ブッチさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

ブッチ

ブッチ

映画(706)
ドラマ(21)

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

4.1

昔、ニュージーランドへ行った時に差別を、された経験がある。
あの時の差別している人間の目は、日常生活でも結構ある。

そろそろ、日本人も大人になる努力をすべき時だと思う。

くだらない考えに固執して、
>>続きを読む

アルビノ(2016年製作の映画)

3.5

少女が、主人公には一目惚れだったけど、父も愛するようになっていくのを感じ方でキチンと描いている。
どちらも愛し始めて、メンタルもフィジカルも引き裂かれる感覚だったんだろう。

主人公が狂っていくくだり
>>続きを読む

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

3.3

リアル。

結婚してようがしてまいが、女性にこんな感じの人、結構いてる。
この作品では、先に進めるのか回遊魚で終わるのかは、不明。
この友達もわかっていないことでは主人公と同レベル。
あんな結婚生活な
>>続きを読む

処刑山 ナチゾンビVSソビエトゾンビ(2014年製作の映画)

4.5

きれいごとやオブラート包まれた真実なんて無意味。   そこに愛は無い。

が、このモラルもへったくれも無い映画を見終わった後の多幸感はなんなんだ。

こいつはオタクの為の映画愛に溢れまくった作品。
>>続きを読む

ブライダル・ウォーズ(2009年製作の映画)

3.7

伊藤沙莉さんがしょっちゅう観てるらしいので観賞してみる。

話は面白いし、結婚式の大変さを思い出して懐かしくなった。

アンハサウェイの演技の広さとかも、かなりオススメ。

HATCHET/ハチェット(2006年製作の映画)

3.7

これは面白い。

オープニングのテンションで殺しまくる、
お化け屋敷ムービー。

殺し方や設定も過去作へのオマージュとオリジナルの混在満載で凄まじすぎて、笑える。

519号室(2008年製作の映画)

3.0

まぁまぁ。

ラストに向かってのもりあげとオチがなんかなぁ。

テイクオーバーゾーン(2019年製作の映画)

4.1

この映画は、そんな境遇で育った人間にとって「救い」の作品である。

自分が母親から受けたこと、自分の子供にしてあげれなかったこと、色々思いだした。

ラストカットが目に焼き付く。

映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~(2019年製作の映画)

4.3

今まで見たクレしん映画で1番良かった。


第1作から夕日ぐらいまで観てたけど、しんちゃんの映画はあくまで、そのしんちゃんワールドに真実や悟りが散りばめてあるから良いと思ってる。

真実や説教みたいな
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年製作の映画)

2.7

バティ、ロードムービーなんだけど、シリリにあまり親近感が湧かなかった。

ただ、登場人物のすべてが良いので、安心して見れる。

未知との遭遇とかETとかのスピルバーグ印ムービー。

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.1

悪くない、悪くないんだけど、チャッキーの見た目に魅力が無いのが、大きなマイナスポイント。

何故、あんな顔にした😓

クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

トリフィド映画、2作目。

クレヨンしんちゃんにトリフィドベースにブロブを混ぜて、T2やら挙句の果ては、魔女宅まで、詰め込み過ぎ。

話の展開がドキドキで、幼少期にコレはトラウマのレベルの悲惨さ。
>>続きを読む

ゾンビ・ホロコースト(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

出てくるゾンビ達が「ゾンビ」に出てくるゾンビを元に作ってあります。
スチール写真にもなっている有名な(髪の毛がチリチリで横縞の服を着ている)ゾンビも出てきます。
途中で「悪魔のいけにえ」の世界に迷い込
>>続きを読む

人類SOS!(1962年製作の映画)

3.7

面白い。

ストーリーが、昔の作品にもかかわらず次から次へと展開し、内容盛りだくさん。

後のパニック、ホラーなどの映画への影響大。

クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦(1999年製作の映画)

4.0

冒頭から、東宝特撮の素晴らしいオマージュ。
自衛隊の行進シーンの前から撮ったショットの戦車の動きとか、ロボットがシェーをするシーンとかホント涙もの。

そこにクレヨンしんちゃんの世界がしっかり展開して
>>続きを読む

スタング 人喰い巨大蜂の襲来(2015年製作の映画)

2.9

面白くなくはないが、蜂が何であんな化け物になったのかが不明。

エイリアンなのか、ゾンビなのか、汚染ではあんなに早く変異する訳ないし、違和感。

まぁー割り切って見るしかないかなぁ。

安っぽいCGに
>>続きを読む

スウォーム(1978年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

本物の蜂を大量に使ったパニックムービー。
エクステンデッド版にて鑑賞。

肝心の蜂の突然変異が国が絡んだ陰謀かと思わせぶりなのに、あやふや。

あとは変なキャラ設定が多い。代表は主役。

特殊メイクを
>>続きを読む

2000人の狂人/マニアック2000(1964年製作の映画)

3.7

未見の方は、ぜひ予備知識ゼロで観てもらいたい作品。

そのほうが、全編を通しての陽気な雰囲気とか、皆の表情とかが合点がいく。

今回は再見でしたが、この世界観は独特だと思う。

4×4 殺人四駆(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

スリラーかと思って観たら、社会派サスペンス。
こんなのを日本で撮ったらとても観てられない画になるのに、最後まで引っ張っていく画作りって、なんだろうなぁ?

