99chidaさんの映画レビュー・感想・評価

99chida

99chida

映画(341)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.2

仲間も相手も、大人も子供も、みんなちょっとずつでも成長していくのがすごく気持ちいい。

本当に強い人間は、周りをこそ強くする。
後進には、希望を。
相手には、敬意を。
仲間には、勇気を。
時間も空間も
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

4.0

荒ぶるとちはやぶるの違いがちょっといい。
止まって見えるコマのような、左右にぶれない芯の強さ。

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.8

日本の文化はとても雅。
それが競技になっても、強者は所作に優美さを纏う。
ただ強いだけじゃないところがいい。

ゆれる(2006年製作の映画)

3.8

終わってみても、本当はどっち?と思ってしまう。

最後の表情が意味深。

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.8

これは映画館で見るべき。他の客の所作に神経削られるレベル。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.8

3人のあうんの呼吸が心地よい。

人生は回り道の方が面白い。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.7

妄想がハンパないが、人間関係、距離感には共感が持てる。

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

人って素晴らしい。
人には、人を幸せにする力がある。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.5

客観的なのにいつのまにか感情移入してる。
ガンガン進む複数のストーリーを一方的にまとめてシェアされてる感じが◎

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

所作とは、頭で考えるものではなく、手が自然と覚えるもの。
見に見えないものを見ようとするには、じっくりと時間をかけてやる。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.7

悪いイケメンと薄っぺらいイケメンと、純粋なブサイクの競演。

犬猿(2017年製作の映画)

4.6

人は等しく表と裏の面を持ち合わせており、兄弟は付き合いが長いからこそ、その両面が見えてしまうんだろうなぁ。

あん(2015年製作の映画)

4.2

女優、樹木希林の、圧巻の演技。
職人芸というより、まさに生き様。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.7

安藤サクラにしか出せない厭世観に引き込まれる。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

今と昔、全部まとめて自分。
旧友にも、過去の自分にも感謝したい。

>|