Kyotoさんの映画レビュー・感想・評価

Kyoto

Kyoto

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

3.8

人生は苦いこともある。それを秋刀魚の味にたとえたのかなと解釈した。とにかくキャラ設定がしっかりしていて飽きないのが小津安二郎の映画。家族の一般的な出来事を朗らかに描いてくれる。ポーカーフェイスの父が最>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

単純に楽しかった。ダニー・ボイルらしい音楽と映像遊び。20年経った今でもダメなやつら。いや、楽しませてくれました。ベグビーも笑わせてくれた。ヘロインを絶ったスパッドを観て少し安心してしまいました。

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

2.5

戦争を美化してるつもりはないかと思うけど、日本人の俺からしたら美化してるようにしか思えない 結局戦争は数多の人間を悲しませるものでしかない
アメリカ人によるアメリカ人の為の映画だと思う

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.2

ウディ・アレンで一番好き。キャスティングも大成功!な作品。

七人の侍(1954年製作の映画)

5.0

映画史に残る娯楽大作。多くの監督がこの映画を手本にした。この作品ほど情熱が伝わってくる映画はない。

ミラーズ・クロッシング(1990年製作の映画)

4.4

コーエン兄弟の最高傑作。哲学的なストーリーがギャング映画に深みを加える。

現金に手を出すな(1954年製作の映画)

3.6

ジャン・ギャバンの渋さにヤられる。古典的フレンチノワール

月光の囁き(1999年製作の映画)

4.1

サドとマゾの話。ちょっぴりあんな関係性に憧れる・・

街のあかり(2006年製作の映画)

3.6

ただひたすら同じリズムで物語が進んでいき、最後の最後でほんのちょっぴり幸せを与えてくれる。そんなカウリスマキが大好きです。カウリスマキの作品は上映時間が短いのもGOOD