keitaさんの映画レビュー・感想・評価

keita

keita

映画好き。ジャンルの好き嫌いはありますが、まず観なくちゃはじまらないので雑食的に観ます。

映画(133)
ドラマ(0)

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

最初から最後までテンポよく観れた。フリークス達の団結力すごい。全部の曲が良かったです。

ライフ(2017年製作の映画)

3.5

パニック系SF映画の王道なストーリー。変に工夫を凝らしてないぶん素直に面白かった。

ただ、人類側の対応があまりに稚拙で、もっと戦えたんじゃないかとか少し不満に思いますー。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.7

まっすぐ突き進むことが周りからはまぬけだと言われることがある。けれど、そんなまぬけがまっすぐ突き進むことでどんな壁もぶち破る。ほっこり。

つみきのいえ(2008年製作の映画)

4.0

なんだか少し切なくなる映画。心の奥でじわーっと暖かい気持ちが溢れました。

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

3.5

歌も有名なものばかりで4seasonsを知らない人でも楽しめるのではないでしょうか。

メンバー各々から語られるストーリー展開もすんなりと物語を楽しめてよかった。

映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険(2017年製作の映画)

3.1

ドラえもんの映画を久しぶりに見ました。

子ども時代のわくわく感とひみつ道具の懐かしさにうきうきしました。

ただ、所々風の谷のナウシカと被るところが...?(笑)

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.6

自分を幸せにしてくれるのは世界でこの女性しかない!って信じきっちゃうほど誰かを好きになる恋。そんな恋ほど上手くいかないものはないなぁって思う。

トムの気持ちも分かるしサマーみたいな女の子もいたなぁと
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.5

少年時代の思い出って何でこんなにもドラマチックなのか。

育った環境と周りからの扱い、抱えている悩みはどうしようもないものだけれどそれでも強く生きる姿はとてもたくましかった。

音楽も素晴らしい。

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.0

失恋した女性が、他人と出会いその人たちの様々な別れをみていくお話。

全体を通して盛り上がる部分はないけれど音楽と雰囲気に酔いしれることは出来ます。

カフェ開きたい。

ジャイアント・ピーチ(1996年製作の映画)

2.8

映画というより舞台を見ている感覚。夢の世界がずっと続いている感じでした。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.7

デボラかわいい。音楽おしゃれ。カーアクションかっこいい。もう少しカーアクション見たかった。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

5.0

アールイズウェル。全部当たり前のことを言ってるんだけど、なぜか難しく感じてしまう。素直に物事を見ることと実行する事の大切さを再確認出来る映画。

バンテージ・ポイント(2008年製作の映画)

3.8

ハワードとトーマスが強すぎ(笑)

テンポが早く少し見逃すと置いてかれるが、おかげで飽きることなく見れました。面白い。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.0

つらかったけど、やらないよりはいい。

行動を起こして、たとえ結果が悪くなったとしてもその状況を前向きに考えることは大切で、辛い時を乗り越える方法なのかなって、思いました。

マジック・マイクXXL(2015年製作の映画)

3.0

何かしながら見るのにちょうどいい。パフォーマンス楽しい。

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

1.4

演技微妙だし俳優も微妙。どうせなら原作のテーマだけ借りてもっと別物で作ればよかったのに。

噂のアゲメンに恋をした!(2007年製作の映画)

3.1

ただただ下ネタ。自然災害レベルのドジっ子と世のために頑張るあげチンの話。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.1

小さい頃に猿の惑星みて、なんか凄い怖かった気がするんだけど、もう一度見直してみようかな...

ダークナイト(2008年製作の映画)

2.7

ジョーカー凄い惹きつけられる。バットマンはむきむきの金持ち。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

2.1

視聴者参加型映画。自分的には全員かすってるくらいの共感しか得られなかった。

愛のむきだし(2008年製作の映画)

2.4

疲れた。長いわ。満島ひかりが可愛くて盗撮がスタイリッシュ。安藤さくらはいい演技してる!

スピード・レーサー(2008年製作の映画)

2.7

家族は大切だよって話。レースシーンの車の様々なギミックにワクワクする。

ダイブ!!(2008年製作の映画)

2.5

小説で読んでたけど、青春こじらせてるなー。よかった。

鉄コン筋クリート(2006年製作の映画)

3.1

ところどころ名言は飛び出てくるもののたまに世界観について行けなくなる。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(2004年製作の映画)

3.4

エミリーブラウニングが可愛い。ジムキャリーの悪役ぶりと、ヒルの怖さは見もの。どんな状況でも前向きな姿勢は子供ながらにたくましい。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.0

全世界が熱狂してた。

カメラワークの華麗さと、1カットかと思うくらいの長回し映像がすごい。

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.8

天才っていうか妄想癖がある子供の話。いろんな形の愛情表現があるんだなって思いました。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.2

ポジティブになって、どんなことでも受け入れやすくいようってことかな。要は気持ちの持ちよう。

7つの贈り物(2008年製作の映画)

3.3

エゴの塊。良い行いかどうかは分からないけど、満足できたなら良かったんだろう。ある意味一番楽な道なんじゃないかなあ。

ブロンド・ライフ(2002年製作の映画)

2.2

内容ないけど、アンジェリーナジョリーが珍しく可愛い。

愛しのべス・クーパー(2009年製作の映画)

3.6

童貞が頑張る話って何でこんなに青春っぽいんだろう。

>|