おいけっちさんの映画レビュー・感想・評価

おいけっち

おいけっち

映画(191)
ドラマ(0)

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.3

複雑な感情が絡み合いすぎてずっと辛かった。その感情を引き出してくれたからこそ、ほんといい映画だった。俳優女優さんを含め映像が綺麗。

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.0

出演者が演技派出なかったらもっと駄作。
映画がいうように、完成したものに批評してしまった。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.8

断片的にしか見れなかったけどよかった。堅物だけれど、すごく真っ当。最愛の人の元へ行きたいのになかなか行かせてくれないおせっかいな周囲と優しすぎるオーヴェン。その対比とどんどん明らかになる過去。最後には>>続きを読む

もしも君に恋したら。(2013年製作の映画)

3.5

ポッター以外のラドクリフを見たくて。ストーリーがまとまっててよかった。主人公のブロンドの色大好き。主人公の絵が回想中に動くあたりがもの凄く海外映画感。男性の職業が医者だと少し現実味を帯びてしまう自分。

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.3

最も歴史が古く、最大規模のアニメーション映画祭 アヌシーで最優賞を獲得した作品。湯浅監督のアニメーションは海外クリエーターから人気が高いらしい。その奇抜なテイストは作品のアクセントになるから好きだ。け>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.0

どこか自分を見ているようで、それが一番苦しかった。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.3

役者、主題歌の宝の持ち腐れ感すごい。
男女共に目の保養。

のだめカンタービレ 最終楽章 後編(2010年製作の映画)

3.8

好きな人と比べて落胆したり、鼓舞されたり、共に肩を並べて歩いてみたり。
相手を見て自分も励みになってちゃんと認めてもらえるのって最高だな。

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.5

レジェンド達の贅沢な大暴れ。
まだまだかっこいい。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

4.0

誰しもが消したい記憶を上書きするように人は新たな経験をし新たな記憶を生み出す。消したい、と願っても上書きされない記憶こそが本物なんだろうか。

スナッチ(2000年製作の映画)

3.5

裏・キングスマンのような映画。二回観たらゆっくりと楽しめるやつ。最近イギリス英語のかっこよさに気づいた、やっぱり聞き取りづらいけど。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.5

全てがコンパクトでいい。動物が愛おしい。現実問題身近なサポート役がいる、と想像した時が一番心苦しかった。

主人公が終始、アメリカンドラマのSUITのルイス役にしか見えなかった。

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

3.3

暗い寝室の中小さなブラウン管で好きな人とベットに寝転びながらだらだら見たい感じの映画。内容というよりも空間を楽しむ映画。

トリガール!(2017年製作の映画)

3.0

せっかく関西住んでるのだから一回見に行ってみようかな。クロスバイク乗ってるからあの疾走感は分かる。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.5

綺麗なオムニバスだった。時空を超えて、というものは改めてアニメや本が優良でないかと思ってしまう現実主義。そう思うけれども良いと思える作品だった。

ドラえもん 2112年ドラえもん誕生(1995年製作の映画)

3.3

ビデオが擦り切れるまで何回も見てた。
自分が生まれた年にこんな未来予測をできるなんて想像力と夢に尽きる。夢のある現代の人の未来予測ってどんなんなんだろうな。

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.5

一回見ただけではなんのこっちゃわからないすっきりしない作品だ。深追いしないストーリーが回数見ても面白さを作り出す。マルクルを始めハウル、ソフィー、ヒン、カカシ等、愛おしすぎるキャラクターが勢ぞろい。

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.0

あんだけ容姿が似てるのに違う燃堂。声優さんの凄さを感じた。アニメとは別物としてみないといけない。

木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(2006年製作の映画)

3.5

青春。以前観ていた頃から時は過ぎてぶっさん達よりも年上になってしまった。

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(2005年製作の映画)

3.5

ひつじのショーンで今では知名度も上がったニック・パークのクレイアニメ。粘土で制作された作品をクレイアニメと呼び、ピングーやニャッキもそのうちの一つだという事も初めて知った。私の入りはもの心ついた時から>>続きを読む

バグズ・ライフ(1998年製作の映画)

3.3

なかなか報われない主人公にうずうずしていた。アリとキリギリス。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.8

前作に続き他の映画にはないだろう要素がぎゅっと詰まった映画。超絶紳士的なのにそれをぶち壊すリアルさ。イギリス帰りに見てて歩いたであろう場所がいっぱいでてきて楽しさが増した。

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.5

哲学的な作品。最近私に欠けているものな気がした。自分の感情がないわけではない。しかし言葉に出来なくなってきた。どこか投げやりだ。私は主人公とは違い何かを成し遂げたわけではない。どんなに辛くても死を選ぶ>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

とてもまとまりのある映画だった。
ありきたりな映画にしようと思えば出来る作品だが、役者の演技もあり登場人物の心情に入り込めた。子役の不機嫌そうな顔は何を言わそうピカイチだった。

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.3

歴史的にはものすごい快進撃なのだろうけど、どこか浅く感じてしまった。百姓には勿体ない器と何度も言うが、何も変わらないし変えようともしなかった。それがその時代士農工商の格付け社会の所以だったのかもしれな>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.4

珍しく原作読んだからよかったなって思えた部分もあったし、読んでしまったからこそ残念になる部分があった。全部が全部原作の方が良いって言い切れる作品ばかりじゃないんだろうけど、これは原作の方が切なさが比べ>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.5

後悔や犠牲の念と戦う事の強さ、わたしに一番足りないものを持っていた

ローラーガールズ・ダイアリー(2009年製作の映画)

3.5

映像がきれい。音楽がすき。
若いうちに失敗したはいっぱいしときな!

>|