yukarainenさんの映画レビュー・感想・評価

yukarainen

yukarainen

☆2019年も素晴らしい映画と出逢えますように☆

映画(107)
ドラマ(0)

ぼけますから、よろしくお願いします。(2018年製作の映画)

4.2

こんなに冷静に自分の親を撮影した(心中は分からないけれど)信友さんも、覚悟して、カメラ回したんだろうなと思った。

淡々としているだけに、リアリティ感ありました。

うちのばあちゃんも、デイケア行きた
>>続きを読む

いろとりどりの親子(2018年製作の映画)

4.1

家族との関係や周りの人との在り方について、考えさせられる、気づきがある映画だった。
よくわからないけど、ずーっと泣いてました。
日本人は、こんなに包み隠さず自分のメンタリティ、落ち着いて話できないだろ
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

どうしよう全然怖くない
不協和音的な雰囲気を全編にわたって意図的に漂わせた映画でした…。

変なタイミングで変な音楽流したり、不安になるような変な映像を流したり…。

人間の嫌な部分(イヤ汁)を集める
>>続きを読む

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(2017年製作の映画)

4.0

ゲスい小説家の闇部分がスクルージおじさんとして描かれたんだな…と。

貧乏 子沢山 妄想 ゲスい ロンドン 善良な友達しかもぽっちゃり…私が大好きなジャンルが全部詰まってました。

更にそこはフォーカ
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

4.0

今年一番のクレイジーな映画でした!

イライラと絶望と奇妙さ。
肉体はあくまで入れ物。
私たちには時間がない…てセリフにありましたが、そうだよなあ。と納得してしまった。
長さを感じさせない!なんちゅう
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.5

夫婦の愛情物語かと思ったら、とんでも壮大なストーリーだった。

ゴーストはゴーストでも、なんというか人の想いが残っちゃった系。

生きてる人は前を向いて歩かざるを得ないんですね…。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

すごい映画だった〜。
最後のライブエイド、その場に居たみたいな気分にさせてくれた…。

いつも思うけど、どんなにカリスマ性があったとしても、それだけでは上手くいかないんだなあと。タイミングや周りの人、
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

PC画面見てる斬新な映画ではあるけど、事件自体はそれほど斬新でもなく、あーあるよね、、、的な話だった…。

刑事ががなんかうさんくさかったり、そんなに家族に協力させるかな?て突っ込みどころ満載だったな
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

4.1

誰にでも、差別や偏見を持ってしまうことはあり、それによって傷つけられる人もいる。世の常でしょう。偏見や、未知のものに恐れを抱いて、排除したい気持ちは、持ってはいけないと思いつつ、人の行動特性なのかもし>>続きを読む

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.6

夜のタリーが訪問するあたりのオレンジの照明の感じが、自分の子供の頃を思い出させるような、親の立場も、子供の立場も、子育てしてる近しい人の気持ちにも想いをはせるきっかけみたいな映画。

タリー役の人、キ
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.2

とても良かった。
安室奈美恵引退も相まって、何だか、平成が終わるんだな〜って、夏の終わりが寂しくなるような、ずっと観ていたくなる映画でした。

大根仁監督、オリジナル版SUNNY好きなんだなあって、ひ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

映画愛と笑いが詰まってる作品だと思う!

役者さんたちもいちいち濃いw
楽しい、、、やっぱり映画館で観て欲しい作品。

いつもは空いてる映画館が、めちゃめちゃ混雑していて、人気ぶりを思い知らされました
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.3

目の保養になったので、あまりいろいろ言うまい、、、。

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.5

【備忘録】
主人公が、あき竹城に似てるなあ。

古典的なミステリー。
綺麗なエヴァグリーンが観れて、目の保養^_−☆

これが、かのロマンポランスキー監督の作品なのか、、、初鑑賞でした!

