まちこさんの映画レビュー・感想・評価

まちこ

まちこ

映画(685)
ドラマ(13)

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

-

大迫力の音と映像で臨場感が半端ないので、絶対映画館で観るべき!!!伝令を届ける兵士ふたりについて詳しく明かされることなく、戦場の光景と時間の経過だけにフォーカスされている感じ好き。映像体験としてまじで>>続きを読む

Ray/レイ(2004年製作の映画)

-

浮気と薬漬けの日々に食らったけど、音楽とジェイミーフォックスのおかげで見ていられる。動きがレイチャールズまんま!自伝映画は、イーサン・ホークがチェットベイカーを演じた「ブルーに生まれついて」も好き

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

-

「僕の誕生日の願いごと 全部君にあげるよ」、スーパー優しい台詞に出会ってしまった。笑いあり涙ありの爽やかなロードムービー!
監督は、障害者キャンプで出会った俳優志望のザックのためにこの映画を作ったそう
>>続きを読む

Hair Love(原題)(2019年製作の映画)

-

オスカー獲ったね!短編アニメのノミネート作品はこれしか見てなかったので…

チワワちゃん(2018年製作の映画)

-

青春は自爆テロ!煌びやかな映像と音楽に胃もたれ!中身はないけど「あるがまま」感はよかった、実際そんなものだしね。それぞれの中にいるチワワちゃんが語られる様子は「13の理由」と似てて、結局チワワちゃんっ>>続きを読む

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

-

王道ハピエンムービー。ヘアスプレーやハイスクールミュージカルのように歌って踊る系かと思ったらそうでもなかった。校内をスケボーで移動してるのめっちゃかっこいいな

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

-

戦争映画じゃなくて完全に愛の映画で涙…!!!コメディとシリアスのバランスが天才的。自由のダンスと靴紐。ジョジョもロージーもエルサもキャプテンKもヨーキーもみんな大好き。スカヨハ完全に優勝。ロージーが語>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

-

序盤、どうしよう寧子が全然わからん見るのしんどいって感じだったけど、スーパーでもう… やっと頑張ろうとしたのに今日に限ってひき肉売り切れてたり、新鮮な玉ねぎがなかったり、たまごにはありつけたと思いきや>>続きを読む

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

-

脱力系ロードムービー。結局脇役の染谷が一番青春してて一番パンクだった。フロントガラスがなくなった車をゴーグルつけて運転してるのいい。

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

-

マット・デイモンの顔ファンなので早速。とにかく音がすごいし、手に汗握る大迫力なレースに終始ドキドキ。「頑張れ!負けるな!ふんばれ!レースにも上層部にも!」と心の中でずっと応援してた。ケンのあの笑顔、切>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

5.0

好き嫌いの判断はまだつけられないけど、やばい映画を観たって感覚は確実にある… 衝撃作だなあ、度肝抜かれちゃったよ。完成度高すぎる。「まあこうなるんじゃないの?」的な自分の安易な予想がどんどん裏切られて>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

-

ペクリンファミリーかわいい、好き。親友夫妻の結婚式、新郎が新婦の姿見て泣きそうになってるところで自分も泣きそうになった… 幸。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

-

オーシャンズファンなので、ルーベンとイエン(今回も魅せてくれるな!)が出てきてテンション上がった。初っぱな化粧品盗んでホテル泊まっちゃうところから、すべてが華麗すぎて見てて気持ちいい。そんでケイトブラ>>続きを読む

バッド・チューニング(1993年製作の映画)

-

7〜80年代の青春群像劇大好き!特になにも起きないけどずっと観ていられる映画をつくるリンクレイターすごい。時間と感情を切り取るのが本当に巧い。親に隠れて初めてハメを外したときのドキドキ思い出す〜 青す>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

-

純粋におもしろい!!!映像もかっこいいしストーリーも楽しい。映画とかゲームの知識があったら、もっと楽しめるんだろうなあ

トラヴィス・スコット: Look Mom I Can Fly(2019年製作の映画)

-

トラヴィス・スコット、ラッパーである前に人としてめちゃくちゃかっこいい。家族と地元と音楽とファン。愛し愛されてるな。熱すぎて涙。一時期USENから流れてくるアストロワールド聴きながら日々仕事してたね。>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

