りさんの映画レビュー・感想・評価

り

音楽がメインテーマの一つになっている映画には弱い。

映画(89)
ドラマ(0)

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.4

哲学

森の中やロンドンの街を動き回るプーさんたちのかわいさ100点
持っていると幸せになるから欲しいんだよね…わかる〜!プーさん友達になってくれないかなぁ
イーヨーめちゃめちゃカワイイ

ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談(2017年製作の映画)

2.7

珍しくないエンディングとはいえなるほど。普通。
想像していたよりもホラーだけど、ホラーにしては物足りないかも。
みんな演技が上手いなー

海洋天堂(2010年製作の映画)

2.2

ファンタジー

伝えたいメッセージはなんとなくわかるし、やりたいこともわかる。でもちょっと美しさを強調されすぎていて好みじゃなかった。
最後のイメージビデオみたいな映像なに?いやわかるけど。

父親役
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

2.9

この映画よりも「ブリグズビー・ベア」のテープが見たい。テーマ曲がクセになる。
笑えるシーンも多く面白いだけに、誘拐の設定が気になる。いや、いいんだけど、いいの!?

自分が好きなものを理解してもらえる
>>続きを読む

パンダコパンダ&パンダコパンダ雨ふりサーカス(1973年製作の映画)

4.4

カワイイ。カワイイの洪水。
パンちゃん!!!!!!!
カワイイーーーーーーー
何度見ても新鮮なかわいさがあります。

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.7

ありきたりな設定だけどベタベタしたところがなく、主役である全くタイプの違う女子高生2人の凛とした姿が素敵だった。
遠い昔の友情と現在のまだ友情とも呼べない2人の繋がりが交差する場面、好き。
渡辺真起子
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.3

どこまでも広がる雪原を走るスノーモービルの跡。孤立した場所で生きる厳しさが感じられる風景で良かった。
気分が悪くなるような事件も、突然始まる容赦のない銃撃戦も、自然に委ねられた犯人の行く末も、あの環境
>>続きを読む

タイニー・ファニチャー(2010年製作の映画)

2.6

ぼんやりしたやりたい事に対してなりふり構わない程の情熱もないし、自信もない。なにか行動しなければいけないこともなんとなくわかるけどそんなに頑張れない。
22歳女性の人生の一部をただ丁寧に切り取ったみた
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

「人生どころか毎日の生活さえままならないしこの先どうすればいいのか全く見当もつかないけど、そんな日々の中にも最高だと思える瞬間は確かにあってそんな一瞬の輝きに心を救われたり、よくわからないままもがいて>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.6

面白かったし怖かった。
島を去る場面やオークションでは人間の身勝手さを思い知らされるのに、同じように人間が作り出した恐竜に対して早く倒れてほしいと思ってしまう身勝手に気がついてハッとさせられる。

>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.3

最初から最後まで面白かった!
冒険・友情・ロマンス・出会いと別れ・裏切り、少年漫画のよう。
軽くキザに見せるけれど情に厚い、そんなハン・ソロのまだ若さの残る純粋な部分も感じられてすごく好きな人物の一人
>>続きを読む

追憶と、踊りながら(2014年製作の映画)

3.3

言語の壁は確かにそこにあって、それでもその壁を越えて分かり合える瞬間も同じようにあって。
そういう瞬間を積み重ねたり、わからない言葉でも理解しようと相手をじっと見つめる姿とか、という部分で好き。

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.3

最高に大好き!

自意識に振り回されて、周りの人にも上手く振る舞えず、何もかも気に入らなくて、痛々しくてちょっと嫌なところのある女の子なのに胸が痛いくらいわかる、わかる。
本当は誰もが惨めで空虚でそれ
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく」(2017年製作の映画)

3.6

祝福の舞台。ファンファーレ。
わかるかわからないか、で言えば80%くらいわからない。

何かを失っても、どれだけ苦しくても、完璧でない世界に折り合いをつけて前に進むしかない。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.3

めちゃくちゃ面白かったぁぁあ!
最後まで途切れない緊張。出てくる人たちが常に冷静でなく、怒りや憎しみの感情に任せて行動しているから、エーーーッ!と思いながらも一つの凄惨な事件に関わることで周りの人がこ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.2

