yukarainenさんの映画レビュー・感想・評価

yukarainen

yukarainen

2018年だ!

映画(93)
ドラマ(0)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.3

目の保養になったので、あまりいろいろ言うまい、、、。

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

3.5

【備忘録】
主人公が、あき竹城に似てるなあ。

古典的なミステリー。
綺麗なエヴァグリーンが観れて、目の保養^_−☆

これが、かのロマンポランスキー監督の作品なのか、、、初鑑賞でした!

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

いろんな闇要素が垣間見える鬱作品。

ボーダーラインの脚本の人かと知って納得。

映画は私が知らない事を教えてくれるものだなあと改めて思いました。

そして、自然の前では人は無力で、なんともならん時も
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

ベタに泣かせる系かと思い、遠慮してましたが、意を決して鑑賞。

これは...いつ観るの、今でしょ!て感じの映画。

世の中イライラしてるから、これ観て、落ち着いてほしいなと。

物語は、オギーの話とし
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.9

めっちゃいい映画だった。

盛り上がりは無いけど、静かな感動。

人の善意とか、好きなものに取り組んでやり遂げる素晴らしさ、いつからだって新しい事にチャレンジすることができるってメッセージを感じました
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

虐待出てくるってだけでチキンなので見ないでおこうと思ってしまいました。

最近の事件と結びつけて考えてはいけないのだが。

この物語は、最後には社会的に正しい状態に戻したんだが、誰も幸せにはなってはい
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

鹿が人間みたいに思慮深い眼差しでこっちを見てくるのが印象的だった。

好きな人と同じ夢見れたら最高だけど、え!なんでこの人と???みたいな人ともし同じ夢見てたら、悪夢でしょうね。
好きな人、この人いい
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.2

知人に強く勧められた観賞。

安室さんの車が優秀すぎる 笑
なんかすごかった(*´-`)

爆薬使いが、ブルースウィリスあたりが出てる映画を彷彿とさせました。

相棒の脚本家さんが参加してるそうで、大
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

すごく面白かったけど、いろいろ感想とレビューに気軽に書けないというか書きたくないというか言葉で表現したくない感じの作品!表現し難い(*´-`)

監督の頭の中どうなってんだろう。(良い意味でです。)
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.5

今年は映画の当たり年なんではないかと個人的には思っており、このダンガルもわたしにとってはものすごい衝撃的な映画でした。

i tonya を鑑賞して間もないので、余計に考えさせられました。

トーニャ
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

スーパー定時で仕事を切り上げ鑑賞。

いやー最高のエンタメだったー。
登場人物全員クズw特にデブ童貞は別次元で、本当に笑えた〜〜。

でも、貧しいけれどお金がかかるスケートを続けさせたお母さんだったの
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.4

波乱の人生なのは理解出来たけど、何が彼女をここまで賭博ビジネスにのめり込ませたのかがイマイチ掴めなかった。

というかギャンブルになぜそこまでのめり込めるのか、理解出来ない。

モリーは頭も良くて魅力
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

3.3

サリーホーキンスの演技が上手い。
本当に体の節々が痛そう。

イーサン・ホークも野蛮な感じをうまく演じてた。

最終的に夫婦お互いにかけがえのない人になっていったというお話。
あんな気持ちになる人と死
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

ティモシー君の瑞々しさに胸が痛くなった。
LBGTを描いているけど、そのくくりに収まらない。良作だと思う。

人の寛大さとか愛情深さが描かれてると思いました。

暖かい気候で、裸で寝転んだり、その辺に
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.6

叔父さんをプーチンに似せすぎじゃないですか!?

ジェニファーローレンスがまあ美しくて美しくて、それだけで目の保養。

マネーボール(2011年製作の映画)

3.5

静かな中に秘めた情熱が、周りを大きく巻き込んで行く感じで、
野球詳しくない私でも楽しめました。

ビリーの自分の人生の選択への後悔が、今までの野球界になかったものを取り込み、実践するという考えにに至っ
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8

とても良かった。
短いけど緩急があって、グワッと迫る感激は無いけれど、主人公の気持ちに寄せて見れる話でした。共感と応援したくなる気持ち。心に栄養が届く感じですな。

主人公にみんな自分を重ねちゃうんじ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

報道の自由についてや、国家の隠蔽が明るみになる話ではあるんだけど、一人の女性の決断するに至った過程を描いているお話に私は思います。

経営者でもあるけど自分の良心に従い、結果良い方向に転んで良かった。
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.3

無茶苦茶すごい映画だった!

