AokIさんの映画レビュー・感想・評価

AokI

AokI

映画(287)
ドラマ(0)

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.5

劇場公開を期待してNetflixには入ってるものの未鑑賞のままだった本作。イオンシネマが上映する事を電撃的に発表して遂にスクリーンで拝めた!
やっぱり劇場で観てこそな映画だった。モノクロームの映像の美
>>続きを読む

第七の犠牲者(1943年製作の映画)

3.8

主人公が消息不明の姉を探すんだけど出会う人がすぐに消えたり嘘ついてたりで段々と悪夢の中にいるような気分に。途中突然姿を現わして消える姉のシーンは何だったのか。
シャワーを浴びる主人公が半透明のカーテン
>>続きを読む

ブルース・ブラザース(1980年製作の映画)

5.0

R.I.P.アレサ・フランクリン、素晴らしい歌の数々、ありがとうございました!

ヒッチコック博士の恐ろしい秘密(1962年製作の映画)

3.8

冒頭の少女の遺体はなんだったのか?色々な伏線が放り投げられたまま次々に話が進んで行く。のっぺりした感じでずっと流れてるホラーなサントラ、何度も出てくる頭骸骨、これまたやたら出てくる黒猫、ヒッチコック博>>続きを読む

ミストレス・アメリカ(2015年製作の映画)

3.8

ノア・バームバック監督作としてはWhile We're Young(ヤングアダルトUSA)の次に撮られた作品で日本劇場未公開作品。
前作よりも軽めかつ毒のあるコメディ作品で楽しめた。
グレタ・ガーウィ
>>続きを読む

悪魔の呪い/悪魔の夜(1957年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

冒頭さっそく登場する悪魔が煙がもくもくするのは不気味で良い感じなんだけどガッツリ全身表すと可愛かった。
降霊術のシーンでみんなで牧歌的な歌を歌うとこは笑った。
ラストの汽車の煙に被さるように悪魔の煙が
>>続きを読む

夏の夜は三たび微笑む(1955年製作の映画)

4.0

ベルイマンのラブコメ、下ネタ系のギャグ多めで笑った。
でもベルイマンだから首吊りシーンやロシアンルーレットなどの不穏な場面が急に出てくるから怖い。
メイドとおっさんのエピソードが好きだった。

魔術師(1958年製作の映画)

4.5

後半、マックスフォンシドーが検察医を追い詰めるシーンの演出が洗練され過ぎてて完全にモダンホラー。
お色気ギャグシーンも多めでベルイマンのイメージが変わった。
オチも急にドタバタコメディなノリになって不
>>続きを読む

ファニーとアレクサンデル(1982年製作の映画)

5.0

ベルイマンの「ファニーとアレクサンデル」完走。ポスターから想像した大河ドラマみたいな内容では全然無くて幽霊を見るアンチクライストな少年、超能力、超常現象、後半の独善的な主教との全面対決とか面白い要素し>>続きを読む

>|