最初から最後まで、仄暗いおとぎ話。ハッピーエンドでよかった。

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.7

静かだけど緊張感があって引き込まれた。

序盤は主人公の押せ押せがスゴくてウワー!と思ったけど、それを声を荒立てずきちんと道筋を示し、勝訴という目的の為に仕事をする、という形で納得させるまでの過程が良
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

2.6

「レイとルークとレン」「フィンとローズ」「レジスタンス艦隊の逃走」が分断されすぎていて終盤へ向けてあまり盛り上がれなかった。それぞれの物語が繋がった時の感動がない。

様々な再会の場面は素直に感動。ル
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.9

優しくて、切なくて、少し辛い。
切り取られた何気ない日常の愛おしさが爆発している。こんなに愛おしい場面が多い映画なかなかないのでは。

悔しさが通り過ぎるのをただ待つりんこさんのかわりに涙を流すともち
>>続きを読む

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

3.0

面白かった。shame,shame,shame,shame……

スチューのゆるさと愛され具合が、今まで見たどの映画に出てきた人よりも普通でどこにでもいそう感が絶妙。

シャーシャー喧嘩するヴァンパイ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.7

キャストも列車内の装飾も華やかで目が楽しい。特にラストの謎解きシーンは絵画のようで列車を背景にしたポアロがひたすらかっこいい…!

ただ中盤の狭い密室で取り調べが続くあたりは、あまり動きがなくて少し眠
>>続きを読む

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(2017年製作の映画)

3.2

オーズの「いつか、もう一度」が丁寧に描かれていて感謝。本編の台詞や最終回のアレコレが拾われていてただただ泣く。

ただレジェンドライダーが出演するだけじゃなく、万丈龍我の葛藤に絡めて闘ってきた背中を見
>>続きを読む

アンダーグラウンド 完全版(1995年製作の映画)

3.1

なっがい。
でも最後まで飽きることなく観られた。

戦争という大きな壁で隔てられた生活。上には上の世界が、下には下の世界が。どちらの国もなくなってしまったけれどそこには人々の生活があって、まさに悲喜劇
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「ヘッダ・ガーブレル」(2017年製作の映画)

3.0

19世紀に書かれた戯曲が違和感なく現代に落とし込まれていて、二幕前のインタビューでやっと気がつく。すごい。

自意識が強くて、自信がなくて、無力感に満ちていて、勝気で、無邪気な悪意があって、悲観的で、
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.1

どこが良かったか、面白かったか、ストーリーがどうとか、一切説明出来ないけれど観て良かったと思う。

出てくる人たちがみんなかわいくて好き。悩みや辛さや痛みがわからないけどわかるよ、って感じ。

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.8

IMAX次世代レーザーにて。

なるほど、これは戦場に放り込まれた気分。最後まで銃声や爆撃、人の気配に怯え続ける緊張感。

戦争に若い青年が巻き込まれる悲惨さとか、極限に追い込まれた人間の愚かさとか、
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「一人の男と二人の主人」(2011年製作の映画)

3.1

バンド!バンド!バンド!
開演前や二幕前、舞台転換の度にステージ上でかわいいバンドが演奏していて楽しい。
上手と下手に分かれて演奏/待機しているのも好き。

今までのNTLにあったようなブラックな笑い
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

良い。
物語に出てくる三人の女性がそれぞれのやり方で自分に見合った仕事を勝ち取る姿に小さくガッツポーズしてしまう。

人種差別の描かれ方にハッとした。差別されている人達がいることが当たり前の日常になっ
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2017 「誰もいない国」(2016年製作の映画)

-

わからないものを楽しむ気持ちで行ったら予想以上にわからず寝た。
わかる/わからない、ではないんだろうけどわからない……わからないなりに面白いなと思うところもあって、芝居が上手いのはわかる。

終幕後の
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

2.6

ご近所のヒーローなスパイダーマンが、サッパリ鑑賞できるマーベルという感じで良かった。

若さゆえの、で許される範囲!?とも思ったけど若さゆえでなければ全く許されないかも。
ラストの展開にはニヤっとして
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

3.9

好き。

バレエどころかダンスにもほとんど興味がなかったけれど、こんなに人の心を動かすダンスがあるのか、と。
語られる過去や苦悩が生々しくて痛々しくて、これを映画として鑑賞した時に手放しで面白かったと
>>続きを読む

>|