鬼気迫るとはこの事だと思う。
演説のシーンでは思わず涙しました。

愛国心て気軽に言いますけど、深い言葉ですよね。

タフにならなければ、、、気概を持ってやりとげなければ
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

すこし前に見たシェイプオブウォーターの半魚人の方が私には可愛く見えました。
たまご食べてたし。

こっちは少女の可愛い外見だがしかし
真性の肉食。
人間はエサ。しかも心臓しか食わない。

まあ食い散ら
>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

選択可能だった未来はいくつもあった筈。
自分で決めて進んで今がある。
もちろん不可効力もあるが、あの時こうしていれば、、、ていう万人の想いを映像化している作品なの?だと理解。

難しい話だった〜。理解
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

とても泣きたい時には良い。

ディズニー崇拝者じゃないし、むしろアンチなんだけど、今回の作品は良かった。

舞台がメキシコそしてメキシコ文化なのも良かった。個人的にグッときた。

字幕版で見たけど、日
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

あああこういう商業的な映画は私好きになれないかも、、、て観るまでは思っていたけれど
とても興味深い映画でした。

何よりゲットアウトのダニエルカルーヤを見つけてからは、勝手に知り合い気分で懐かしい気持
>>続きを読む

ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男(2016年製作の映画)

3.7

生み出す作品は鮮やかだけど、ドリスさん自身が割とトラッドな装いなのが、私個人的には好感度高かったです。


モデルさんや、ファブリックの豪華絢爛さ、かなりの目の保養になりました〜〜(^^)ただただため
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

半魚人が妙に作り物くさい外見で(あえてそうしてるんだと思う)、中途半端に中に人間入ってるよね?臭が抜けなくて、、、

ずーっと気になってしまい、物語に入り込めませんでした。

なぜあんなにマッチョなん
>>続きを読む

ジャコメッティ 最後の肖像(2017年製作の映画)

3.4

アーミーハマー美しいのお。芸術家が芸術家たるゆえんよね。勝手なのは。

みんなもっと我がままにならないと、何がしたいのか、何を生み出したいのかわからないよね!
と思いました。凡人はこんなに突き詰めない
>>続きを読む

ストレイト・アウタ・コンプトン(2015年製作の映画)

4.0

終わり方があまりにも悲しくて
ドラマティックとも違う、淡々としてるけど、切ない。

現代に生きるイージーEをみたかった。
頭が良くて面倒見が良くて、センスがあってカリスマだったんだろうなー。

音楽業
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.3

あと2回は劇場で見たい‼️

メッチャ良かった。
脈略もなく突然歌い出し、踊り出す、、、

重たく考えないで、音楽とカラフルな世界に浸れる作品。

ヒュー様の代表作になるのではないでしょうか。

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.9

【備忘録】

オリンピック開会式を観ていたら、言葉の響きが懐かしくなって鑑賞。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

もう途中からずーっと泣きながら鑑賞。

押し付けじゃない感動。
なんてことない日常が実は一番尊いんだ。
てありきたりの言葉だけど、これしか思い浮かばない、、、。

余談だけど、クラウドファンディングで
>>続きを読む

謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス(2016年製作の映画)

3.5

高熱で寝込んだ時の悪夢みたいな絵なんだけれども、人々を魅了してやまない訳を、いろんなスペシャリストが、見解を述べている映画。

絵を熱心に鑑賞する人たちの顔を、これだけ真面目に観ることってあんまりない
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.9

昨今のフェイクニュースや、文春砲など、真実って何だろうと、回らない頭で一生懸命考えるきっかけを与えてくれたように思います。

弁護団の有能さを観るだけでも、胸キュンというか、スカッとです。

わかりや
>>続きを読む

不都合な真実2:放置された地球(2017年製作の映画)

3.5

アルゴアの情熱大陸的な映画。
ドキュメンタリーだけど、ちょっとドラマティックすぎかも。

前回の不都合な真実から10年。リーダー育成や、啓蒙など、温室効果ガスを減らす取り組みには頭が下がるの一言につき
>>続きを読む

悪魔祓い、聖なる儀式(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

サタンに取り憑かれたら大変だな!
以下、鑑賞してわかったこと

・悪魔は世界中にいる
・テレフォン悪魔祓いをする神父様もいる
・みんな本当に自分や家族の症状に悩んで、正に神にすがる気持ちで教会に祓いに
>>続きを読む

>|