TEXASさんの映画レビュー・感想・評価

TEXAS

TEXAS

映画(204)
ドラマ(0)

ヴェノム(2018年製作の映画)

-

本国でも評価割れているというが、
この製作スタイルはちょっとエスカレーター式に作られ過ぎているのでは?
何か行き止まりが決まっているような。

皆が言ってるように、寄生獣だったのでその点での新鮮さは無
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

大ヒットも頷ける文句無しの快作。

色々あるが最大の功績はマーキュリー役にある。彼の表情には有無を言わさない説得力があった。それは例えばゴッドファーザーのアルパチーノを彷彿とさせた。
彼で無ければ、普
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

4.3

前作のヴィルヌーヴが作り上げた、今や十八番の世界観を、監督と撮影監督が変わり
正直、観る前は駄作になると思ってたので驚きを隠せない。

クレバーで冷徹な世界観を踏襲しつつ、独自のアクションシークエンス
>>続きを読む

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

-

「かつてのあの頃が最高」というのは現実か幻想か。
若者達の鬱屈した作品が多い中、本作は群像劇&時間軸を繋ぎ合わせて現在を見つめる。
誇張したノスタルジックな演出はされず、フラットに描かれていた事で、重
>>続きを読む

ハナレイ・ベイ(2018年製作の映画)

-

ハワイロケは当然ながら画としてはどこを切り取っても美しい。
そしてそれに甘んじず人の美しさも同時に切り取った。
終盤、長い尺を使い、浜辺を歩き回るだけで成立させる、してしまっている事は何気に凄い事だっ
>>続きを読む

(2018年製作の映画)

3.5

中々に渋い作品で
村上虹郎の為の映画。

モチーフが前に出過ぎているのか、ストーリー自体には面白味がなく、退屈さは否めない。
鬱屈としたモノトーンの世界観が好きな人はハマるかもしれない。

パーフェクトワールド 君といる奇跡(2018年製作の映画)

2.9

何度も見た事あるような設定とシチュエーションのオンパレードで唖然。
本年度の溜息大賞ノミネート。

こんな映画を日本のトップ映画会社が作っている事の絶望。

キャストと設定いじってパッケージにしたよう
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.5

「きみの鳥はうたえる」にも勝る、若者達のエモーショナルな体験。
16ミリフィルムで撮られた映像美は必見。

恋愛映画の括りというよりも、現在の若者特有の焦燥、行き詰まり感が垣間見える。

しかし、一見
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.2

多少強引であるものの、世界観の線引きがしっかりされていて、あとはそのレールに乗れば爽快なゴールが待っている。
日本で言うと、ちはやふるがこの線に近かったりする。しかしノアールという点では新しい。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

映画にはまだまだ新しい文法があると思い知らされた。10年前では作られなかったであろう映画。
気付いていたけど誰もやらなかった?事を見事に成立させてしまった。

物語自体は新しい訳ではない。

そしてこ
>>続きを読む

太陽の塔(2018年製作の映画)

-

ただのドキュメンタリーではない。
壮大な創作モノとしても十分面白い。
岡本太郎を知らない人こそ見るべき。

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.8

オールアジア人でハリウッド的志向を目指したのが新しい。作り方は王道だが、ルーツが違う事で一つ一つが更新されていくような感覚に。

アメリカ人を揶揄しながらも米国では大ヒットしている背景も興味深い。

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

-

作り手視点の映画愛映画は、傑作ブリグスビー・ベアとも共通項も見られる。
あちらは監督、こちらは脚本という。

本作は病気に対して自らが意識しており、自分との戦いというところが決定的に違う。

両作とも
>>続きを読む

愛しのアイリーン(2018年製作の映画)

-

意欲的なキャスティング。
救えない男、安田顕主体の映画、と思いきや、ナッツ・シトイの方にシフトしていく。
その為、安田顕の成長物語などを期待すると怪我をする事になる。

木野花とナッツのやり取りが終盤
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.7

こういった種類のものは痛い作品になりがちだがギリギリのバランスで成立させられていた。それは間違いなく平手友梨奈の存在感。未知の魅力。
これが他の女優なら相当に痛い映画になっていたかもしれない。
漫画的
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

-

原田眞人節炸裂。
木村拓哉、二宮ファンは途中脱落する事必至…な分、かなりストイックに撮られている。
悪く言えばダイジェスト感があるので、そこを楽しめてついていけるかどうか。

木村拓哉のあの銃のシーン
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

2.8

実にフジテレビ映画らしいというか…
映画というより2時間SPドラマのような。
冒頭のタイトルバックのダサさ…。

事あるごとに感情の運び方が雑すぎる為、全く乗れない。
同じ事を2時間見せられているよう
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.3

柄本佑史上、最高傑作。

ラスト2カット、
圧巻の切り返しでこの映画が唯一無二、不動のものとなった。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.5

これは久々に素晴らしい邦画の誕生。

細かなニュアンス、端役の無駄の無い見せ方、付け入るところが無い。

特徴的なのは、各々の立ち位置・関係性を芝居の力のみで一気に縮めていく圧巻の大技。
それがことご
>>続きを読む

2重螺旋の恋人(2017年製作の映画)

-

後半からジャンル映画になってしまったのが勿体無い。
起こる現象や過去の実態を見せていくに終始し過ぎて、人物の魅力そのものは半減されていった。

ファーストカットとラストカットは別の映画か?と思えるほど
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.0

とにかく渋い。
終盤のアクションシークエンスは圧巻。

ジェレミー・レナーの渋さとダンディズムは天下一品でトムクルーズも勝てないだろう。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

-

毎度更新する製作チームに拍手するしかない。147分の長尺が1ミリも退屈しない。

これだけ息の長い駄作無しのシリーズは他には無いのでは。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

見たら分かる。
見れば十分満足する。
それ以上でもそれ以下でもない。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

-

レディプレイヤーとは真逆のアプローチ、アナログ的な手法で映画愛を見せ切る。

天才と犯罪者は紙一重ともいえる主人公像が素晴らしい。

題材はヘビーだがユーモラスに包まれている。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

-

確かに評判よろしくない理由が分かる。

前回のスピンオフ時の多彩な登場人物の活躍みたいな趣向でもなく、オーソドックスな作り。
スターウォーズマニアでないと後々誰がどうなるとかにはあまり興味が湧かない。
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

-

陸上の躍動感や呼吸、雨の質感などは映画だからこその表現として成立させている。

レストランが好きになれる体験は始めてかも、と思えるくらい愛情を感じさせる。

オヤジ世代の、映画だからこそ描けるひと時の
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

-

毎度リリーフランキーと子役の力が高水準の中、終盤に安藤サクラが掻っ攫う。
彼女がいるかいないかで、作品は別のモノ、結果になっただろう。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

ロケーションアイディアの勝利。
終盤のあのカメラの破綻、ラストカットのあの画に愕然とする。
ウィレム・デフォーがいい。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.3

良作続く白石監督の中でも最高傑作。
アウトレイジの終焉と共に現れた新たな希望。
江口洋介と役所広司の睨み合いはデニーロとアルパチーノ「ヒート」にも匹敵する力を持つ。
しかしこういうのは外人監督では絶対
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.0

ハネケとはまた違った角度で富裕層と貧困問題を風刺する。

自分が一番世の中のことを考えている、というアピールがいかに自己満足的で、何も解決していない事がグサリと刺さる。

説教臭くなく、あくまでエンタ
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.9

狂った世界な筈なのに、正常だと思わせていく積み上げ方が恐ろしい。

>|