MUさんの映画レビュー・感想・評価

MU

MU

最近は韓国映画、アメコミ系、人工知能やタイムスリップ等のリアルなif物がお気に入りです。レビューは書くの難しい。フォローは歓迎です。

映画(447)
ドラマ(0)

TAXi(1997年製作の映画)

3.2

カーアクションの名作。
テンポのよい展開と爽快なカーチェイスで気軽に観れる、良くも悪くもスタンダードな作品だった。

チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?(2011年製作の映画)

3.5

優秀な既婚弁護士と自由な独身役者が入れ替わってしまい、初めは下品でハチャメチャな展開ながら最後はほんのりいい話に落とすのはハングオーバーのパターン?
他人になったからわかる自分の事、本人になったから分
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.1

予想してたのと違って、ゾンビ映画だった。もう少し世界観の設定をしっかり作り込んでパニック映画+αであれば結構ハマったかも。

イントゥザストーム(2009年製作の映画)

3.1

Amazonプライムにあったので比較しようとゲイリー版に続き鑑賞。
こちらのチャーチルは無愛想で気難しさが前面に出てる感じでいかにも嫌われ者な雰囲気。客観的な目で見る「政治家」チャーチルはこちらのが近
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.5

淡々として堅苦しいイメージの政治家物だがキャラの個性を活かし、ストーリーは簡素でオンとオフの描写がしっかりしている為息抜きになるのか観ていても疲れない。多少の予備知識は必要ですが、ラストの王の本心を聞>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星(2018年製作の映画)

3.9

ついに完結です。
この赤いザクを観たいがためにここまで観てきたと言っても過言では無い。
好きな人ならご飯何杯でもいけます…??

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.4

喋り下手の国王がそれを克服していく、とそれだけの話だが作り込んだ雰囲気や役者の演技で魅せる、刺激や驚きとは無縁な映画。コリン ファースはぴったり。

チェ 39歳 別れの手紙(2008年製作の映画)

3.3

第2部、キューバ革命後のボリビア編。
勝利へと向かう第1部と異なり最後の地での話なのでこの淡々とした雰囲気は合う気がしますが、何にせよある程度知識が無いとよくわからない作り。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.8

ロビイストというものがどういうものかよく分かる、観ている方も右往左往。
とはいえあまり複雑な伏線等あるわけでなく、あっさりと楽しめます。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.0

うーんやっぱこれは合わない…。
なんかこういうこと言っちゃえばウケるでしょ??みたいな感じで押し付けがましく感じる。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

評判はイマイチの様だけど結構面白かった。特にジェダイや軍人などではなく、一般人のハン ソロが主人公ということで序盤の駅など市民目線のシーンが印象的。個人的にはラストにカンティーナのシーンが欲しかったが>>続きを読む

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(2008年製作の映画)

3.0

アニメならではのアクションは悪くないですが、TVシリーズのプロ クーンなどセリフすらなかった脇役にスポットが当たる、というポイントはあまりなく実写でも活躍するキャラがメインでその辺の価値はなし。しかし>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.4

クライマックスは全映画で一番好きかも。
悲劇の最終決戦と並行するジェダイとシスの頂上決戦。そして最悪の結果と共に最期の希望も誕生する。終わりと始まりの興奮を同時に味わえる!

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.1

前作の良いポイントはしっかり踏襲されてる!けれどもそれ以上は…。せっかくキャラクターが増えた割にあまり個性がなかった。見せ場のバトルシーンは見応えあったけど、尺も長いんだしもう少しストーリーの作り込み>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.0

シュールな映像とインパクトのある音楽がオシャレ。でももっと濃いストーリーを期待していたからかストーリーがイマイチ盛り上がらず入り込めなかった。
この絵が好きな人向けの映像作品という印象。

シャイニング(1980年製作の映画)

3.8

まずキューブリックの構図がガランとした怪しい雰囲気のホテルによく合います。
話自体はオカルト要素強めでちょっと微妙ですが雰囲気で味わう名作ホラー、理屈より感性ですねこれは。

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

落ちや見所はラストの列車内に極端に集約されるが、実話どころか本人主演というリアリティの為か大半を占めるロングな前振りも微妙な緊張感がある。これはちょっと他の映画と比較出来ない初めてのスタイルでした。

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.6

この内容でアン ハサウェイはちょっと違和感。話もついていけなかった。怪獣と人間がシンクロする、という突拍子のない展開なのにオチも???で消化不良感を残したまま終わる。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

