kazmiさんの映画レビュー・感想・評価

kazmi

kazmi

少女邂逅(2017年製作の映画)

3.5

吉澤嘉代子さんのMVで見て以来、モトーラ世理奈が気になってしょーがない。
フシギな存在感

監督さんの年齢を聞いてびっくり。
若い才能だねぇ

ワンダーウォール 劇場版(2019年製作の映画)

3.5

NHKの地域発ドラマ、時々秀作が現れる
キャスティングが好み
そして渡辺あやさん!

秘密基地みたいやな、この寮。
そして暁の茶事(笑)

「人間の幸福にとってすごく必要な何か」
…なんだろう、考えち
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.0

予告見て、コレは生理的にダメかも…と二の足踏んでたのですが…
なんだ、この不気味美しい不思議ワールドは⁉️
確かに気味悪いんだけど、許容できるギリギリラインで、音楽は懐かしくてオシャレ。
そして胸にチ
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

4.2

近隣での上映がなく、やっと観れた〜‼︎

ままならない人生が切ないけど、ゆっくりじんわり温かくなる映画。

街の灯(1931年製作の映画)

-

いろんなコメディの原点となってる作品なんだろうなぁ
ボクシングのシーンがすごく笑えた!
最後は切ない展開だったけど、ラストでこの微笑み…

AWAKE(2019年製作の映画)

3.5

吉沢くんだ、若葉君だ、寛一郎くんもいるではないか。観なきゃ!
将棋知らないけど、なぜか将棋映画は観てしまう。
モヤモヤした展開になりそうなのに、どちらの心情も伝わってきて、結果前向きな感じで見終えまし
>>続きを読む

白頭山大噴火(2019年製作の映画)

4.0

そう!これはアトラクションなのだ!
上がって落ちて急カーブ、火を避け水を潜り、撃たれ撃ち返し、ハラハラしながらも絶対死なない安心感と共に元の場所に戻ってくる〜…
王道のパニックもの、細かいことは突っ込
>>続きを読む

デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング(2020年製作の映画)

4.0

香港の気になるニュースは耳にしていたけど、デニス・ホーのことは名前くらいしか知らなかった。
彼女のことを知れて良かった。

コロナの感染拡大を受けて、明日からの上映は中止。ギリギリ彼女に会えました。

鵞鳥湖の夜(2019年製作の映画)

-

あの武漢で撮影された作品とのこと。
久々の中国映画。楽しみ方がよくわかんなかったなー
確かに音については繊細に作られているかも。
雨の音や、生活音、破壊音…

あと印象に残るのは
包帯の巻き方、傘の使
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.2

何気に好きな俳優さんが集結しているのです。
しかし、桃李くんは呉原市で刑事やってる人とは別人でした!(笑)

…いいとこもダメなとこもわかった上で、人生の終わりも笑って送り合えたらいいな
なんか、安っ
>>続きを読む

いちごの唄(2019年製作の映画)

3.4

最後のシーンが最高カワイイ!
あちこちに好きなテイストが散らばってて、もいっかいじっくり見直したくなる〜

大好きな果耶ちゃん見たさに鑑賞したのですが、
あら恒松ちゃんも彩珠ちゃんも、朝ドラ3人娘がい
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

3.5

いろんな「好き」の形。
優しくてほっこり。
たまきちゃん名子役過ぎ〜
あ、あとお花屋さんがめっちゃステキやった!ガラガラ鳴る戸や、ツヤっとした木のテーブル、窓の感じも良いなぁ〜

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.7

だいぶ前からタイトルが気になって観たかった作品。やっと観た。
面白かった!見事な伏線回収。
もっと軽い青春ものを想像してたら、全然違った。(伊坂作品なら、んなわけないか…)

瑛太はまるで2人の人物を
>>続きを読む

KT(2002年製作の映画)

3.0

今やベテランの日韓両国の俳優さんが、あの人もこの人も若い!そこは感激。
しかし作品としては…
そういうことがあったんですね〜…て感じ。
音楽のせいもあってか、終始暗いドラマだった。

それにしても、こ
>>続きを読む

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

3.2

素朴で善良でプリミティブ
すばらしい声でみんな歌う。…歌ってやっぱり何か人間の根源に触れるものなのかな
子供たちのキラキラした表情がたまらんカワイイ

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.7

面白かった〜!これぞ娯楽映画じゃ〜
原作未読でかえって素直に楽しめたかも。
集めに集めたイケメンが、惜しげもなくボコボコのズタボロ!潔い〜

君に届け(2010年製作の映画)

3.7

今をときめく俳優陣のみなさんが、若くてキラキラしてて、かわいくてかわいくて、涙出そう…ハァ
幸せな時間でした。
そして今、春馬くんがいないことが本当にさみしい。あれから1年経つんだなぁ…

(2017年製作の映画)

3.0

前髪、切り過ぎだ(笑)
でも中村ゆりだからカワイイ

逃げた女(2019年製作の映画)

