ほいっぷしゅーさんの映画レビュー・感想・評価

ほいっぷしゅー

ほいっぷしゅー

鑑賞メーター限界っぽいので引っ越そうと思いやってきました、が、Vシネ、OAD(OVA)が登録できない作品もあるようなので同時利用。洋画邦画アニメ映画問わずオモシロイ作品を楽しみたいニワカ映画好きです。『ファンのキャスト』は全て監督。洋画邦画アニメ映画の☆の数はニュアンスが違いますので…。

新・仁義の墓場(2002年製作の映画)

3.9

岸谷五郎の怪演、いや名演技。
そしてシリアスな時の三池監督作品。

岸和田少年愚連隊 血煙り純情篇(1997年製作の映画)

3.6

三池崇史監督によるヤンキー映画。
と言っても後の『クローズZERO』的なエンタメ度は薄く、ヤンキー映画なのにどこか物悲しい雰囲気。

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.6

園子温監督は基本好き……、だけども劇場で観なくて正解だった一本でしたな。
ただまあ、この作品に関してはもうドラマから観てるので、気持ち的には『園子温映画』というよりかは『みんな!エスパーだよ!』という
>>続きを読む

中国の鳥人(1998年製作の映画)

3.9

これ、三池監督の隠れた名作では?
作品イメージは自分がみたことある『IZO』や『46億年の恋』のような、どこか幻想的ですらある時の三池作品だと思っていた、鑑賞するまでは……。
前半はどう考えても撮影が
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

2.4

まず最初にすいません、自分には合わない映画でした。
ボクシングシーン、これは素晴らしい!役者の演技も最高!菅田将暉、ヤン・イクチュンに盛大な拍手を!!!!!!!!!!!!
で!
5時間は長いよ!自殺と
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

-

う~ん……。この映画好きな人、ごめんなさい。後編感想で、disります。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.8

!矢口監督作品は邦画の希望だと思っているヤツの感想です!

矢口監督の映画は信用できる。
今回も楽しめました。
日本で緊張感を出すなら、やっぱり災害系がリアリティがあると思いますし。
笑いとシリアスの
>>続きを読む

ホワイトリリー(2016年製作の映画)

3.1

ドロドロがシリーズ内で一番あった。

中盤のラブホに見覚えがあるような……。

風に濡れた女(2016年製作の映画)

3.9

地味な娘がラストでいい青年と幸せになったのが最高。

犬たちは……、まあ頑張れ 笑

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.9

「大泉洋はちゃんとした役者なんだ!」と感じる事が出来る好きなシリーズ。
松田龍平もいい。

いい話なんだけど、なんだかラストは東野圭吾みたいな感じだったな。
笑える東野圭吾ってイメージか。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

『フォースの覚醒』を観て1回の上映中に3回泣いてから早2年……、
「『フォースの覚醒』は『ローグ・ワン』に惨敗だな……」と思ってからは1年……。

名誉挽回を期待はしたけど、いやぁ厳しいですね……。
>>続きを読む

姑獲鳥の夏(2005年製作の映画)

3.7

怪奇な雰囲気は高得点でしょう。

ただし、原作が好きすぎるのです……。

全員死刑(2017年製作の映画)

4.0

たくさんのアイディアとユーモア。うへぇ、おっかねぇ……。

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

4.0

ハギオがそんなに悪いヤツに思えない。
オレも少しはオトナになったかな 笑。

劇伴がほとんどない……というか、なかった気がする。
大事な音のためにとっておいたのかな。

ちゃんと伝える(2009年製作の映画)

3.3

人は死ぬのでいろいろちゃんと伝えましょう。
むずかしいけど。

これは他の園子温監督作品をみてから、みたほうがいい気がしますね。

ANTIPORNO アンチポルノ(2016年製作の映画)

3.8

あくまで園子温監督作品として、ロマンポルノ的な評価は置いておくとしたらですね、嫌いじゃないですけども。

「映画の撮影なのか、それとも……」みたいな作品は、まあ他にもイロイロありますからね。

詩的な
>>続きを読む

牝猫たち(2016年製作の映画)

4.6

白石和彌監督作品ということで、期待は大きめにして観たのですが……。
期待を大きく超えていきましたッ!!!!!!!!!!!!