VRがスマホ並みに普及した近未来世界。
監視用ドローンなんかも登場しますがVRも含め世の中にすでにあるものなので近未来といっても割と現実味がある。映像を楽しむ映画なのにVR化で衰退するものを真剣に考え
>>続きを読む

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

スケールも大きくなり、相変わらず各キャラにしっかり持ち場を持たせるのはさすがですが、若干のリストラ?があったのは残念。毎度おなじみのファンなら納得、一見さんはお断りです。でもこれが一番難しい事だとも思>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

4.0

これはちょっと個人的なツボにはまってしまった。鎌倉に行きたくなり、高畑充希が好きになり、安藤サクラは元々好きだ。
内容はどこかの通信会社じゃないが「ほぼ」ジブリの実写版、イメージ的には千と千尋か?この
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.3

まず映像が美しい。
アフリカや自然の雄大さが存分に味わえました。ただストーリーはありきたりのありきたりで…。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.1

プロローグ的な前作から旧キャラ、新キャラ共に現状の立ち位置がしっかりしてきて期待してたがちょっと…。
ようやく登場したルークはただの隠居爺さん、因縁の対決初戦もボンボン臭漂う青二才と微妙な感じ。もっと
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.0

いろんな意味で際どいハードなコメディかと思ったら、以外とマイルドで一番盛り上がったのはエンドロールのご本人登場。創作やアレンジならもっとぶっ飛んで欲しかったし、忠実にやるならもっとドキュメント調のが良>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.1

健康志向の現在なにかとイメージの悪いファーストフードですが、誰でも知ってるマクドナルド、そして今では定石の様なスタイルも当時はとても革新的だったんだなぁと感じさせる。
古き良きアメリカ、ダーティーなビ
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.2

今回最終章ということですが前二作に比べ過激さもさらにマイルドになり、あまり予想を超える展開も無くちょっと残念。
ラストも盛り上げず地味なのは北野映画らしい。

チェ 28歳の革命(2008年製作の映画)

3.2

二部作の前編、キューバ革命編。
結構中途半端なところから始まったり、ある程度の知識が無いと多分よく分からない。ストーリーも非常にあっさり薄味。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

バットマンvsスーパーマンの続編。
その他大勢は余り知らず。
まあ完全にアベンジャーズの二番煎じの為、キャラのポジションも似たような感じ。ただ映像は黒ばっかのバットマンからカラフルな人員が増えたせいも
>>続きを読む

コマンダンテ(2003年製作の映画)

3.3

キューバの指導者フィデル カストロのインタビュードキュメンタリー、オリバーストーン オン プーチンのDVDが面白かったので似たようなのと思い鑑賞。
生の声にこだわわり撮り直しや編集はなしの為、面白味に
>>続きを読む

エルネスト(2017年製作の映画)

2.9

キューバ革命はゲバラやカストロ中心の物が多い中、第三者視点である所や冒頭日本を絡めた演出は非常に興味深いがちょっとゲバラと距離取りすぎたか、地味で盛り上がりにかける感じ。革命の沿革やゲバラのカリスマ性>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

3.1

フィリピンのスラム街を描いたドキュメンタリーのような作り。実話と錯覚する程の出来だが話は単調でシティ オブ ゴッドの方が面白かった。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.8

今までのソーとは趣向を変えてコメディ色強め、元々コメディいけるロキに天然ボケのハルクを投入しヒットしたガーディアンズ オブ ギャラクシーに寄せてきた。
企画のあざとさとソーがツッコミに回る違和感は多少
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

嘘の様な本当の話、
何処までが事実なんだろう?
脚色はあるのだろうが、それを上回るリアリティで興味があれば見て損はなし。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.7

ニートの30女が底辺だらけの場末のコンビニで働き始め、ひょんな事からボクシングを始める。ストーリーはこれだけだがそれでも最後まで魅入ってしまうのは安藤サクラの演技力ってこと?
まるで死人が生き返って行
>>続きを読む

銀河鉄道999(1979年製作の映画)

4.2

何度か観てる名作。
さすがストーリー、キャラ、メッセージ性、そしてクライマックスとどれを取っても申し分無し。今の若い世代が観ても楽しめると思います。
まだアニメや漫画などの社会的地位が高くない時代にこ
>>続きを読む

彼岸島 デラックス(2016年製作の映画)

2.5

別の実写版との違いはグロさと激しいアクション。ストーリーもアレンジされている。が、CGの鬼との戦いは一昔前の特撮物みたいな出来だし、雅も明もダサ過ぎる。アクションなら他のを観ればいいし、原作ファンもも>>続きを読む

>|