MUさんの映画レビュー・感想・評価

MU

MU

最近は韓国映画、アメコミ系、人工知能やタイムスリップ等のリアルなif物がお気に入りです。レビューは書くの難しい。フォローは歓迎です。

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

3.3

ブッダとイエスが休暇で立川のアパートに。原作のほのぼのした雰囲気はアニメには合いますね。初期のストーリーがベースなのであまり宗教に詳しくなくてもわかるネタが多いです。日本の漫画アニメ文化の一貫として、>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.7

あの人、お父さんじゃありません、と始めからネタバレみたいなスタートでこれはアリなのか?と思いながら鑑賞。
前半の香川照之の怪演でこいつこの後何やらかすんだろうという期待と不安にさぞ巧妙な手口があると思
>>続きを読む

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦(2017年製作の映画)

2.9

遂にルウム戦役!
と思ったらなんかどうも盛り上がりに欠ける内容だった。もっとMSがバチバチに暴れるのが観たかったのに。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.0

評判いいので観てみましたがあまり合わず。音楽と映像のリンクに初めは期待しましたがストーリーが地味で、映像も特に評価できる様なものでもない。
好みは分かれるのかも。

彼岸島(2009年製作の映画)

3.3

まず思ったのは最初の方の展開が早過ぎて恐怖や不安に感じる間がない。
いきなり吸血鬼が出て来てすぐに島へ。
こりゃダメか〜なんて思ってたら兄貴と雅のキャラが悪くない、兄貴に至っては原作よりカッコいい。殺
>>続きを読む

ルパン三世(2014年製作の映画)

1.0

悪名高いこの作品、ようやく観てみました。
まあなんというか、まずルパン観たことある?と聞きたい。ルパンや次元、銭形のカッコいいところを履き違えてます。ハードボイルドな渋さとかは皆無、イケメンが決め台詞
>>続きを読む

アイランド(2005年製作の映画)

3.4

汚染された世界の中、安全で完全管理されたコミュニティで暮らす人々の目標は当選によるアイランドへの移住。その社会に疑問を持つ主人公、という近未来デストピア系の作品。
好みの系統ですがかなり早めのネタバレ
>>続きを読む

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

2.4

少年誌的なちょいエロがひたすら続き、そのまま終わった感じです。豊橋市の住民がみんなエロくなり女子高生のスカートはみんなワカメちゃん状態。
それだけで特に笑いみたいのも無く、原作の実写化を楽しむだけのも
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.2

タイトルでイメージするストーリーそのままの上、冒頭でも解説してくれる親切な作りにトム クルーズ、綺麗なCGと、製品としてならこれ以上はありませんが視聴者に寄り過ぎてなんか薄っぺらいです。
映画好きに酷
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.4

かなり昔の映画で演出は地味目ながら映像的には古い感じがしないのは凄い。
アジアの雑多な雰囲気の近未来都市は味があって後のSF映画に多大な影響を与えたらしいですが、ゴースト イン ザ シェルなどは影響を
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.6

とある殺人事件後にそれぞれ別の土地に3人の素性不明の男が現れる。
3つのストーリーが進む中、誰が殺人犯かと推理しながら観ていたがテーマはそこでは無くすべてのストーリーが三者三様に収束する。
好きなタイ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

ピエロ好きとしては楽しめたがストーリーは?が若干。
謎解き要素はほとんど無く、グロ怖で押しまくって完結。サクッと怖がりたい時は良いでしょう。

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

余り期待してなかったけど楽しめた。
ストーリーは初回作という事もあり、最近のマーベルの様な一見さんお断りのゲスト、伏線張りまくりな感じでは無くひと昔前の単純王道な作り。
それでも楽しめたのは美人主人公
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.4

シビルウォーへのゲスト出演から今回は主役での第一弾。
ということでお約束の誕生秘話的な話ですがリブートばかりで流石にもう飽きた感。
アベンジャーズ絡みのゲスト登場でファンは嬉しいが単体映画としてはちょ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.1

黒人少年の人生が三部に分けて描かれる。
かなりハードな人生ではあるが、韓国映画のようなこれでもかっていうような観せ方ではなく、とても繊細。LGBTという事を題材にしつつそれが露骨に全面に出される場面は
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

2.8

実写化としてはいい出来の方でへんちくりんな世界もよく出来てるけど、やっぱり安っぽい感じは否めない。
ストーリーも原作劣化コピーなだけでアレンジを入れるチャレンジも無く、同じ紅桜篇のアニメ映画のが面白か
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.0

最近のアニメっぽくない、少しレトロな感じの映像に興味を持ったが内容はインテリ文学女子の妄想系?
俗な男の自分にはあまり分からず。
ジブリやなんかの青春モノと比較していいのか分かりませんが、こちらは大衆
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.0

戦後の石油王の話。
「永遠の0」は演出が合わなかったがこちらは人物の知識もあまりないところで勉強にはなった。
映画としては「永遠の0」同様シンプルな感じでわかりやすい分、ちょっと知識を付けて観た方が良
>>続きを読む

