Kazuさんの映画レビュー・感想・評価

Kazu

Kazu

映画(130)
ドラマ(9)
  • List view
  • Grid view

ライオット・クラブ(2014年製作の映画)

2.0

うーん
気分が悪くなるくなったという感想続出のこの映画。
たしかに酷い、、、集団暴走の心理か?
まじでお酒って怖いし、その中で立場を作ろうとする時の卑屈な精神って頭の良し悪し関係ないのかもなーと思った
>>続きを読む

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

2.5

まさかのジョシュ・ハーネット。
落ちぶれたな、、、と思ってしまった。
しかし
痛いねぇ
ミポリンがWOWOWでやった賢者の愛 みたい。遠回りな復讐。
を描いた映画かはわからないけれど、、、

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.0

鑑賞記録

ただただ ロビン がカッコいい。
あーいう 考え方になりたい。
私はデブだから、、、とかいう卑屈さがない。そういうところが またモテるんだと思う。振り切ってるもんなぁ。「なんか こういう人
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

3.2

鑑賞記録

1作目、すっごい 煽り文句で期待して見て「へ?AVですか??」
と思いつつもAVほとんど見た事ないから AV気分で楽しんだけど 2作目の本作は 1作目の2.5倍 よかった。
グレイの心の闇
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.0

鑑賞記録

ドラマファンのための映画って事で ある意味期待通り。
ただただ山Pが格好いい、っていう。
そういう映画。

食べる女(2018年製作の映画)

2.6

ふーーーん

な映画。
色々な女優が出てくるけれど、鈴木京香とキョンキョンだけは 別格だわああ、ということがよくわかる。
私としては沢尻エリカの演技が クサイ というか オーバーに見えたんだけど他の方
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

2.8

うーん、思いがけず Wアレンの映画で いいの(#カフェソサエティ #ミッドナイトインパリ)を続けて見たもんだから調子に乗ってしまった。
Kウィンスレット 老けたなぁ、、、あのタイタニック姫が、、、
>>続きを読む

君がくれたグッドライフ(2014年製作の映画)

3.1

タイトルだけで見始めたものだから、こんな重いテーマだと思わなかったが 自分で自分の終わりを決められるのは悪くないと思った。
尊厳死は賛否が多いけれど、今の日本では「死刑になりたかった」とかいう訳の分か
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.0

絵は間違いなく可愛かった。絵だけもう一回じっくり観たいくらい。
ただ話についていけなかった。そもそも なぜ投獄されたのか?なんで警察が来た時に逃げたの???
そこに引っかかってしまって 先に進めなかっ
>>続きを読む

空海 ーKU-KAIー 美しき王妃の謎(2017年製作の映画)

1.0

久々に酷いの見たな
途中何度も寝ちゃっては巻き戻し、、、を繰り返した
実話かと思ったら これ なに?
もはやジャンルもわからない
いやぁ ひどかった。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.0

カフェソサエティ
がとっても良かったので ウディアレン繋がりでたどり着いたら なにこの映画、斬新!
主人公のギルが辿り着いた心境ってすっごく大事だと思う。目の前のことを大事にしましょう、って事なのだろ
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.9

なーに、これ。
シャ・レ・オ・ツ!
とにかく終わり方&音楽がいい。
ウディアレンって 苦手なイメージだったけど ご本人が出てこないと イライラしないみたい。
相変わらず言葉の多い映画だけれど なんか余
>>続きを読む

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.0

大泉洋が出ているという時点で コメディだと信じきっていた(このミス、前にも犯した気がする、、、)ので、ちょっとビックリしてしまった。
在日韓国朝鮮人の苦悩というか、戦後の苦悩というか、きっと本当にこう
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.2

映像は素晴らしいが15歳の男の子には感情移入出来ず。何を守ろうとしているのかも理解しきれず。
要は子供向けの映画かな、、、

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

3.0

まぁテレビでいいんじゃない?という気もするけど 普通にいい話だった。
映画館で1800円払って見るほどではないけれど。
こういうお店が近くになったらいいなぁ。

ピーターラビット(2018年製作の映画)

2.7

普通に考えて 自分の家で野生動物が暴れているって恐怖でしかない。
ピーターラビット達が先に住んでいた世界かもしれないけれど、せっかく育てた野菜とかを当たり前のようにバリバリ食べるウサギ、そりゃぁ駆除し
>>続きを読む

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)

3.3

会う人々が「ハイルヒトラー!」っていう世界って本当に不思議で なぜそこまでヒトラーが登りつめたのか やっぱりちゃんと勉強しようと 思った。
そして やはり 戦争のない世界を、、、と 心から思う。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.4

戦争ものは避けていたんだけど、第二次世界大戦直後に訪英した現上皇(当時は皇太子)に対してのエピソードを聞いて 興味が湧いて見た映画。ものすっごい私の知的(?)好奇心をそそられ、チャーチルを任命したジョ>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.0

