猫毛さんの映画レビュー・感想・評価

猫毛

猫毛

映画(430)
ドラマ(51)

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

2.6

スカーレットヨハンソンとモーガンフリーマンという組み合わせが気になって視聴。
私は一体何を観ているんだろうと言う気持ちになる映画だった。悟りに近い感覚を表現してるんだろうけど、次世代コンピュータとかU
>>続きを読む

金メダル男(2016年製作の映画)

3.1

さすがウッチャンなだけあって、ところどころ笑いが散りばめられていて途中までは結構良かったけど、感動も共感も特にしないまま終わりを迎えた。
作品を通してウッチャンの人生観というか、考え方を知れたのは面白
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

男性より女性が観て面白いタイプの映画だと思う。
しかし私は主人公と重なるところがなさすぎたのか楽しめず。ひねりの効いたジョークらしいものもいまいちピンとこなかった。途中で断念。A24はビジュアル最高だ
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

4.3

相変わらずめちゃくちゃ面白い。
ドラマ版と差別化するために大きな事件を起こしたり、大幅なキャスト変更をしたりしたらやだな〜〜と思ってたけど、期待を裏切らない変わらなさ。バカリズムすごいな…

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.6

映画界のパワースポットって感じ。
結構グロいシーンもあるけど、インド映画特有の陽気さがあって暗くならずに最後まで見れた。
ただ評判ほどハマれず……

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.9

夏になると見たくなる。ばあちゃんがかっこいい。

さんかく(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

想像を裏切られる映画と聞いて見てみた。
たしかにジャケ写のようなほんわか恋愛映画でなくちょっとしたホラー映画だったけど、裏切られるほどでは無かった。そういう前情報無しに普通に見たかった…。
どんでん返
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

3.8

映像や音楽はとてもよかった。東京で撮影しているのが面白い。
ストーリーはやや短調というか、緩やかに変化していくシーンが多くて少し退屈になった。
でも、漠然と続いていく生活と自分という存在に不安を抱える
>>続きを読む

いま、会いにゆきます(2004年製作の映画)

3.8

悲しい…そして美しい。。
ORANGE RANGEも懐かしすぎて震えた

日日是好日(2018年製作の映画)

3.8

自分と重なるところも多々あり胸に染みた。
全体的に禅に近い考え方なのかな。ありがとうございますのシーンとか、まだ完全には理解できていないと思うけど、良いテーマの作品だと思った。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.8

最後まで飽きずに楽しめた。
ぶっ飛んだ思想だけど、否定できない。むしろ羨ましくもある。
ヴィゴモーテンセンの全裸を拝めるとは思わなかった。。
終わり方が少し物足りなかった。

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.3

ジョナヒル監督作ということで気になって観賞。
映像、音楽、ファッションはカッコ良かった。
けど、内容がなんともモヤモヤする。
もし自分が母親だったらと考えると楽しめはしない。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.4

断然アニメの方が良いけど、小松菜奈ちゃんが可愛かったからそれだけでも満足。

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.7

思ったよりも良かった。
乱暴シーンは辛すぎて冷や汗出てしまった…
鶴瓶さんの演技良いなぁ。

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.2

黒木華ちゃんが好きなので鑑賞。
絹子さんの夫の存在感無さすぎ問題が気になった。

パラダイス・キス(2011年製作の映画)

3.4

北川景子の演技がなんだか初々しい。
向井理はキザなイケメン役がよく似合うなぁ。

マラヴィータ(2013年製作の映画)

3.8

気楽に見れて面白かった。マフィアの父だけじゃなくて、一見普通に見える他の家族も狂ってるっていうパターンは意外とあまりないと思う。リュックベッソンらしいテンポの良さだった。

ねことじいちゃん(2019年製作の映画)

3.6

ストーリーはそうでもないけど、猫がとにかく可愛くて可愛くて…
ベーコンちゃん最高

ヒットマン(2007年製作の映画)

2.8

全然腑に落ちないストーリーだった…ヒットマンてもっといかつくて抜け目ない殺し屋のイメージだったけど、なんか頼りなくて終始不安にさせられるし、物語が割とはちゃめちゃだった。そして設定上仕方がないけど、ど>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.7

ˆ安倍総理辞任という流れで、なんとなく観てみた。
中盤少し単調に感じたり、三谷幸喜作品の中ではそこまでハマらず。でも、相変わらず小さらな笑いが沢山散りばめられていて最後まで楽しく観れた。映画というより
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

噂通り素晴らしい映画だった。ミュージカル映画好きには大満足の仕上がり。良い音響設備で観るとなおよし。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

登場人物の女性がことごとく好きになれなかった。

ガチ☆ボーイ(2007年製作の映画)

3.7

暖かくて良い話だった。宮川大輔のプロレス実況が地味に面白かった。若いころの仲里依紗可愛いなぁ。

来る(2018年製作の映画)

3.3

キャストがすごく良いし、途中まではめちゃくちゃ面白かったんだけど、中盤からよく分からなくなってきた…

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.8

ヴェノムいいやつ…でもお前は本当にそれでよいのか…?とはなるけど、強いし可愛いからほっこりした。

ザ・ロック(1996年製作の映画)

3.7

ショーンコネリーがカッコ良かった。緊迫感があって最後まで楽しめた。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

2.9

楽しいブラックコメディかと思いきや、めちゃくちゃグロくて吐くかと思った……

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.0

CIAらしからぬ抜けの多さに違和感を感じずにはいられなかった。

ドリームハウス(2011年製作の映画)

3.7

結構面白かった。中盤かなりびっくりする展開を迎えて思わず「えっ」と声に出てしまった。
前日イコライザーを見たばかりだったので、アイツが出てておやっとなった。

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.8

推理小説を読んでいるような気持ちになる映画だった。登場人物が多くてちょっと混乱するけど、マトリョーシカみたいにどんどん新たな真実が暴かれていくのが楽しかった。そしてダニエルクレイグかっこいい。

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.8

久々に観たけど、素晴らしいの一言だなぁ。
音楽も最高。奇跡のような作品。

自虐の詩(2007年製作の映画)

2.6

何度見てもイマイチなんだけど、こんなに愛されて幸せだなぁ。とちょっと泣けた。

くちづけ(2013年製作の映画)

3.9

泣いた…。いっぽんのセリフにいちいち考えさせられた。当事者にならないと見えない世の中の不条理はきっと想像以上にたくさんあるんだろう。
他の俳優陣の演技がうますぎて、うーやんの演技がちょっと物足りなかっ
>>続きを読む

>|