ななこっぺさんの映画レビュー・感想・評価

ななこっぺ

ななこっぺ

映画(114)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

3.8

子どもらしく自分らしく振る舞える相手に巡り会えた奇跡。この時代の映画は情景も時間の流れも美しいなあ。デクスターのママが好き。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.4

ドルビーアトモスで。映画として楽しみました。あとはもうLive DVDで盛り上がるのみ。

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.2

安定の面白さ。安定のエンタメ。
と言いつつ…ごめんなさい!
正直、もっと面白いのかと思ってた!笑

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.6

安心安定で良い女なジェシカ・チャステイン様…異性から見ても魅力的でありながらら、同性から見ても圧倒的なカリスマ。憧れます。

レインマン(1988年製作の映画)

3.8

ダスティン・ホフマンが本当に可愛い。最後の電車のシーン…トム・クルーズが兄弟愛に溢れた優しくて甘えたいような弟の顔になるのが好き。

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫(2017年製作の映画)

4.8

IMAX鑑賞。素晴らしい臨場感。何度観てもアマレンドラとデーヴァセーナは最高。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.2

ジェシカ・チャステイン様が素敵すぎ。キャメル色のコートに憧れてしまう。どちゃくそ面白いです、この映画。

普通の人々(1980年製作の映画)

3.0

「この人のキャパシティを超える子どもであってはいけない」と自分に言い聞かせて育った私には、主人公の気持ちが痛いほどわかる映画でした…

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.3

考えることを放棄してはいけないなーと考えさせられた。スティーブ・カレル好き。

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

4.0

ストレートに前向きに慣れる映画に久しぶり出会った気分。主人公のコスティア・ウルマンが可愛くて愛着湧きます。ときおりものすごくカッコいいですし。

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.4

安定のジムキャリー。体張りまくってくださってます。

画家と庭師とカンパーニュ(2007年製作の映画)

3.0

画家と庭師。奥さんっていいなあ。
眩い緑に癒される映画。犬が可愛い。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

ユアン・マクレガーのお顔が大切なものに気づいた瞬間から変わるの。あの頃の少年クリストファー・ロビンの瞳になる。それがすごい。

いろんなところで涙が滲んでしまった。

劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~(2018年製作の映画)

3.0

連載開始から漫画を読んでます。大人になった今でもやっぱり夏目貴志くんは理想の男の子だなあ。

音楽の付け方がとても丁寧だったなあ。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.3

あの車のレストラン?バー?行きたい!
踊るユマ・サーマンが魅力的。長いと思って見てたはずが、最後はもう終わり?!と思わせちゃうのがすごい。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

1.5

苦手です。ほんとうに苦手。ムーニーが可愛くなくて可哀想だった。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.8

ジム・キャリー大好き。
ガタカと同じ脚本家と聞き納得。

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

3.8

人間の尊厳とは何か。チーフが最初から最後まで可愛い。

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

3.8

無防備なブラピの美しさ。アンソニー・ホプキンス演じるビルの言葉が素敵。美しい。

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.8

オリーヴちゃん最高に可愛い。黄色いワゴンに私も走って乗り込みたい。

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.0

ダスティン・ホフマンの優しい目が好き。即興芝居が主と聞いてびっくり。とりあえずフレンチトーストが食べたい。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

5.0

最も好きな恋愛映画。

「もし神さまが存在するなら、人の心の中じゃない。人と人との間のわずかな空間にいる。たとえ理解できなくても、かまわない。相手を思う心が大切」

恋する惑星(1994年製作の映画)

3.3

石けんやらタオルやら、部屋にまで話しかける…トニー・レオンよ、可愛すぎか。

>|