やしさんの映画レビュー・感想・評価

やし

やし

YASHINOKI TROPICAL
ウェス・アンダーソンを知るために映画観てます。ストーリーよりも画としての良さを重視しがち。小粋なサブカル映画を好む。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.8

🇫🇷どぐりゅん〜〜と🇺🇸ぶりりぃん〜〜☎️

続編は半年後に観るのと10年後に観るの、どっちがいいでしょうか。

ドバババーン!よりこういう小粋なサブカル映画なのかな、のが好きだ〜〜

SHARING(2014年製作の映画)

-

ビビリには強かった。終わった後はうたた寝もできない…こわい…リアルなパプリカみたい。

音や走り方に響くのでヒールは高いのが大事!

やはり私は小粋なサブカル映画が好き☕️

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

映像美!ヤクザ/チンピラ/田舎の中学校のゴタゴタした恋愛/

外省人と本省人について勉強してからみたけど、それほど知識なくても大丈夫だった。

疲労で辛い時期もありましたが、ラスト1時間はとても見入っ
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.5

あるある〜な設定がリアルだった。
監視カメラ、人の噂に首を突っ込む人たち、自分では把握しきれない恋人の生活、良心からごめんなさいと謝る麦ちゃん、すごく面白かった。うわ〜〜あ〜〜という気持ちがみながらダ
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

-

巨乳しかいなくて悲しくなって開始15分くらいでやめた。こういうエロ馬鹿映画は超能力学園Zの方が良いよ〜〜みんなことごとくロングで、園子温の趣味なんだろうなと思う。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.9

とても良い映画でした。わらいをこらえられない〜〜

台北ストーリー(1985年製作の映画)

3.4

ワイズリーの子も偶然同じ回だった…これからリリースする歌詞とかチェックしちゃうな。

予定を一週間勘違いして、化粧までしてしまったので、外出した。記念にうっかりさんのクッキー作ろうと思う。

(最近こ
>>続きを読む

皆殺しの天使(1962年製作の映画)

-

四コマギャグ漫画みたいなのにやけにシリアスだった。

フリーメンソンに助けを求めるシーンはウケた。

観終わった後にゾクゾクするから、映画館で観てよかった。

ミッドナイトインパリで、主人公がルイス・
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

-

前半かわいいギズモの話だと思って観てたから、豹変ぶりが怖すぎて叫びまくった…後半はグレムリンの暴れっぷりが馬鹿らしくて笑えた。すごい疲れた…日本語訳で連発するウンコ何とかして欲しい。

タイタニック(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

友達の家に泊まった時に観た。私だけはじめてで、皆んなが寝落ちした中で一人で観るのはとても不思議な空間だったな。つまり寝落ちせずに眠かったけど全部観れた。

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

-

NY行きの飛行機でみたけどつまらなくてうたた寝を何度もした…

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

2.5

自分のルーツを探ったり、昔を思い出して懐古主義に偏っていたのでSF映画を観ることにした。

シャネルのメイクマシーンみたいなのを装着するミラ・ジョオ%♪€5○を観たくて…ほんの一瞬だったな。オレンジの
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.4

ウディ・アレンはヘッドアクセサリーや直線ラインのドレスが好きなのかなーギャルソンヌスタイルがこの作品でも観れた。美しい…

エイドリアン・ブロディ演じるダリが最強。目をグワッ!とさせる感じとか残ってる
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


絶滅した生き物が好きだったヨシカは、二と動物園に行って絶滅していない生き物に触れていたお。

鑑賞後に但馬屋珈琲に行ってコーヒーカップに描かれたシマウマを見て、『あ、生きてる生き物だ』と思わず言って
>>続きを読む

この空の花 長岡花火物語(2012年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

隣の席のおじさんが浮浪者気味で、席を変える間も無く始まってしまったので、匂いに我慢しながらの鑑賞。(ララランドとかだったらしんでたな)

しょっぱなからセリフがダーっと。カットの繋ぎ?も早い。付いてい
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.8

元旦早稲田松竹二本立てて『この空の花』の後に鑑賞。細かい部分を照らし合わせながら観ることができた。

かたくてやわらかい作品と言えるかな。‪皆観れるゆるふわポップな戦争映画‬?

個人的に、絵のテイス
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.2


20歳最後に鑑賞した映画でした。(これを打っているとき、壁に貼っていたミツメのポスターが落っこちてきた。不吉だ。バイブレーションだ。バイブスだ。波動だよ。)

かの有名なアニー・ホールをみたのが、J
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

2.5

デヴィッド・ボウイがかっこよすぎて、話が頭に入らない。学生服のボウイ、砂に埋まるボウイ、花を食べるボウイ…

時代を感じる演技とテンポ。戦争映画を普段見ないので辛かったな。日本人の古い習わしとか、集団
>>続きを読む

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー(2015年製作の映画)

3.5

めっちゃクリスマスだった。とても笑えて楽しいクリスマスナイト。ギャグがたくさんでたまにわからないのがあって、ぐぐりながらみた。シャインにング!

アルファヴィル(1965年製作の映画)

-

点滅シーンが多すぎて、目がチカチカするのと、お昼後だったのもあって、途中10分くらいうとうとしてしまいました!

絵として面白いシーンがたくさんあったけど、ストーリーについていけなくて、おいてきぼりに
>>続きを読む

ウィークエンド(1967年製作の映画)

-

そういえばみてなかったと思って中図書館で2限きって鑑賞。

ひたすらvampireweekend、wes andersonとの関係を考えてたけど、わたしは表象的な面しかみれなくて、思想がわからない!
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

2.8

マチルダの動く姿をみようと鑑賞。やっぱりドンババババババーーー!って感じで直球ストーレートなどタイプではなかったな…でも、マチルダかわいかったな。レオンも大石先生に似てて、タイプだったな。

サムサッカー(2005年製作の映画)

3.4

スローモーションにエリオット・スミスが流れるシーン連発で好きな人はうっとり…って感じでしょうか

エリオット・スミスはウェス・アンダーソンがなんかのインタビューで、2000年代のアーティストではじめて
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

珈琲と煙草への愛と皮肉にあふれた最高の映画!

小ネタがクスッと笑える。ひねくれてて最高なセリフ盛りだくさん。

ビル・マーレイもいとおしくてしょうがないーだいすきだー

オープニングとエンディングに
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ついにみたー!

オープニング映像がきれいですね。あとやたらセリフゆっくりしゃべるのがまたこわい。

前半映像だけにしたら、ウェス・アンダーソンか?と思うレベル。そのほかとても近い構図多数。音抜きにし
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.5

あれだけまっすぐわたしも何かを極めたい。その時にやりたいことを思うがままに行動したい。

ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984年製作の映画)

3.0

多幸感を求めてみたので、星少なめ⭐️
東京物語の影響力を垣間見ることができる。

スラッカー(1991年製作の映画)

-

爆睡してた…記憶のリンクが曖昧なのでもう一回みたい!

超能力学園Z(1982年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ガールフレンドがどんどん可愛くなっていく!

超能力がなくなっても2人はラブラブって…幸せなストーリーだよ!

>|