ardantさんの映画レビュー・感想・評価

ardant

ardant

1980年代、その頃亡くなった私の母が生まれ育った噴火湾沿いの小さな町にある牧場で生まれた1頭の馬、私が好きだった「メジロアルダン」から、ハンドルネームを取りました。
2018年より、鑑賞した映画について、可能な限り感想を記していくことに。過去の作品でどうでもいいものは削除しました。

映画(93)
ドラマ(3)

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

4.5

勇気をくれる作品だ。

大泉洋は『恋は雨上がりのように』でもそうだったが、こういう役を演じても嫌味が全くなく、さわやかなのだ。それは演技ではなく、持って生まれたものなんだろう。

高畑充希も、うまい。
>>続きを読む

マイ・サンシャイン(2017年製作の映画)

4.8

私は、昨年の最後の作品となったこの映画が好きだ。

他人の子供を育てるハル・ベリーの健気な美しさと007シリーズでは見ることのできないダニエル・クレイグの新しい面はもちんろんだが、この作品も、生き方を
>>続きを読む

かぞくいろ―RAILWAYS わたしたちの出発―(2018年製作の映画)

4.7

ひょっとしたらという私の思いが通じたのか、この作品はいい。
評論家松田政男流に言えば、「母ものの、お涙頂戴映画」、ただそれだけの映画とも言えるのだが、なぜか心地よさが画面から伝わってくるのだ。

監督
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

-

この作品はだめだ。観終わった後、何の感慨ももたらさない。

脳死状態にある子どもを、生かし続けることの是非という深く重い命題を扱っているにもかかわらず、その周辺にいる人々の内面が少しも伝わってこない。
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.8

何故か心に残る作品だった。

必要がなくなれば、味方さえも使い捨てにする、国家の非情とかが理由ではない。
そんなことは『1987、ある闘いの真実』(チャン・ジュナン,韓国,2017)を例に上げるまでも
>>続きを読む

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

-

私は、この作品が公開されるのを待ち続けた。なぜか。それは、「覚悟しかない」というキャッチコピーと浜辺に佇む悲壮な表情のキム・ミニの写真に魅せられたからだ。

そして、最初のチラシを手にしてから、やっと
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

4.9

この物語は深い哀しみに満ちている。

良質な英国映画にみられる淀んだ空気が満ちた暗い映像の中で、第二次世界大戦時の忌まわしい事件が、壊されることになった精神病院の中で、老婆の回想の形で描かれる。聖書の
>>続きを読む

ローマンという名の男 信念の行方(2017年製作の映画)

4.5

『スマホを落としただけなのに』を間に挟み、本作品と『1987、ある闘いの真実』を観た私にとって、本邦の映画界の情けなさにがっかりする。

確かに、私が映画館で観る作品の選択が間違っていると言われればそ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

-

なんとも、安っぽいというか、安い話だ。大の大人が何の恥ずかしげもなく、こんな映画を作れるものかと思ってしまう。ついでに言えば、脚本〇〇○◯とか監督○○◯◯とかを、名乗ることさえも、恥ずかしくて、私には>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.9

私はこの物語が、政治信条とかに関係なく、若者たちの姿を描いて、非常に優れたものと感じる。
また、権力側の姿を一面的に描くのではなく、そちらの側にも捨てられていくものがいるということを描いて、物語に深み
>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

-

時間と金の無駄だから、観ないほうがいい。
作るのは勝手だが、一般に公開すること自体が、詐欺に等しいと感じる。

どこがおもしろいのか、どこがいいのか。

そして、このような作品が一般館にかかる事自体も
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

4.5

偶然にも、この映画を観た日、世界同時株安が襲った。私も、資産と呼ぶほどではないにしても、その一部を帳面上、失った。先人はうまいことを言ったものだ。汗水たらして稼いだものでないものは、「あぶく銭」だと。>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

-

懐かしい名前が聞こえた。
大島渚、田村孟、佐々木守、佐藤慶、渡辺文雄らのいわゆる大島組の面々。自らの政治信条に基づいた独自の視線で、映画評に新鮮な世界を切り開いた松田政男。重信房子、和光晴生、遠山三枝
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.8

一見、アクションものに見えるこの作品には、「痛み」が内在している。
それは優れた映画にでしか表現できない「痛み」のように 私には思え、思いがけないものであった。

デンゼルワシントン演じるタクシー運転
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

-

まことに、惜しい。
あるところまで、正統派の青春映画の傑作が生まれるのではないかと思った。そして、その青春は、ずっと観続けてきた普遍の青春のように思えたからだ。

しかし、高校の卒業式、夏、受験、大学
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

-

誰にも媚びないことを売りにする平手友梨奈のイメージを更に強調し、印象づけるための作品なのだろう。確かに、彼女はそれを演じているようには見えなかった。だが、それ以上でも、それ以下でもなく、内面性が感じら>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

始まって、10分ほどで、会場を後にしたくなった。しかし、我慢して観ていると、なるほど、こういうオチがあるのかと、結構、楽しませてもらった。

しかし、所詮は、内輪ネタを映画にした亜流に属するものだ。
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

