イシダさんの映画レビュー・感想・評価

イシダ

イシダ

映画(350)
ドラマ(10)

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.9

最後のシーン、5秒後くらいからじわじわ感情が湧き上がってうわ〜ってなる。
あと2人とも指に癖があるのが面白いなって思った。
ドランの言い合いとか感情がぶつかり合ってる場面と母子の関係の描き方が好き。

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

5.0

凄かった
今はこんな技術があるんか
第一次世界大戦の映像やのに、第二次世界大戦の映像か映画見てるって勘違いするくらいやった
教科書とか早送りの映像でしか見たことなかった第一次世界大戦がほんまにあったこ
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.9

やっと見れたけど二本立てで見た彼らが生きていたとごっちゃになってる
それくらいリアルやったんかな
戦争では殺すか殺されるかのどっちかしかないっていうのが嫌でも伝わってくる

キャビン(2011年製作の映画)

4.8

ハッピーデスデイみたいにただのホラーじゃ終わらんところが面白いしすっきりする
もう一回細部までちゃんと見たい

先に愛した人(2018年製作の映画)

5.0

久しぶりに映画見たが良えな
麻婆豆腐食べながら見るのも良かった
色彩と落書きみたいなんが可愛くて好き
死の悲しさに溺れるんじゃなくてどうしろって言うん?って感じなんが余計心にきた
あと1万年出すのはせ
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

5.0

この映画めちゃくちゃ好きやし最高
どの登場人物も魅力に溢れすぎてるし、みんな自分のこと好きになろうとしてるのが良いな
とりあえず見て!!

インセプション(2010年製作の映画)

5.0

自分も違う階層に入れられてるみたいやった
そしてテネットの映像からノーランに泣かされた
泣いたわ〜みたいな感じじゃなくてキックみたいな強いもので泣かされた
ノーランが力加えて私たちがそれを被ったって感
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

4.7

音楽の方ばかり宣伝されてたけど、視覚の方も凄かった
むしろそっちの方が印象残ってる
特にパーティのキラキラかパトカーの光か分からんくなる感じと、全体的に暗いというか映画っぽい明るさがなくて影を撮ってる
>>続きを読む

少年(1969年製作の映画)

5.0

は〜すごいな〜
カラーとモノクロ・青がかったモノクロの切り替えが効果的で、それによって長靴と額の血が最後まで印象に残る
はっきりとあの夫婦それぞれの背景や抱えてる問題が描かれてないし貧困!って全面に押
>>続きを読む

儀式(1971年製作の映画)

4.8

公開された当時の人はこれ見てどう感じたんか気になる
戦争が終わってすぐのごちゃごちゃした時よりもそれが落ち着いてもう戦後ではないって切り替えられた時の方が戦争の後の不気味さがあるな〜と思った
親戚の関
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.0

マーベル作品一作も見ずにインフィニティウォー見たって感じ
後でお母さんに言われてキャラデザのハイジ感に気づいた

アス(2019年製作の映画)

4.9

考察が楽しいー!!!
1人で映画館が多いけどzoom通して色々言いながら見てその後会議するのも良いな

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

知識と思考の賜物
ちゃんと見たことなくてむしろ見てないに等しかったんやけど、こんなにも壮大…?って驚いた
物語に何重もの層があって厚みがすごい
テーマの生きろも1番強くて好き
どれだけ知識あったらこん
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

5.0

まずキャストが最高
ティモシー作中で女性に囲われがちやな

見る前はジョーが結婚せえへんのはしちゃったら自分が消えてしまう可能性があるからと思ったらそれだけじゃなくてジョーのローリーに対する思いがちゃ
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.9

これは日曜日の映画
何度でも見たい

誰かがアダムドライバーは決して手に入らない日常みたいなこと言っどったけどほんまそれな〜〜って感じ

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.7

ダンスシーンかっこいいけどドラッグ
映画がドラッグしかもバッドトリップする方の
途中でクレジット流れるのが余計それを増長させてる

初恋(2020年製作の映画)

4.9

肉肉しいのを久しぶりに見た
個人的に染谷将太が最高やった

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

5.0

やっと!見れた!!
ドランのアップで撮るの私はロランスの時ちょっと酔うかな〜って感じやったけど多分慣れてむしろそれが好きなった

カイラ役の人ここまで雰囲気変わるんやって思った

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.8

全体的な色のトーンが優しい

気のせいかもやけど、2人の大事な場面でウジン女性の時多い気がした

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

4.8

ただ殺しまくるやつなんかと思ったら全然違ったしアメリカンサイコってそういう意味ねってなった
もう一回見直したくなってきた

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

5.0

言葉を紡ぐことの美しさと重さを改めて感じられる
三人の、明確じゃない関係で傷つくことが多いけどそれでも良いと思える

エリーとお父さんの表情が好き

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.8

感情を上から降ってくる何かで表現してるのが新鮮だった
基本アップだから物語が進むにつれて登場人物の表情や顔つきが変化していくのが細かく見れた

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

5.0

2も全然面白かった
はいはい死ぬ死ぬってなった時のツリー大好き

>|