-

ハマりたいのにハマれない、ホン・サンス作品。この度も〜…
好きそうな予感がするのに、見終わったらストンと落ちてない感…。
修行が足りんのか⁉︎

異端の鳥(2019年製作の映画)

4.0

凄惨なことも残酷なことも剥き出しの人間の業も、ただ淡々と綴られる。
人間の生ってなんだ。

少年を主人公に、こんな過酷な映画撮ってよかったのか?…と、主演の子がトラウマ抱えないかと勝手に心配している。
>>続きを読む

MISS ミス・フランスになりたい!(2020年製作の映画)

3.0

ストーリーとしては軽いマンガみたいなノリなんだけど、心に残る言葉がいっぱいあった!
そしてなんて言っても主役の彼(彼女?)が美しいのなんの…

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.0

中村文則さんの原作と知って、観てみることに。
原作未読。
…予定通りミステリーが進んでく感じで、コレどんでん返しがあるんだよね?と期待しながら見たけど、その展開すら予想通りみたいな…
美月ちゃんの最後
>>続きを読む

幼い依頼人(2019年製作の映画)

3.7

虐待の疑いのある子供に親の前で証言させるかなー…とか、それはないやろ的なトコはあったものの…子役たちがかわいくて、演技も素晴らし過ぎて…!見入ってしまったぁ〜
少女が大人を信じられなくなっていく過程も
>>続きを読む

ステージ・マザー(2020年製作の映画)

3.2

ゲイバー版「天使にラブソングを」かな?
シリアスなテーマではあるけど、軽快に描かれてるので、心削られることなく、楽しく観られましたー!
ひとつの店にどんだけ豊かな才能が埋まってんのよ⁉︎…と思うけど、
>>続きを読む

マシュー・ボーン IN CINEMA 赤い靴(2020年製作の映画)

-

開始3分で、予習して来なかった自分のバカ〜!と反省(泣) 字幕、解説一切無しなので、お詳しくない方には入念な予習をお勧めします〜
作品自体は素晴らしかった!
上質なバレエを堪能できました。

僕が跳びはねる理由(2020年製作の映画)

-

以前、NHKで東田さんの番組を見て衝撃を受け、著書を読んでさらに感動した!
…ので、これは是非見なければ、と。
私の少ない知識では、日本での自閉症の方のご様子を垣間見る程度で、当たり前だけど世界中に自
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.2

早く観られて嬉しいぞ〜(完成披露プレミアにて)

バイオレンスなんやけど、全体的にキャストが若いからか前作よりもスタイリッシュな感じ(…ていう言い方が適切かわからんが。グロいし)。

前作の、得体の知
>>続きを読む

SEOBOK/ソボク(2021年製作の映画)

3.6

もーぅ、まずパク・ボゴムがかわいい、美しい、で加点(笑)
映像もすごい。海で波を操る?シーンがいちばん好き。
誰と誰が戦ってんのか、途中わかんなくなっちゃったんだけど…悪い奴が悪すぎる〜!
それらを破
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.1

初めて聴いたけど、中村佳穂さんの歌声素晴らしかった!(これは声を大にして言わなきゃ)

手間ひまもお金もかかってるなぁ…と下世話なことを思っちゃった。すごい映像、豪華な音楽。
けっこう期待値上げて見て
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

-

ここまで来たら最後まで見届けねば!と挑んだ最終章。アクション素晴らしく、かすみちゃん美しい。なのになぜか入り込めない。第一章、二章でのあのワクワク感はどこへ⁉︎ 思うに、明るく賑やかな仲間たちの中で、>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.2

原作既読。基本そのまんま。
松岡茉優ちゃんがイメージピッタリ。もうこの人にしか思えない!
青山役はもっときっつい女のイメージだったけど、あの酷いメールのやりとり無しなら、伊藤沙莉ちゃんで、なるほど。
>>続きを読む

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.8

青い絵本のようで、ワクワクしながら観る♪
桃井かおりと並んでも存在感大の果耶ちゃん、普通っぽく見えるけど、普通じゃない!
果耶ちゃんの見せる表情が大好き。
健太郎くんもいいな。早く戻ってきて〜
途中は
>>続きを読む

おらおらでひとりいぐも(2020年製作の映画)

3.8

夜汽車の窓の外を泳いでいく古代生物
黒い山肌にハラハラ降る雪
突然始まる壮大な妄想世界
マンモス…
好きなトコいっぱい。
桃子さんワールドにほっこり(笑)

一人暮らしの母を思い、自分の行く末を思い…
>>続きを読む

ノーボーイズ,ノークライ(2009年製作の映画)

3.2

妻夫木くんにハ・ジョンウだって?
脚本は渡辺あやさんと来たら、もう見るしかない!
みんな あちゃ〜ていうくらい若いな。
山口かと思ったらロケは新潟だったのね。

どうしようもなく劣悪な環境で もがいて
>>続きを読む

>|