Kさちさんの映画レビュー・感想・評価

Kさち

Kさち

精神と時の部屋さえあれば...

映画(34)
ドラマ(1)

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

彼の行動に同情はしないが納得してしまいそうになるジョーカーはまさに「悪のカリスマ」だった。
一番怖かったのは上映後に観客がみんな無言で劇場から出ていった時。

シャザム!(2019年製作の映画)

4.0

子供らしい願望や悩みがあって、子供がヒーローになったら本当にこんな感じだろうなと観ててニヤニヤした。
あとエンディング結構好き。

運び屋(2018年製作の映画)

4.5

悲しい映画だった。
お金で買えないものが最終的に大切なんだなあと思った。

アクアマン(2018年製作の映画)

3.5

アクアマンの印象が海中最強おっさんになりました

アフタースクール(2008年製作の映画)

4.5

後半超展開すぎて思考停止しました。
でも観終わったときには
はぁ〜なるほど〜
と思える伏線回収ぶりでした。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.0

怒涛の展開で面白かった。
「ゴールデンスランバー」もそうだけど堺雅人が演じるちょっとヘタレな感じが好き

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

4.0

落ち武者が証人というまさに前代未聞の裁判でおもしろかった。西田敏行さんの表情に笑ってしまう。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

アクアマンの第一印象は力強いおっさんになりました。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

美しすぎる...
ダイアナが剣抜こうとしたけど今持ってなかったシーン好き

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.0

アベンジャーズ.シビルウォーのDC版みたいな感じだった。以外とバットマン善戦しててすげぇって思った。

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.5

僕の観た中で街破壊しすぎてる映画1位はトランスフォーマーだったが、これはもうやめてあげてと思うくらいやりたい放題だった。
「ジョーカー」 公開前にシリーズ全部見る

ハロウィン(2018年製作の映画)

3.5

第1作目から40年後が舞台。
いや主人公ローリー用意周到すぎ
マイケルに追われてる時のBGMはやっぱり良い

ハロウィン(1978年製作の映画)

3.0

前から観たかったがホラー苦手なので避けていた映画。いやマイケル不死身か⁉︎

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.5

前作のドラゴンタトゥーの女は犯人は誰なのかというミステリー寄りだったが、今回のは犯人とリスベットが闘うアクション要素が多かった。
アクションでもリスベットはクールだった。

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.5

シリアスなサスペンス映画でした。
PC使う時のリスベットがクールすぎる。
ラストが切ない...

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

公開前から観たかったとかではなくたまたま映画館で観ましたが、この映画に出会えた偶然に感謝しかありません。
「いい映画」と呼ぶにふさわしい作品です

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.0

市民が力を合わせて権力に立ち向かうみたいなのが好きなので面白かった。
昔のアメリカの街並み好き

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.5

通貨=時間という設定が面白かった。
自分の時間の使い方について考えさせられた映画だった

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.0

トランスフォーマーシリーズの時系列としては1番最初なのでシリーズ観てない人も問題なく観れます。主人公とバンブルビーとの絆が深まっていくのが良い

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

グリンデルバルドのラスボス感が凄い...
このシリーズもっと続いて欲しい!

記憶にございません!(2019年製作の映画)

2.0

全体的に話の展開が弱くて長ったるく感じた。三谷幸喜らしい世界観だったが、今までのものに比べると物足りなかった

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

3.5

タイムスリップ系で有名なだけあって完成度が高かった。