ギョメムラさんの映画レビュー・感想・評価

ギョメムラ

ギョメムラ

ハロウィン(2018年製作の映画)

4.3

もっとブギーマンのパフォーマンスが見たかったし前半はかなりつまらなかったのが正直なところですがママは最高だった

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

4.6

ダンスがうまいという大前提があるから発狂すら綺麗だった

フィアー・ストリート Part 3: 1666(2021年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

全体的にオマージュが多い分既視感のあるシーンだらけで冗長なのだが、前2作はそれでも見せ場はちゃんと魅せる印象があった。ただ今回はかったるさの方が上でした。

イオンの憩いの場みたいなとこにある木の下に
>>続きを読む

フィアー・ストリート Part 1: 1994(2021年製作の映画)

4.5

オカルトではあるけどロジカルなルールを紐解いてく展開は何度見ても飽きないな

クランプス 魔物の儀式(2015年製作の映画)

4.4

個性の出し方が足し算な割にはスロースターターすぎると思いました

BRICK ブリック/消された暗号 BRICK ブリック(2005年製作の映画)

3.0

自分はヤクザを人間だと思ってないからそういう登場人物が出てきても終始肉の塊が音出して動いてるだけにしか見えないんだよな

ブラッド・レッド・スカイ(2021年製作の映画)

4.3

都合よくゾンビものになるのがちょっとねー
ビジュアルもスプライスの方が好き

ヒューマン・レース(2013年製作の映画)

4.6

ちゃんと与えられた設定を活かし切る真面目さもあるのに全体的にかなり変な仕上がりでよかったです

バード・ボックス(2018年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

骨太。眼球周りのグロと子供がアレを見ちゃうシーンがあれば最高だったんですが…

the EYE 【アイ】(2002年製作の映画)

4.5

設定が斬新かつストーリーも展開があってよかった。色んなホラーからいいとこ取りしすぎ感はある

超強台風(2008年製作の映画)

4.3

制作陣は感動を狙ってるんだろうけど完全にやりすぎでめちゃくちゃ笑えたのだが、よく見たらジャケットとか完全にふざけてるし最初からコメディだったのかも

ダウンレンジ(2017年製作の映画)

4.7

とにかく人の命が軽いけど小規模な分みんなの死に様が丁寧で、ちゃんと銃ってこわいなーと思えました。オチが愉快すぎて最高

ヒルズ・ハブ・アイズ(2006年製作の映画)

4.6

別に何も解決はしてないのにあの音楽を流すのがアホみたいで好き

キラー・メイズ(2017年製作の映画)

4.5

ビジュアル重視で飛びすぎてるところが好きだったり好きじゃなかったりした

ベター・ウォッチ・アウト: クリスマスの侵略者(2016年製作の映画)

4.5

急展開すぎて何が起こってるのかよく分からなかったけどそれくらい倫理観なくて好き
その脚本にゴア描写がついていってたらもっとよかったですが

パーフェクト・トラップ(2012年製作の映画)

4.2

グロが爽快すぎて逆に何も残らない感じが合わないのかも

屋敷女(2007年製作の映画)

4.5

子供を欲しがる気持ちと狂気は紙一重だとは自分も思う。客を不快にさせてやろうというよりは最後まで自分の芸術性で魅せようとする気概を感じてフランス映画だなあと思った

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

4.8

人間の方が怖い展開とかショッピングモール籠城みたいなあるあるが全部真剣勝負の証に見えてかっこよかった

THE CLASH ザ・クラッシュ(2007年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

開始早々ウンコを映すところや大型犬の方が説得力あるシーンでポメラニアン(しかも名前がプリンセンス)を使うところなど色々カオスだけどそこが人間臭くもありよかった

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

デスロールと回想で回るイメージがリンクしてるの謎に感動した

ジャッカー(1988年製作の映画)

4.5

いい大人がそんな簡単に転がされないだろ感はありつつ、たった3人の関係性であれだけ緊迫感出すのはすごい

スーサイド・ライブ(2017年製作の映画)

4.4

社会派要素入れたり死に方大喜利工夫したり頑張りはわかるけど「視聴率のために過激化するメディア」という題材のありきたりさを超えるものはない

9INE ナイン(2009年製作の映画)

4.4

ラストめっちゃ笑った
あれのおかげで単なる共通点探しグループワークじゃなくなってると思う
SAWがしたいなら撃たれるとこくらい見せてよとは思う

マーサ、あるいはマーシー・メイ(2011年製作の映画)

4.4

方言出ちゃうみたいにカルト宗教出ちゃうのはおもしろかった

HOUSE OF BLOOD ハウス・オブ・ブラッド(2006年製作の映画)

4.2

グロ見せたいだけだろうに謎に構成凝ってて面白かったけど、あんなのやるならもっと右肩上がりにはしてほしかった

ザ・サイレンス 闇のハンター​(2019年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

設定があまりにクワイエットプレイスすぎるけど、細かい部分で個性出しまくってて結果同じくらい面白い。クワプレはあんな世界の中で子供作るのが全く意味わからなかったけどこっちはちゃんとうるせーから犬を殺すと>>続きを読む

キサラギ(2007年製作の映画)

5.0

脚本完璧すぎるうえに、完璧すぎて現実味ない点まで活かして人間らしさを演出してるのがすごい。パーフェクトブルーもそうだがダサいアイドルソング流されるとすぐ掴まれてしまう

>|