ヤツヅカさんの映画レビュー・感想・評価

ヤツヅカ

ヤツヅカ

記録しといた方が後々いいんじゃないかと思い始めました。感想は随時記入していきます。

映画(102)
ドラマ(0)

ガザの美容室(2015年製作の映画)

-

映画見た後に1時間もかけてガザ地区を取材するジャーナリストのトークショー(というより授業)があったの込みで知識になった。

MANDALAY STAR ミャンマー民族音楽への旅(2018年製作の映画)

3.5

ミャンマーの民族音楽のわたしには理解できないあのリズム感や拍子、あれは何だ!ってなる。映画後の監督とASA-CHANGのトークショーは居酒屋の会話を聞いているようで、映画後のトークショーに解説を求めた>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

樹木希林のみかんの食べ方が非常にばあちゃんで何故か脳裏に焼き付いてる。安藤サクラの演技はいつ見ても大好きだ。
結局あの少年は家族を探しに行ったの?あの少女は幸せになったの?あの家に住んでた人ら、結局ど
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.3

今までオーソドックスな任侠映画を見たことないし、アウトレイジと本監督の日本で一番悪い奴らぐらいしか見たことないんだけど、これまでに見た数少ないヤクザ映画の中では一番良かった。先日見た「ラッカは静かに虐>>続きを読む

シューマンズ バー ブック(2017年製作の映画)

3.5

日本のBARの雰囲気ってほぼカウンターでテーブルはあっても2つぐらいの堅苦しい感じだけど、世界で名の知れてるBARってもっとラフで店も広くてウェイターも沢山いるような感じ。想像と違った。日本のカクテル>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.2

人が死なない映画ってやっぱいいなァ
あ、でもお決まりのようなダンスシーン欲しかったよ。全国大会金メダル取ったあたりで。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.5

新宿ピカデリー爆音上映。音楽が始終ザUKな感じで、自分が大学で革ジャン着た先輩に教えてもらったjamなど然り、見ている自分がどんどん昔まで遡り、その目線で見ていた。高校生のときとにかく音楽を爆音で聴い>>続きを読む

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

4.0

オープニングの世界観好きだった。ティルダスウィントン、この時53歳だったらしいけど何?本当に不死身なの?ってぐらい美しかった。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

とりあえず細かいことは後で…でかい映画館でできれば爆音でとにかく見てくれ…最高としか言いようがない映画に出会ってしまった!

スティールパンの惑星(2015年製作の映画)

3.2

パノラマの優勝決定戦のシーン、もっとカットしたり編集しないでそのまま見せて欲しかった。演奏された音と動きが別々だったのが少し残念。

禅と骨(2016年製作の映画)

3.9

なかなかパンチの効いた良いドキュメンタリーであった。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.5

機内にて。日本で公開されるなら是非ご鑑賞を。宇宙好きとしてはNASAが舞台ってだけで最初から心掴まれるが、トイレやコーヒーポッドすら白人用と非白人用とで分けられていたほど黒人差別が当たり前だった196>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.2

機内鑑賞。シュールだった。若干、映画の内容に俳優陣がついていけてない感じがした。子役の子は良かった。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

素晴らしかった。これが実話だというのだから感動に拍車がかかる。おすすめ。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.3

なんかもうこういう人造人間、人間と人造人間の云々、未来都市像…みたいな映画は29歳の私にはもう飽きたかも。ただ漫画は読んだことがないのでカルチャー教養として読んでおきたい。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

美しくか細くタフな映画だった。母親と涙を流し合いながら煙草を吸うシーンが印象に残っている。大事な時に愛せなかった母親の涙と愛して欲しかった子の涙。金歯で登場した時には、心の中で思わず、アメリカ感!と叫>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

エンディング曲のFaith(スティービーワンダーとアリアナグランデ)が最高。エンディングだけじゃなくやっぱこういう踊りだしたくなって幸せな気分になる映画が最終的には好きなのである。

>|