WASABI(2001年製作の映画)

3.2

何でWASABIなのかと思ったらほんとにわさびだった。
このキャストはどうしたってレオンを彷彿させるが全く別物、スタイリッシュコメディアクション?とでも言いましょうか?
ジャン レノ×広末×Japan
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

3.5

ちょっとグロめのサスペンス、韓国映画でよくある感じのストーリーの洋画版。
やはりグロさは韓国に劣るが変なクドさは無く、洋画慣れしてる人にはこちらのが良いのかも。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.5

新しいタイプのSF。
とても静かに未知の物体への謎解きが進んで行き、途中分かりにくい所もあるが最後にぶわーっと点が結び付く。
理屈で考えると奥深く、あまり理屈で考えず感性で観るとすっきりする不思議な映
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.2

就活時代のあるあるみたいな話、登場人物はこれ系いたよな〜と思い出す。ストーリーはあまり盛り上がらず、淡々と進みそのまま収束した様な印象。ある意味リアル?なのでより就活世代に近い程楽しめるのかも。

これが私の人生設計(2014年製作の映画)

2.8

女性建築家の話でもっと建築士っぽい話かと思ったら、女性目線のコメディスタイルでちょっと感情移入出来なかった。レビュー観ても高評価はやっぱ女性っぽいです。まあ会社はどこの国でも似たようなところがあるなと>>続きを読む

ドローン・オブ・ウォー(2014年製作の映画)

3.0

タイトルから近未来の戦争物かと思ったら、かつてのパイロットが会社員のように通勤し無機質にゲームの様な作業を繰り返す日常に苦悩する話。
当然アクション感はなく、ストーリーもベタな展開で本作の主人公の如く
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.4

社会的に隔離された環境で暮らす家族、知識や身体能力は飛び抜けているが「本で学べること以外何も知らない」子供たち。コメディっぽいのかと思ったら非常に真面目な話。
人である以上、他人との関わりなくして生き
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.5

田舎でバーチャル世界、家族の絆とネット上のつながりをテーマにした話。ストーリーはご都合主義な展開だがほんわかと飽きずに見れました。
ただポップなバーチャル世界とほんわか雰囲気のせいで、結構重い展開もあ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.7

エヴァンゲリヲン感漂う、従来の怪獣映画とは異なるゴジラ。
現代日本にゴジラが現れたら日本の対応は…という政治的視点で描かれてはいるが、どうにもストーリーやCGが安っぽい。アニメだった方がしっくりきたか
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.4

電気を消すと現れる。
完全にチープなストーリーを予想していましたが意外とよく出来てた。
怖いというよりなんか驚かされてる感じですが、電気消す時にふと思い出してしまう様にはなります。

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.7

江戸時代の隠れ切支丹を題材にした話。
キリスト教弾圧下の日本で複雑な宗教観や倫理観を論ずる宣教師の話は物語としては淡白ですが、その分生々しい映像が際立ち脳裏に残る。
リアルな世界観は娯楽性は薄いが引き
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.3

子供向けというよりファン向けに作られた感じでした。原作を皮肉ったバットマンの発言は原作が好きな人程笑える。
バットマンの映画を観た後、力を抜いて鑑賞するのがシリアスとコメディの対比もあってより楽しめる
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.0

万里の長城でカラフルな中華風軍隊が怪物相手に飛んだり跳ねたり…。
これが全ての内容ですね。確かに映像もヒロインも綺麗だが。
考えるな!感じろ!的な映画。
期待を越えず劣らずでした。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.0

X men-その後の世界、みたいな感じの世界観。もうろくした爺さんとクレイジー娘、その中ではまとめ役に収まるローガンの親子?哀愁物語。
派手なアクションなんかはないが過去作を観て来た人には染み渡る内容
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.3

大概、前作が高評価だと二作目は尻つぼみするけど尻つぼみするどころか世界観を広げるくらいの出来。ノリのよい雰囲気は踏襲しつつヨンドゥなど脇役のキャラを掘り下げ、ストーリーも味のあるものになってる。
今後
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.4

良くも悪くもストーリーは超単純、島の調査に来た面々の前ででかいモンスターが暴れまくるという映像全振りな作り。
ただコングの登場シーンが怖さを煽るだけでなくスタイリッシュ?でカッコ良く、変な恋愛や自分語
>>続きを読む

TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)(2016年製作の映画)

3.7

築地に関わる人たちに取材したインタビュー形式のドキュメンタリー。
食がテーマの話ではあるけど、食に限らず日本人が理想とする価値観、考え方みたいのがすごく感じられた。外国人観光客がなぜ築地に行くのだろう
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

都会と田舎の高校生男女が入れ替わる、という恋愛物の民放コメディドラマみたいのかと思っていたら、途中からのミステリアスな展開に引き込まれました。
結局入れ替わった理由などにはあまり突っ込みませんが、彗星
>>続きを読む

>|