これは映画館で見るべき映画だな。。少なくともスマホサイズで観るには勿体なさすぎた。
ディカプリオの最後のシーン、あぁこの人って演技上手だわ〜と シミジミ。
返す返すも大画面で見なかったことを後悔。

蜩ノ記(2013年製作の映画)

2.3

原作がとっても良かったので期待してみたのでガッカリ、、、映画は原作に忠実で無ければならない、とは言わないけれど なぜ そういう行動をしたか、という部分がだいぶ端折られていて しかも本のクライマックス>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

1.7

うーーーん。
わからなかった!意味を考えちゃダメ何かな?映画って何かを伝えたかったり、ただ笑えたり、ただ怖かったりするものだと思うけど これは そのどれでもなかった。
地球環境の話でもないし、なんなん
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.3

ツウ好みの映画
ケイシー・アフレックの覇気のない感じがとっても良かった。&パトリックの心情やリーの最後に選んだ手段が現実的で良かった。何よりエンドロールが綺麗。
色々な意味でツウ好み。

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

5.0

最高が過ぎる!!!何が素晴らしいって英語が不自由な引け目とかもわかるし、子供や旦那のムカつく態度、努力して毎日が輝くこと、それらを最終的に上手に伝えたラストシーン。泣いた。彼女の勇気や努力や聡明さに。>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.4

変なタイトルと主役の名前(フランシス)とモノクロが相まってフランス映画かと思った。
フランシスの迷走ぶりが、痛かった。ある部分、自分を見ているようだった。
フランシスは相手を気遣いすぎちゃうんだよね、
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.0

すっごくイイと聞いていたので期待値上げすぎてしまった。
普通にイイ映画。ただ理屈っぽい人は受け入れられないだろうなぁ〜
家族愛を描いた映画で こういう親子関係 羨ましいな、私も海辺に住んでみたいな、と
>>続きを読む

ホテル・ファデットへようこそ(2017年製作の映画)

3.0

可もなく不可もなく。
往年の大女優と大男優の共演なので 安心して見ていられる。
そして、カトリーヌ・ド・ヌーブの役のように、後先考えず 自分の楽しい方にベクトルを向けて生きていく女性、憧れしかないなぁ
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

2.7

有名人が出てくるAVって感じ。
ジャンルで言うと エロティックサスペンスなのか?

松坂桃李が本当にこういう人なんじゃないか、と思えて仕方がないのは、演技力があるせい?

色々な映画を見て思うけれど
>>続きを読む

茶々 天涯の貴妃(おんな)(2007年製作の映画)

2.3

たしかに、、、酷いね。
ヅカファンのための映画なのかな?

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.9

やっぱり実話って面白い。
原作は捕まったところまでで、その後を描いた映画の方が 結末はわかりやすいみたいだけど 少しずつ原作とは違うらしい。
しかし、ケビンコスナーとは気づかなかった、、、
女性が才覚
>>続きを読む

ミニマリズム: 本当に大切なもの(2016年製作の映画)

2.3

ミニマリストになろうと思っているので、勉強のために見たけれど 物を買う人を馬鹿にする映像が多数取り込まれていて、あまり良い気分がしなかった。
ミニマリストになる事の意味ではなく買うことの愚かさ を ア
>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.8

彼の成功のために、と一丸になった家族。
のはずなのに、愛情って難しい。

小さい時から一つのことに打ち込み、成功できるって単純に羨ましいと思うけれど、当の本人は 違う悩みを抱える。
その努力を重ねた人
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

こういうのを見ちゃうと。
映画って。
映画を映画館で観るって。
こういう事だよね、と 思う。

ライブエイドの場面以降は なんだかよくわからないけれど ずっと泣いてしまい、
それは 難しい家族構成の中
>>続きを読む

バーン・アフター・リーディング(2008年製作の映画)

3.3

たしかにB級!
でもコーエン兄弟が大好きで、コーエン兄弟ファミリーが大集合なだけで もう 満足!みたいな。

結構あっさり 殺されていくのに 思わず声をあげて驚いてしまったし、色々と 腑に落ちない話も
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

埼玉出身の埼玉愛に溢れる私としては 面白かった!
ここまで来ると なに!!みたいな感情は一切ない何より 千葉 対 埼玉の 戦い方が 奇想天外すぎて、てっきり武力抗争かと思ったら、、、

キャストを見な
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

4.0

映画が始まった時に 未成年視聴禁止って書いてあるから えっ?実話なのに?
と思いながら見続ける事1時間。
全く 未成年を禁止にする理由なんて わかんないなーと 思っていたら。

来ました。

久々に
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

1.0

やばい!
超絶つまんなかった。こんなにつまらないのはキムタクの無限の住人以来かも!!!

だいたいこれ、櫻井君が主役か、、、?という。
ただただ、スズちゃんが可愛く、東野圭吾の原作もやっぱりツマラナイ
>>続きを読む

>|