強かった。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

早く続編見たい、って強く思った。改めてアベンジャーズって豪華だな〜ってなる。

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.0

とにかく自然の美しさ、街の美しさに心癒された。ずっと見ていたいと思った。そしてお腹減った。ジブリのご飯はいつも美味しそう。

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.0

日々忙しく仕事や家事など追われてる人こそ観るとぐっとくる映画なのかな。
 遊牧民ノマドとして1人で生きるということはとにかく自由。旅先で出会う人々との交流も刺激的だと思う。ふと顔を上げると広大な大地が
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.5

ソーがかっこいい。これまでのマイティソーよりポップな感じがあった。

紙ひこうき(2012年製作の映画)

4.1

心が温かくなるストーリー。ラスト、その後のストーリーももう少しだけ観てみたいなぁって思える。ほっこりした2人がお似合い。

ブルー・アンブレラ(2013年製作の映画)

3.7

ディズニーは本当に雨の景色の映し方がきれいだなって思う。雨にネガティブさがないというか。ひとつひとつ物や建物に顔がついていて可愛らしかった。

思いやりのススメ(2016年製作の映画)

3.7

周りから見たら、ひどい対応する介護士って見られてもおかしくない対応でも、介護される側にとってそれが居心地が良かったり、その人らしさが出せられるならその方が良いよねって。家の中だけでは何もなく1日が終わ>>続きを読む

YESデー ~ダメって言っちゃダメな日~(2021年製作の映画)

3.3

イエスマンとどうしても比較してしまう。イエスデイは家族をテーマにした作品になってた。個人的にはイエスマンの方が好きかな。

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

4.7

とにかく感動した。「ララランド」と「雨に唄えば」のような。。映画館で観られた事に幸せを感じる。まさにディズニーを体現したかの様なストーリー。雨に反射する夜景が美しくキラキラとしていて、いくつになっても>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

4.0

Disney +で観ようか迷ったけど、映画館で観て大正解。人を信じることって年を重ねる事に、裏切られたりして難しくなってくるけど、信じる心の大切さを教えてくれる。
ラーヤ上映の前に短編映画の『あの頃を
>>続きを読む

モキシー ~私たちのムーブメント~(2021年製作の映画)

4.1

女性差別をテーマにした映画だけど、いろんな差別のある世界で誰かが発信しなくては変わらない。でも発信することで標的にされる怖さもある。勇気〈モキシー〉を持って発信し続けて変えていくヴィヴィアン。周りの友>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

エディレッドメインの演技力の高さが際立つ。葛藤を抱えながらも偽りなく自分らしく生きようとするリリー。どんな姿や人格になろうと、自分なりの形で夫を愛していく妻に感動。

CUBE(1997年製作の映画)

3.2

各々の職種や家庭事情も違うメンバーが集まって脱出を試みる。いつもの自分なら普通に振る舞えるのであろう場面でも、精神状態が不安定になり、状況が追い詰められてくると、徐々に正常な判断ができなくなっていく様>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

ヒースレジャーの時もそうだったけど、素晴らしい俳優が若くして亡くなってしまうのは本当に悲しい。ブラックパンサー改めて観たけどかっこいいな。ルドウィグゴランソンの音楽も最高。

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.2

どんなに逆境でも自分次第で夢は叶えられると教えてくれるそんな映画だった。父と息子の家族のドラマもまた良かった。

ニュー・ミュータント(2020年製作の映画)

3.3

アニャテイラージョイの美しさかっこよさが目立っていた。それだけでも観てよかったと思う。話はなんとなくホラーなのか青春なのか、、もうちょっと個々のキャラクターの背景や思春期ならではの悩みなどあればもっと>>続きを読む

>|