ブラッド・ピーセス/悪魔のチェーンソー(1983年製作の映画)

3.1

何故、スラッシャー映画がポルノと呼ばれるのかが、よく分かる作品。

ストーリーはメインの殺害シーンを見せる為のつなぎ。

逆にメインの部分はかなり力が入っている。
エログロ心を十二分に満足させて貰える
>>続きを読む

2001人の狂宴(2005年製作の映画)

3.5

かの名作をリメイクした本作。

オープニングタイトルから68%ぐらいの仕上がり感が。

そのままのテンションで最後まで突っ走る。

殺されるシーンは、かなりドギツイのでそれなりの評価。

UGLY アグリー(2011年製作の映画)

3.3

ゆっくりした時間に流れる人生の断片。

窪塚くんのイメージビデオみたいな映画。

黒猫・白猫(1998年製作の映画)

3.8

万人におすすめ出来る作品では無い。

なんじゃこりゃのダラダラしたストーリーが、訳の分からないカットを挿みつつゆっくり進むからである。

がしかし、この作品は知足の精神をベースに映画愛に溢れまくったカ
>>続きを読む

メタルカ METALCA(2014年製作の映画)

3.7

低予算、演技下手、よくあるようなストーリー。

がしかし、

一生懸命なんです。
それが伝わってくるんです。
ライブシーンの迫力と相まって、けっこう心に響いた。

サラマンダー(2002年製作の映画)

3.9

傑作。

中世の竜退治の話を近未来に置き換えたような独特な世界。
「マッドマックス」のあの世界ともまた違う。
その絵面を安っぽさ無しで作り上げただけでも大した物だが、そこに103分にまとめられたハギレ
>>続きを読む

獣道(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こういうキチンとした映画を作って欲しい。

「GO」の別バージョン。

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

3.7

普通に面白い。

チーム結成とか、賢い警察のウィテカーとか、お決まりだけど楽しめた。

アクション一辺倒で無く、物語の強弱の付け方が上手いと思う。

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

2.5

なんか、使い古されたストーリーに何処かで観たようなカット。
でも、スコア付けたいから最後まで頑張って観ました。

クリープショー(1982年製作の映画)

3.5

久々に鑑賞。

だけど、古いDVDなのか画面が暗くて良く分からないところがあり、あまり入っていけなかった。

映画は、パルプ雑誌の世界を真面目に撮った作品。

(秘)色情めす市場(1974年製作の映画)

5.0

映画人の間でも評価が高い本作を鑑賞。

個人的話。

親の会社が、天王寺にあったので子供の時から遊び場だった。

何カットか映る近鉄前の陸橋でどれくらいの時間を過ごしただろう。

高校の時は、昼から授
>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ〜、ホントに何処にでもあるストーリーなんですよ。

でも、演技にせよ画作りにせよ、レベルが高いから引き込まれてしまう。

イ・ビョンホンが主人公なんですけど、本当の主役はパク・ジョンミンの弾くピ
>>続きを読む

パニック・マーケット3D(2012年製作の映画)

3.5

邦題からは、かなりチャチい感を受けるけど、キャラもそれぞれ描かれて結構いける。

特撮はチャチいが、いかにも低予算映画です、みたいな創りにはなっていない。

悪魔のサンタクロース/惨殺の斧(1984年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

とにかく、主人公が可哀想な映画。

1.手始めにおじいちゃんからの脅し。

2.目の前で両親をサンタに、ぶっ殺される。

3.孤児院でシスターからの執拗なパワハラや体罰。

子供の時にこんな事され続け
>>続きを読む

血のバレンタイン(1981年製作の映画)

-

「ゾンビ 日本初公開復元版」を観た方なら分かると思うけど、肝心のシーンがカットされてると、そこでいっぺんに覚めてしまう。

先日観た「封印 殺人映画」の中にはしっかり収録されていたのに。
何を基準にカ
>>続きを読む

バーニング(1981年製作の映画)

3.7

良くある設定の映画だけど、半分過ぎた辺りから、けっこうハラハラする。

特殊メイクを観るだけでも楽しめるし、好きな人にはお勧め作品。

八つ墓村(1977年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。

初めて観たけど、かなりドギツいシーンがあり、びっくり。

特にポスターのシーンは、おぞ美しくてインパクト大。

各地を回って撮られた洞窟や鍾乳洞も雰囲気バッチリ。

いゃ〜、観て良かっ
>>続きを読む