やしさんの映画レビュー・感想・評価

やし

やし

YASHINOKI TROPICAL
ウェス・アンダーソンを知るために映画観てます。ストーリーよりも画としての良さを重視しがち。小粋なサブカル映画を好む。

映画(259)
ドラマ(13)

愛の嵐 ノーカット完全版(1994年製作の映画)

3.6

かの松田行正さんの『RED ヒトラーのデザイン』に登場する、あのシーンやこのシーンを観れて満足でした。
制服を女性がくずして着ることによってうまれるエロティシズムみたいなのは、この映画から始まったのか
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

1.既存の彼らのファンを満足させながら、事務所を出たことで実現した、2.共演者、3.クリエイターたちとの化学反応をいかに両立させるか、ってところが楽しみだった。

『学生映画のノリで、こんな話あったら
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.6

夕焼けのシーンがよかったね、とたまたま一緒に観たこと話した。ストーリーは想像できるしその通りに進むのだけど、映画的な画面で感動させられるシーンが多かったように思う。
500日のサマーの監督だってことを
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.7

多部未華子よかった。最後のオチもよかった。田中裕子最高ですよー

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

4.5

すばらしい!!!!どんな風にこの映画が終わるのか、最後まで気になって気になってしょうがなかった。

ベタかもしれないけど、ラストは『あなた最近幸せそうね』と問いかけて欲しかった。それか幸せの象徴的な、
>>続きを読む

おかえり(1996年製作の映画)

3.3

ロングカット、美しかった。ただ入り込むまでに時間かかった。やはり髪を結んできちんとしてる感を漂わせておいて、後半は顔が隠れるように髪を下ろしていた。
.
二人の会話のリアルな雰囲気や、時代を感じさせる
>>続きを読む

最期の星(2017年製作の映画)

-

占い師とかのテンプレートしかり、長い髪はなにか俗物でない雰囲気を漂わせる。

最後と最期ってどうちがうのだ。

亡霊は笑う(2018年製作の映画)

-

ラストよかった〜〜相棒なんで毎回同じ再放送みてまうねんやろか?とか、駅からの帰り道目閉じて行けるとか、なんか細かいところがなぜか印象に残っている。

どこまでもいこう(1999年製作の映画)

-

線引き(大学

ひとひら(中学

どこまでもいこう(小学

自分がこのくらいの頃どうだったか、巻き戻すように思い出した。

ちなみに、わたしは今でもあんな粋なことできないな…グリコ2袋もさ

線引き(2018年製作の映画)

-

うどんを茹でているのがよかった。料理しながら考え事、するよね。ぐるぐるぐる

百円の恋(2014年製作の映画)

3.5

音楽がダサくてよかった。新井浩文が演じる男、いつもクズ。

ラヴレース(2013年製作の映画)

-

前半の70年代感がポップでハッピーな感じだっただけに、後半つらかった…。

ちゃんと行動を起こして再生したストーリーなので、後味はそれほど悪くなかった。

(彼女が成功しすぎた反動で、自分のプライドを
>>続きを読む

恋の門(2004年製作の映画)

3.3

ギャグ恋愛漫画。安野モヨコどこにいた?!

石に価値を見出すか否か論争をバイト先でしたのを思い出した。そういえば、おじゃる丸のカズマも石集めてたなぁ

箱入り息子の恋(2013年製作の映画)

3.6

髪が長かった頃の夏帆、狂気の星野源、二人の初めてストーリー。

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.8

前半は若者のデジタルからアナログへ、もう一つ上の世代はアナログからデジタルへ…を対比

CD世代とあえてのレコード世代の対比が面白かったな。ベン・スティラーが手にしたレコードはThe KINKS!
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

5.0

初めて五つ星つけるかもしれない。これ作った人と結婚したい🌴🌴🌴

これがアニメーションじゃなかったら、全く違う気持ちになったと思う。

3回泣いちゃう、とか言いたくないけど言っちゃう…

ちゃんといろ
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.8

オゾン層の話をするテレビとか、わたしが生まれた頃の話

アスペクト比がブラウン管にぴったりなスタンダード・サイズ!閉塞感を出したかったってインタビューに書いてあるらしい。

あのファッションの感じ、い
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前情報から、絶対好きだ!と思ってたんだけど、予想的中だった🌴

ストーリーには置いていかれがちだったけど、絵としてのセンスの良さ、サントラの良さを楽しめるタイプの映画だと思った。

タバコに火をつける
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.5

クーリンチェの時も思ったけど、わたしには行動が理解できない…

あのサントラと画としてのセンスが欠けてたら映画館こっそり出てなぁ

タイニー・ファニチャー(2010年製作の映画)

3.8

グレタ・カーヴィグの『レディ・バード』上映前に観ておきたいと思ったのと、山崎まどかさんと長谷川さんによる上映後のトークショー目当てで鑑賞。

山崎まどかさんの赤いドレスがとても素敵だった。お二人のニッ
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

3.8

🇫🇷どぐりゅん〜〜と🇺🇸ぶりりぃん〜〜☎️

続編は半年後に観るのと10年後に観るの、どっちがいいでしょうか。

ドバババーン!よりこういう小粋なサブカル映画なのかな、のが好きだ〜〜

SHARING(2014年製作の映画)

-

ビビリには強かった。終わった後はうたた寝もできない…こわい…リアルなパプリカみたい。

音や走り方に響くのでヒールは高いのが大事!

やはり私は小粋なサブカル映画が好き☕️

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

映像美!ヤクザ/チンピラ/田舎の中学校のゴタゴタした恋愛/

外省人と本省人について勉強してからみたけど、それほど知識なくても大丈夫だった。

疲労で辛い時期もありましたが、ラスト1時間はとても見入っ
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.5

あるある〜な設定がリアルだった。
監視カメラ、人の噂に首を突っ込む人たち、自分では把握しきれない恋人の生活、良心からごめんなさいと謝る麦ちゃん、すごく面白かった。うわ〜〜あ〜〜という気持ちがみながらダ
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

-

巨乳しかいなくて悲しくなって開始15分くらいでやめた。こういうエロ馬鹿映画は超能力学園Zの方が良いよ〜〜みんなことごとくロングで、園子温の趣味なんだろうなと思う。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.9

とても良い映画でした。わらいをこらえられない〜〜

台北ストーリー(1985年製作の映画)

3.4

ワイズリーの子も偶然同じ回だった…これからリリースする歌詞とかチェックしちゃうな。

予定を一週間勘違いして、化粧までしてしまったので、外出した。記念にうっかりさんのクッキー作ろうと思う。

(最近こ
>>続きを読む

>|