TEXASさんの映画レビュー・感想・評価

TEXAS

TEXAS

映画(171)
ドラマ(0)

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

良作続く白石監督の中でも最高傑作。
アウトレイジの終焉と共に現れた新たな希望。
江口洋介と役所広司の睨み合いはデニーロとアルパチーノ「ヒート」にも匹敵する力を持つ。
しかしこういうのは外人監督では絶対
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.0

ハネケとはまた違った角度で富裕層と貧困問題を風刺する。

自分が一番世の中のことを考えている、というアピールがいかに自己満足的で、何も解決していない事がグサリと刺さる。

説教臭くなく、あくまでエンタ
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

-

狂った世界な筈なのに、正常だと思わせていく積み上げ方が恐ろしい。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

構造的には決して新しいタイプの映画ではないのだが、
ティモシー・シャラメの存在感が唯一無二の作品へ押し上げた。

無邪気さと美しさ、危うさが同居し、予測不能な動きは役者として天賦の才能がある。

そし
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.3

子供の頃から夢を与えてくれたスピルバーグが、大人になっても夢を与え続けられている事に驚愕。

監督自身が愛し続けた世界と、それに相反する事実が盛り込まれている手腕に脱帽。文字通り、夢と現実の映画。

心と体と(2017年製作の映画)

3.9

どうしても人とうまく繋がれない人間達を愛すべき視点で描いている。

女性の側はもっとコミカルにも出来るはずなんだけど、どこか得体の知れない何か、分析出来るものではない、という意図が明確で良かった。

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.3

新宿のVFXは日本映画にしては突出したものがある。とはいえハリウッドの10年前のレベルにも及ばない。初期スパイダーマンにも届いているのかどうか。

家族の見え方や主人公像はこれまで幾度となく使い古され
>>続きを読む

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.7

チャットの描写やスマホの使い方は新しくはなく、鮮度は無いが
上流階級の乾いた感じは見応えがある。

特にラスト。
観客の願いなんかにハネケは興味がない。

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.0

ソン・ガンホじゃないと成立しなかったであろう映画。
彼の一挙手一投足に、魅了されコントロールされる。

タクシー大集合は多少やり過ぎな所もあるが、許せる範囲に保たれている。
乗客を乗せたらお金を貰う、
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

-

二階堂ふみが率先してやりたがった事も頷ける。
(フェイク)ドキュメンタリーパートは好み分かれるだろうが、うまく作用していると感じた。

吉沢亮が割と謎のままなのだが、想像する余地としてはこのバランスが
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

シャーリズ・セロン「アトミックブロンド」に続く女スパイもの。
ハンガーゲームの監督との再タッグであり、その信頼で撮れたような出来栄え。

スパイになるまでの成り行きは割と定番の訓練課程などの描写が続く
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.7

ダークな描き方、アクションの切れ味は内藤監督が生かされた出来栄え。
復讐していくシークエンスは見てるこちらを爽快に作用させ、その事に対して観てる側に不快感を味わせる手腕はさすが。

後半でそれぞれ人物
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

伝記的な作り方になっている為、展開は色々あるのだが、どこに興味を持続させれば良いのか難しい映画だった。
ディテール、役者の作り込みは丁寧で説得力あった。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

美女と野獣、シザーハンズと並ぶ、2人だけの珠玉の世界の傑作。
主人公が若い女性の設定でないところが良い。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.3

青春映画の代名詞として今後長く君臨するだろう、珠玉の傑作。

この映画を作った製作者、出演者、かるた関係者、一般客、全員に夢をもたらした。

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.5

原作未読。
男の友情物語で、少し引く部分もあったが、凹凸コンビは面白い組み合わせだった。
中川大志が存在感を見せたが、小松菜奈は見せ所が難しく感じた。

blank13(2017年製作の映画)

3.4

途中でネタ見せ会みたいになるシーンが乗れるか乗れないかは結構大きい。
正直1つも笑える部分は無かった。
撮ってる本人達は楽しかったんだろう。

70分という短さが、結果的に上記のシーンのボリュームが長
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

確かに現代的な風刺が効いていて
3つのビルボード、3人の絡みという構図は極めて映画的。

社会に反抗的な態度で突き進む主人公はイーストウッド「グラン・トリノ」の女版とも言える。

言動はブラック要素満
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.4

長編デビュー作品とはいえ、この規模を背負うにはまだ荷が重く感じた。
脚本はアイディアで突っ切れているが、演出部分の余白などでアラが目立つ。
この監督は脚本向きの体質のような気がする。
回想は避けては通
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

パート1程のインパクトは無かったが、ジェットコースター映画として堪能出来る

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

松岡茉優の真価を見ることが出来る。

この映画は自分の映画だ!という人が続出するだろう、現代的な拗らせ映画。

女性だけではなく、男女共に受け入られる共感性を内包する快作。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

ここまで大真面目にストイックにやられたら
ギャグを通り越して奇跡だ!彼らにしか作れない。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

賛否両論真っ二つの本作。
今までと同じ事をやるのではなく、新しい概念を生み出そうとしたチャレンジ精神。

フォースとジェダイの継承のエピソードでもあり
ルーカスという師を越えようとしたライアンジョンソ
>>続きを読む

火花(2017年製作の映画)

-

全お笑い芸人を勇気づけるだろう、芸人の為の芸人による作品。

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

難民問題をレストランに置き換えて魅せる、皮肉満載、暖かい人間模様。

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.9

入江悠、渾身のオリジナル。
サイタマノラッパーでも見せた燻ってる奴らへの厳しい目と賛歌は今作でも健在。

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

4.3

本年の指折りの傑作。

原作もさる事ながら、脚本と監督それぞれのネジがうまくハマった感。
中規模ながら今年のどの大作を圧倒的に凌駕する。

そしてここに出てた子役たち、特に南沙良の将来性。
「少女」が
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.1

見終わって数日経って思い返しても、何か残っていない。
東京物語を彷彿とさせ、狙いは分かるのだが突出したものがない、そんな不思議な映画。主人公の描き方の物足りなさ。