ハイヤシさんの映画レビュー・感想・評価

ハイヤシ

ハイヤシ

映画(447)
ドラマ(48)

はちどり(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

わ〜〜〜みてよかったーって思いながら帰った。
風のそよぐ音、木の葉が擦れ合うカサカサと言う音、刹那的でよかった。

病院に先生がお見舞いに来てくれるシーン、椅子に座ったところで、涙出てきてしまった……
>>続きを読む

凱里ブルース(2015年製作の映画)

-

つぐみぼんぼんぴょん丸『男やん』っていうと思う

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

-

ユーモアがタイプだった。

ただしボーイズクラブなノリ、アジア蔑視なところがみられてちょっと残念。

グッド・ワイフ(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

わたしの求めたものは写っていなかった。
あともうすこし、ほしかった。セリフの訳の問題かな。

気になる、くろいががきになる。シミのようなが。気取ったフリして首に手を当てているけど、本当は痒いのを我慢し
>>続きを読む

ジャック・ドゥミの少年期(1991年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

逆境から夢叶えるジャック・ドゥミの熱い思いになみだ……アニエス・ヴァルダの編集魂と愛の眼差しにもかんぷく…

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

物語の中での色恋の使われ方にいつも興味がいくけど、今回いきなり襲ってるように見えたからなぜ楽しく話す仲になるのか意味不明で、???という感じだったけど、あれは妄想だったということでスッキリ。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

-

ビル・マーレイの話し方と熊さんの顔の動きがさいこ〜

ドゥ・ザ・ライト・シング(1989年製作の映画)

-

悲しくて悲しくてやりきれなくて泣いた。エンドロールのメッセージを胸に刻む。

すべてが許される(2007年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映像セリフ音楽、文句の付け所がない

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ラストの展開は違うパターンもあったと思うけど、メッセージが良かった。

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

イテウォンクラス離脱してこちらへ大正解!素敵な時間をありがとう。素晴らしい音楽が素晴らしい映画、映像を生み出す〜いい音楽と共にいい映画がある

ダンプリン(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いろいろ文句言いたくはなるけど、こういうストーリーははじめてみた。

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

3.9

終わり方、全くハッピーじゃないのにハッピー風でしんどいな。社会問題を描いた映画じゃん。

ビハインド・ザ・カーブ -地球平面説-(2018年製作の映画)

-

サントラの使い方うますぎる、ドキュメンタリー?としてすごい引き込まれる。

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

3.9

シンプルにスターだと思ってたけど、カントリーという伝統的でどちらのといえば保守的な背景のある音楽を生業としながら、政治的発言をしたことを知り驚き。一人の人間としてその考え方を尊敬する。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

みてる途中に甥っ子誕生の連絡。記念すべき忘れられない映画に。わたしがおばさんになったよ〜!

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こういう話だったの〜という予想外。うるさいと思ったけど穏やかなシーンが多い。憲法のこととか、はじめて学んだときはそんなに興味が持てなかったことを思い出す。教育大事と何につけても思う。正解はないというメ>>続きを読む

>|