烏肌実さんの映画レビュー・感想・評価

烏肌実

烏肌実

映画(258)
ドラマ(6)

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

凄惨な展開の中で輝く小松菜奈ちゃんがそこにいた。
偶像崇拝禁止のキリスト教に踏み絵は有効なのか?という疑問を拭えない不勉強な私もそこにいた。

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

刑務所に入ると高確率で筋骨隆々の男性に掘られるので気を付けようぜという教訓が詰まっていた。本旨は異なる。

ビル・カニンガム&ニューヨーク(2010年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

夢中になるものを置き換えたら、共感出来る生き方かもしれない。
とりあえずビル・カニンガム自身の服装は自然だし小粋でとても良いと思った。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

抜群の色彩感覚とテンポの良さと音響配置とコミカル/残虐の配合率でウェス・アンダーソン節炸裂してた。
猫派だけど犬もいいよね。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

作り物感が全然ない。
序盤で飲み過ぎた奥さんが吐いたゲロすらリアルだった。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

やはりアダムドライバーかっこいい〜
自分はアジア人だし、黒人に憧れているし、同性愛やフェミニズムに偏見無いからKKKの気持ちは分からないけど、友達と大勢で焚き火をする楽しさは分かるよ。

808(原題)(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

What a dope 歴史教材、Beastie Boysの絡みのとこ笑う

リアリティのダンス(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ハイパーマジキチポエトリーエキセントリック形而上学!

スモーク(1995年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャケのシーンそこかーーっつって少し泣いた

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

今更観た。
鮮やかな展開とみんな煙草をうまそうに吸うところが好感度高い

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ぽっさん好演。自然なドモりの演技って難しそう。
原作が大好きなのでまた読みたい

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

カウリスマキ初体験。

「素敵な荷物が運べた。金なんか要らない」が特に粋。

控えめな感情表現とユーモア、社会性と哀愁が渾然一体となって独特〜。他も観たいどす。

ギター弾きの恋(1999年製作の映画)

3.7

ラストシーンまで見て「わかる、わかるよ」だけ言うbotになった

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.9

画も音もアートワークもめちゃめちゃ格好良い。
渋くて沁みるchet bakerの伝記。久々に聴こ

SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

こんなの刺激をうけまくりたくりたおしまくるしかないじゃんっつってた。
ら2時になってた

日日是好日(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

耳でも楽しめる素敵な音が沢山鳴る。
静謐で美しく、儚いが力強い。
茶室が欲しくなるし、茶菓子は大変うまそうだ。煮物も。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

中盤までのノリ最高に好き。
「時計回りに」は勉強になった(なってない)

ラッキー(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

会話も構図も音楽も、そして伏線を綺麗に回収する展開も見事。

最後にジジイが笑うシーン、グッとくる。

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

多分狙ってないけど最後の方『スパルタカス』を彷彿とさせるシーンでフフってなった。

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

英国らしい冷たい質感。発音は聴き取り辛い。
「悲しい」では済ませちゃいけないような、示唆に富む映画。
隣人が良い奴で好き。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

設定は良い。胸糞は悪い。

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

和牛ショックで全く頭に入らなかったけど、全編通してしっとりした感じな様子の雰囲気。
ビートレスのアンビエント、味の無いおかゆ、直立した茶柱。を見つめる私。を見つめるデグー 。
そういう映画だった。原作
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

これほど悲しくて美しい、冬の夜に相応しい映画は観たことがない。
心がぐしゃぐしゃになった。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ファニーでナイスなゾンビ映画、怖くなくてよかった

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

原作先に読まない方が楽しめたかもしれない。演奏には万雷の拍手

タイタニック(1997年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

遠い昔に観てた

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

凪くんがかわいかった

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

展開が雑で入り込めない、父バーフバリは生き様がかっこよかった。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なんでだジジイーーー!って思わせながら幕を閉じる作品のひとつ

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ARの中でトムホくんがやられまくるシーン、凄くよかった

>|