うまむしさんの映画レビュー・感想・評価

うまむし

うまむし

映画(37)
ドラマ(0)

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.1

アカデミー賞視覚効果賞を取るのも納得の高品質のホラー映画

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

1.5

シナリオはありきたりで想像の域を超えず、オマールシーのpopさもこの映画では空回りしており、思わずファッキンテンポ!て叫びたくなるほど退屈な映画。
友人のゲイ特性も全く上手く表現できてないしなんだかな
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

アーロンテイラージョンソンがmagic!みたいな見た目になっててウケたイケメン化しすぎやろ笑 映画のセリフ一つとっても無駄なところない。「その時何を言っていた?」て所に全て尽きる…。

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.4

SWみたく豪華な同窓会になるのでは?と不安だったけど、考察の余地ある内容で非常にgood。複製された男といいヴィルヌーブ信者です。今作はウォレス社が提供してるだろうイモムシプロテインで作られた人工食品>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.7

仕組みを理解するには分解することが一番手っ取り早いというセリフにあるように、アイデンティティから身辺全てバラバラに。失われて初めて気付くてのは陳腐すぎだし受動的すぎ、もがいてこそ。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

プライベートライアンよりはまだ生き残れるやもと思えたけど、それなりに絶望感あったし金はかかった戦争映画。ハリースタイルズの追い詰められると途端に性格のカスさがでる演技上手。なんか素もそんな感じしそうだ>>続きを読む

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

3.2

淡々と自分のペースを続け周りに関心を示さないことが生き残る方法。アイロニーたっぷりディストピア映画。

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

4.5

現代病である他人への無関心、このテーマに沿って見ると凄まじく面白かった。特にラスト、そして名刺交換

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

インド印の超大作!
ミュージカル形式で踊り出すんだけどカット割が本当に素晴らしくて何回も再生しちゃった。心から明るくなれるし、感動もする。ラストの清々しさ。本当にいい映画!

横道世之介(2013年製作の映画)

4.3

横道世之介が愛おしすぎて涙がでる。ほんわかした映画だったので、虚無感が半端ない。

第9地区(2009年製作の映画)

3.6

退屈せず観れた、内容も真新しいし、ハラハラしました。

ひゃくはち(2008年製作の映画)

4.8

涙無しには観ることが出来ない名作。役者ひとりひとりが本当に高校野球児として自然。劇中の音楽も秀逸。不謹慎だけど喜べというところにタイトルをかぶせてるあたり深いと思いました。

潔く柔く(2013年製作の映画)

4.0

漫画原作の映画なので話を詰めてるから飽きることが全くありませんでした。細かく突っ込んだらいまいちよく分からないところも有りますが、前半の発言を後に繋げたりと話の構成は素晴らしかったです。岡田将生の素と>>続きを読む

ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年製作の映画)

3.7

堺雅人が髪型合わせてかっこいいのと竹内結子が可愛すぎた。この役の竹内結子が観たくてドラマまで手を出しちゃいそう。

ワルキューレ(2008年製作の映画)

4.5

ファーゴみたいに実話といいながら嘘だろ!て思いながら観てました…笑 命を賭けた駆け引きの緊張感が凄く伝わってきた。なによりラスト付近の全てを悟ったトムの表情が凄くリアル。せめて家族に電話させてあげたか>>続きを読む

アドレナリン(2006年製作の映画)

3.5

ジェイソンステイサムじゃないと成り立たない映画てことは十分理解した笑

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.8

アトラクションとしては超A級!
話なんか気にせず気楽に楽しめたら勝ち!

ヴェルクマイスター・ハーモニー(2000年製作の映画)

4.0

ひとつひとつのシーンが長くモノクロなので内容どうこうよりも映像として頭に残ります。執拗なまでに繰り返されるサウンドがこの映画の骨格なんですかね。

モンスター上司(2011年製作の映画)

3.5

気楽に観れて面白かった。でもちょっとグダッてたかも。けしてテンポよいわけじゃない。

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.8

キントが怪しいのは配役がケヴィンスペイシーだし、明らかなんだけど、ここが話の構成の素晴らしいところあらゆる可能性を考えながら楽しく観れました。

ゴモラ(2008年製作の映画)

3.5

ナポリの裏の表情をみれる話。スカーフェイスに憧れてマネをする様なまだまだ子どもが一丁前に銃もって麻薬に絡んでるの怖い。周りの環境て大事。

完全犯罪クラブ(2002年製作の映画)

2.6

なんかチープ感が否めないかなー。なんか警官のトラウマとなる過去と今回の事件を絡めてるんだけどいまいちまとまってない感。

フル・モンティ(1997年製作の映画)

4.1

所々、秀逸なギャグが光る!ラストは胸に残るいいエンディング、ほんわかした気持ちになる映画。

>|