現代の都会(まあ東京ですが)を風俗(店/嬢/客)の視点から、生々しく描きだ
>>続きを読む

ジムノペディに乱れる(2016年製作の映画)

3.3

板尾創路がモテまくり。
タイトル通りというか、
ジムノペディが流れる即セックスだからと段々笑えてくる。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

DCの反撃開始だ!(ワンダーウーマンの時にも言ってなかったか……?)

バラバラだったチームが段々とまとまっていき、勝利する……。
ベタですが、いいもんですよ。

んで、
スーパーマンの復活ですが。
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.8

う~ん。

サスペンスなんですが、とにかくラストの解決したんだか、なんなのか、
もうハッパーエンドなのか、バッドエンドなのか、全部が有耶無耶な感じで、すげー。

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.6

なんだかんだで1本の映画にまとめたシン・ゴジラは流石なのだな、と。

あと虚淵脚本らしさは割と微妙か?鎧武でVS仮面ライダーしてたけど、今作ではリスペクトに徹底したのかしら。

まあ次もみますが。

HiGH&LOW THE MOVIE3 / FINAL MISSION(2017年製作の映画)

3.5

拷問と爆発のシーンはよかったが……。

もっとハチャメチャでもよかった、
ような気もしたけど、自分が刺激になれてしまっただけなのかもしれない。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.2

2017/11/16

感動して泣いてしまった……。
途中退席して戻ってこなかった女の子の二人組も、戻ってくればよかったのに……。

青春……というか少年時代の冒険と、
最恐なホラーの一粒で二度美味し
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.4

ガンガンと登場人物が死亡(?)していく展開は面白いが……、
それ以外割とビミョーですな。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.8

予告の期待値を大きく上回る出来で大大満足ッス。

あとやっぱり、デスとトロイの人のくだりには思わず涙でしたね。

シリアスとコメディのバランス、完璧な伏線の回収、
毎度毎度MCUのクォリティに脱帽です
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.1

ブレランが割と 静 だったので、明らかに 動 なこの映画を同じ日に。

アクション最高!
シャーリーズ・セロン最高!
レズセ最高!

撮影する側も激しく動いているであろうと思われる、
終盤の階段アクシ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

よかったです。少なくとも、ブレラン以降にでてきた「ブレランに影響受けた作品群」よりも、頭一つ抜けているのは確か。まあ制作リドスコなので当然と言えば当然なのですが……。

まさか二次元嫁とセックスする方
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.9

『メッセージ』、『ボーダーライン』と観て、「ああ、確かに今度のブレンランを撮ったという監督っぽいな~。じゃあ次は『複製された男』を観よう」と順調にブレランの予習ができていたのですが、中盤に雰囲気が黒沢>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

5.0

ソナチネSIDE-B。ソナチネ2.0。ピエール瀧のHANA-BI(?)。ファッキンジャップではなくファッキンコリアくらいわかるよバカ野郎(言ってない)なBROTHERネタまで。全部のせな作品。

とに
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.9

うーむヘビー、とにかく主人公が悪意の世界に対して無力無力無力……。
もう翻弄されっぱなし、可哀相なくらいに。

悪意に完全に敗北する映画として『悪の法則』が頭をよぎりましたが、
あっ!そういえば『ブレ
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

2.9

予告の期待を上回らず……。

アクションももっと見せて欲しかったかな。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.3

不意打ちの愛の物語で泣いてしまった。しかし最後に愛は……。

予定調和、
それも当然、
エピソード0的な立ち位置のこの物語で完結してしまってはエイリアンにつながらん。

そもそもプロメテウスが大好物だ
>>続きを読む

エイリアン/ディレクターズ・カット(1979年製作の映画)

4.6

凡人の発想だと、宇宙人と遭遇してすぐに話が動きそうな気がします。
しかし、この作品で最初に発見する宇宙人は、既に何かに殺られているという状態……。「ヤバいヤツを倒す、さらにヤバいヤツ!」という某少年バ
>>続きを読む

>|