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

いろんな闇要素が垣間見える鬱作品。

ボーダーラインの脚本の人かと知って納得。

映画は私が知らない事を教えてくれるものだなあと改めて思いました。

そして、自然の前では人は無力で、なんともならん時も
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

ベタに泣かせる系かと思い、遠慮してましたが、意を決して鑑賞。

これは...いつ観るの、今でしょ!て感じの映画。

世の中イライラしてるから、これ観て、落ち着いてほしいなと。

物語は、オギーの話とし
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.9

めっちゃいい映画だった。

盛り上がりは無いけど、静かな感動。

人の善意とか、好きなものに取り組んでやり遂げる素晴らしさ、いつからだって新しい事にチャレンジすることができるってメッセージを感じました
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

虐待出てくるってだけでチキンなので見ないでおこうと思ってしまいました。

最近の事件と結びつけて考えてはいけないのだが。

この物語は、最後には社会的に正しい状態に戻したんだが、誰も幸せにはなってはい
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

鹿が人間みたいに思慮深い眼差しでこっちを見てくるのが印象的だった。

好きな人と同じ夢見れたら最高だけど、え!なんでこの人と???みたいな人ともし同じ夢見てたら、悪夢でしょうね。
好きな人、この人いい
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.2

知人に強く勧められた観賞。

安室さんの車が優秀すぎる 笑
なんかすごかった(*´-`)

爆薬使いが、ブルースウィリスあたりが出てる映画を彷彿とさせました。

相棒の脚本家さんが参加してるそうで、大
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

すごく面白かったけど、いろいろ感想とレビューに気軽に書けないというか書きたくないというか言葉で表現したくない感じの作品!表現し難い(*´-`)

監督の頭の中どうなってんだろう。(良い意味でです。)
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.5

今年は映画の当たり年なんではないかと個人的には思っており、このダンガルもわたしにとってはものすごい衝撃的な映画でした。

i tonya を鑑賞して間もないので、余計に考えさせられました。

トーニャ
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

スーパー定時で仕事を切り上げ鑑賞。

いやー最高のエンタメだったー。
登場人物全員クズw特にデブ童貞は別次元で、本当に笑えた〜〜。

でも、貧しいけれどお金がかかるスケートを続けさせたお母さんだったの
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.4

波乱の人生なのは理解出来たけど、何が彼女をここまで賭博ビジネスにのめり込ませたのかがイマイチ掴めなかった。

というかギャンブルになぜそこまでのめり込めるのか、理解出来ない。

モリーは頭も良くて魅力
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.3

サリーホーキンスの演技が上手い。
本当に体の節々が痛そう。

イーサン・ホークも野蛮な感じをうまく演じてた。

最終的に夫婦お互いにかけがえのない人になっていったというお話。
あんな気持ちになる人と死
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

ティモシー君の瑞々しさに胸が痛くなった。
LBGTを描いているけど、そのくくりに収まらない。良作だと思う。

人の寛大さとか愛情深さが描かれてると思いました。

暖かい気候で、裸で寝転んだり、その辺に
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.6

叔父さんをプーチンに似せすぎじゃないですか!?

ジェニファーローレンスがまあ美しくて美しくて、それだけで目の保養。

マネーボール(2011年製作の映画)

3.5

静かな中に秘めた情熱が、周りを大きく巻き込んで行く感じで、
野球詳しくない私でも楽しめました。

ビリーの自分の人生の選択への後悔が、今までの野球界になかったものを取り込み、実践するという考えにに至っ
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8

とても良かった。
短いけど緩急があって、グワッと迫る感激は無いけれど、主人公の気持ちに寄せて見れる話でした。共感と応援したくなる気持ち。心に栄養が届く感じですな。

主人公にみんな自分を重ねちゃうんじ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

報道の自由についてや、国家の隠蔽が明るみになる話ではあるんだけど、一人の女性の決断するに至った過程を描いているお話に私は思います。

経営者でもあるけど自分の良心に従い、結果良い方向に転んで良かった。
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.3

無茶苦茶すごい映画だった!

鬼気迫るとはこの事だと思う。
演説のシーンでは思わず涙しました。

愛国心て気軽に言いますけど、深い言葉ですよね。

タフにならなければ、、、気概を持ってやりとげなければ
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

すこし前に見たシェイプオブウォーターの半魚人の方が私には可愛く見えました。
たまご食べてたし。

こっちは少女の可愛い外見だがしかし
真性の肉食。
人間はエサ。しかも心臓しか食わない。

まあ食い散ら
>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

選択可能だった未来はいくつもあった筈。
自分で決めて進んで今がある。
もちろん不可効力もあるが、あの時こうしていれば、、、ていう万人の想いを映像化している作品なの?だと理解。

難しい話だった〜。理解
>>続きを読む

>|