-

けっこう前に観たせいで内容をよく覚えていないけど、とりあえず足の速い小松菜奈ちゃんが見れます。吉田羊さんはいろんな母親を見せてくれるねほんとに。要、再見。

小松菜奈作大研究の研究報告としては、まだ過
>>続きを読む

フォー・ルームス(1995年製作の映画)

-

大晦日のホテル、4人の監督によるオムニバス。会社の人にお勧めしてもらって観ました。ラストのタランティーノはもちろんのこと、3話目のロバートロドリゲスが面白かった!最後の画が天才的。センスありすぎ、完璧>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

5.0

最初っから最後までずーっとよかった!!!ちょっとの感情も、小さな変化も、ぜんぶ入ってるんだよな。スカヨハとアダムさん強い。余韻がすごくてオールタイムベストに入る勢いです。切ない

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

-

無理〜〜〜泣ける〜〜〜 エルサが強くて美しくて素敵すぎる。映像もびっくりするくらいきれいだから本当に映画館で観た方がいい!!!レイトで行ったけど思いの外 子連れファミリーがいっぱいで、子ども(とパパ)>>続きを読む

ピザボーイ 史上最凶のご注文(2011年製作の映画)

-

ジェシーアイゼンバーグがピザを届けてくれる世界!こういう映画をお気楽に観ていたい人生!!!

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

-

通っていなかった名作シリーズ。動物は賢い。ハワイいいな〜〜〜

おとぎ話を忘れたくて(2018年製作の映画)

-

なこさんおすすめ映画!完璧から自由へ。型にはまった美しさもそれはそれで好きだしひとつの美学だと思うけど、やっぱり自分を大事にしてる人は魅力的だよねえ。私の周りにはそういう人がいっぱいいて幸せだと思う。>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

タランティーノ最新作でディカプリオとブラピが共演、60年代ハリウッドが舞台、くらいしかわかってなくて、とりあえずシャロンテート事件を前知識で入れて観に行ったんだけど完全にぶち抜かれてしまった。ワンスア>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

-

太賀くんが混ぜご飯を作っているシーン、キッコーマンのCMかと思った!!!!!!

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

-

歌って踊る映画はこっちまでハッピーになれるから大好き。何があっても自分らしさを忘れずに壁を乗り越えていくベラーズ。エンドロールも泣ける。ベラーズよ永遠に〜〜!(でもやっぱり1が好き…!あのリフオフは忘>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

早く観た方がいい!といろんな人から言われていたベイビードライバー、やっと観れた〜〜ありがとうネットフリックス!テンポよくてあっという間だった めっちゃおもろいな。音のハメ方も映像の撮り方もいちいちオシ>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

-

こんなの泣いちゃうよね〜〜〜 始まりから終わりまで涙腺緩みっぱなしだった。今だからつくれる作品だと思うし、これを世に放つピクサー尊敬する!でも賛否があるのもまあわかる。(子どもも大人もみんなが楽しめて>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

-

松岡茉優のための映画!!!表情豊かで見ていて飽きない。留守電のシーン、気持ちよすぎる展開とテンポで一番好き。黒猫チェルシーの主題歌もよかったね〜〜

さよならくちびる(2019年製作の映画)

-

インディーズのギターデュオ“ハルレオ”とローディーのシマ。最後の全国ツアーを回る3人のロードムービー。自分のことよりも相手のことを大切に想ってるからこそ衝突してしまう、不器用で人間臭くて愛しいな。ラス>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

-

なんてことないシーンだけど、ママが「あなたに最高な状態でいてほしい」って言ったときに、クリスティンが「今が最高なら?」って答えたのグサッときたなあ。みんなのキャラも音楽も色味もカメラワークも100点。>>続きを読む

シー・ユー・イエスタデイ(2019年製作の映画)

-

タイムトラベルものだったからコメディかと思いきや、まさかの社会派映画。90分という短尺に加え、他の人も言っているようにまじでまとまりがないので、流し見するくらいがちょうどいい!先生役のマイケルJフォッ>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

-

追いケチャップとテルコのフリースタイルラップ。成田凌のクズ男加減が最高に魅力的で、これはシャンプーしてても呼ばれたら飲みに行くし、頼まれてもないのに勝手に掃除始めるし、調子に乗って土鍋(深鍋)2人用買>>続きを読む

>|