アミさんの映画レビュー・感想・評価

アミ

アミ

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.5

足元で奏でる音に息を呑んだ。後半にかけてメッセージ性が強くなっていった。言葉では言い表せない感情がぐるぐる心で回ってた。最後のタップダンスは涙出た。エンドロールよかった。

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

4.0

お亮上手だった。ベースやっぱりかっこいいよね弾きます。気持ちを素直に伝えるって勇気いるけど大事だ

通学シリーズ 通学電車(2015年製作の映画)

1.5

ストーリーぶっ飛びすぎ。サイサイ久々聴いた。お亮が主役みたいに見えた私は

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦(2012年製作の映画)

3.0

マイキーとドラケンだって思ったらお亮瞬殺されたゼ。なんかめっちゃ大集合してた

ユ・ヨルの音楽アルバム(2019年製作の映画)

3.9

チョンヘインの笑顔にやられた。SNSが日常化してない時代のすれ違いに応援してしまう。今はすぐ連絡が取れる事が当たり前で便利だけど疲れる。SNS社会が構築される前の時代で生きてみたくなった。衣装可愛かっ>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

4.0

お亮優勝。漫画読みますってなった。マイキーもドラケンもめちゃくちゃかっこいいし良かった。最後エンドロールで大きいスクリーンに吉沢亮って出てきた時誇らしかった。これからもついていきます。

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.9

イエス様かわいかった。雰囲気好きだった。ゆっくり重たい内容を突きつけられて色々考えさせられた

僕らの青春白書(2014年製作の映画)

3.6

ピノキオコンビ良かった。イジョンソクが安定にかっこよかった

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.2

ピアノ良かった!俳優さんかっこいい。雨の日のめちゃくちゃ濃い一日を覗かせてもらった。

ゴッホとヘレーネの森 クレラー・ミュラー美術館の至宝(2018年製作の映画)

3.8

へレーネがゴッホを愛したから今私たちがゴッホを愛することができるように思えた。へレーネの努力は偉大だしいつか美術館を訪れたいと思った

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.7

自分の人生を懸命に生きててかっこよかった。屋根裏でのジョーとお母さんの会話が印象的だった。衣装素敵。また観たい

クルエラ(2021年製作の映画)

4.2

音楽もファッションもキャストも全てにおいて最高だった!観てよかった

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

4.7

余韻が残る。白黒の静止画でここまで引き込まれると思わなかった。ストーリーも面白く素敵な世界観だった

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.6

終始ゾワゾワした。過激なシーンが多くてちょっと苦手だったけど面白かった。キャストの演技凄かった。お亮はまり役すぎ1番好きな役かも

負け犬の美学(2017年製作の映画)

4.0

かっこよかった。敗者がいてのチャンプだろってセリフは負けを何度も経験したから言える言葉と思った。才能なくて負けてばかりでも続ける強さと夢中になるって大切だなと思った。エンドロール良かった。

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

4.2

全部がかわいい!個人的にルーカスのキャラすごく好き。音楽もファッションも最高だった。ジョーの人柄に惚れた

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.0

レオンとマチルダの関係がすごく良かった。レオンのぎこちない優しさにグッときた

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

いろんな感情がわいた。これが実話なのが信じ難い。オーストリアの両親の考え方が素敵だった

ソラニン(2010年製作の映画)

3.8

杉山くんに見てって言われて3年越しに。Over armyやっぱりやりたくなった。アジカンやっぱりいいね

望み(2020年製作の映画)

3.9

タイトル通りだった。大切な人達に気持ちを伝えなきゃなって思った。最近涙腺緩いわ

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

3.5

フジファブリックの曲が良かった。全て引き立ててくれた。ゆきのちゃんのセリフ愛がなんだの逆だな。「椎名にとってのあたしはあたしにとっての遠藤なの」はグサッときた

>|