-

『八日目の蝉』(成島出、東宝、2011)の奥寺佐渡子の脚本と彼女と組んでTBSで『Nのために』(2014)、『夜行観覧車』(2013)、『リバース』(2017)などの数多くのドラマを作ってきた塚原あゆ>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.9

素晴らしく、優れた作品だった。

レバノンの首都ベイルートを舞台に、キリスト教徒であるレバノン人とパレスチナ難民のちょっとした諍いが、本人達の思惑を越えて、大きな問題に発展していく。そして、それは、レ
>>続きを読む

生きてみたいもう一度 新宿バス放火事件(1985年製作の映画)

4.9

観終わった後、どうしようもなくなる程、切なくなる作品に、本年出会った。

そして、その作品は心して、覚悟して、観る必要がある。
実話だ。
こんな、作品を観ると、愛だ、恋だ、青春だ、ヒューマニズムだと言
>>続きを読む

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

4.5

ある年の夏、神奈川県三浦海岸にある医院を開いていた原田芳雄・樹木希林老夫婦の家に、次男夫婦と娘夫婦が里帰りした一日を描いた作品である。

この作品の内容には、既視感がある。それは、監督自身が何かで触れ
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.5

90年代を、ほぼ40代で過ごした私にとっても、懐かしさで胸が一杯になった。

『坂道のアポロン』(三木孝浩,2018)と『孤狼の血』(白石和彌,2018)が、昭和の時代への郷愁だとすると、本作は、もう
>>続きを読む

THE PROMISE 君への誓い(2016年製作の映画)

4.5

『羊の木』(吉田大八,2018,アスミック・エース)を観た次の日に、この作品を観ると、その差に歴然としてしまう。もちろん、『羊の木』のような邦画が下で、この作品が上だと言っているわけではない。
次元が
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

4.5

本作は、前作と比較して、圧倒的に素晴らしい。
理由は、ヒロインに北川景子を配し、憂いを漂わせた哀しくも前向きな物語にしたことによるものだ。

北川景子は、TVドラマ『家を売る女』(2016、日本テレビ
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

-

一体、この大仰な話は何だと思えてしまう。

例えば、吉高由里子演じる検察事務官の役割と動機、木村拓哉演じる検事と大学の同級生の政治家の話に出てくる現在の政治状況に対するいらだち、木村拓哉とブローカー松
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

-

面白く、楽しめる映画だ。
このような映画については、七面倒臭いコメントは必要ないだろう。

話にもうひとひねり欲しかったことは事実だが。

続編もあるだろうから、それに期待しよう。

ビリギャル(2015年製作の映画)

4.0

出来すぎた話であり、話の組み立てもありふれたものなのだが、私は、この作品に十分に満足したし、感動。

有村架純は、昔好きではなかったが、『ナラタージュ』ですっかり気に入ってしまった。吉田羊、伊藤淳史、
>>続きを読む

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

-

なぜ、尾崎将也ともあろう者が、このような中途半端に内向きな作品を自分がメガホンを取ってまで、作ろうとしたのかがわからない。

本当に、自分が撮りたかったものなのだろうか。そうだとすれば、私は彼に期待し
>>続きを読む

英国総督 最後の家(2017年製作の映画)

4.8

数多くのインド独立を扱った映画、例えば『ガンジー』(リチャード・アッテンボロー,英,1982)などと比較しても、それを凌駕するほど素晴らしく、心を動かされた作品だった。

この作品では、最後の総督、マ
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.0

この作品の清々しさは、若者たちの成長とそれに伴う巣立ちの物語だったからだろう。そうして、出演者達自らが、十年の間に、築き、繋いできた絆がスクリーンの中からひしひしと伝わってきた。

本来のメインである
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

是枝裕和監督が他の映画人と違うところは、彼は、まったくゼロから作品を作り上げることだ。原案を書き、脚本化し、映像化するその気概であり、力だ。それに私は畏敬の念を持つ。そして、彼は、映画を作ることに他の>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.5

深夜、事件で慌ただしい名古屋の警察署に、刑事、森山未來が着任の挨拶に向かう。そこには曲者の刑事、武田鉄矢がいた(『リミット-刑事の現場2-』、2009、NHK)。

髪をひっつめ、全身黒尽くめの服装で
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

4.5

本作品は、いい脚本家といい監督が組むと、難病ものなどに関係なく、いい作品となる見本のように思える。
そして、私はもしこの作品が実話ではなく、岡田惠和のオリジナルだったとしたらと考えてしまう。その場合、
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.5

素晴らしい作品だった。

年齢を重ねるにつれて、映画をみるということは、既視感との戦いになる。十代の頃の、何を見ても、自分の世界では新鮮と感じられるものがだんだんなくなっていく。そうして、感動できる作
>>続きを読む

告白小説、その結末(2017年製作の映画)

-

構成に破綻はなく、さすがにロマン・ポランスキーだと思ったが、彼である必要があったのかが疑問である。

金曜日の午後、上映されていた横浜の小さな映画館には、客は15人程度しかいなかった。その前に上映され
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

-

本作品とロマン・ポランスキーの『告白小説、その結末』のどちらを観るか迷ったが、開始時間の関係で本作品を選んだ。ウィメンズデイのためなのか席は9割方埋まっており、うち女性が9割程度いた。さて、ここからが>>続きを読む

>|