Ash国立ホラー大学院卒論執筆さんの映画レビュー・感想・評価

Ash国立ホラー大学院卒論執筆

Ash国立ホラー大学院卒論執筆

映画(911)
ドラマ(75)

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

【複雑過ぎて混迷極まる】

未来から過去へ、結果から原因へ、覆水から盆へ、帰納法を穿って解釈したようなメメントのテーマとか発想に量子物理学用語を盛り込んだような作品。その分難易度も急騰しており、ノーラ
>>続きを読む

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年製作の映画)

3.7

おそらく初めて劇場で見たハリウッド映画。今でも鮮明に覚えてるくらい印象的な(分かりやすい)話だったな。

ラノベの異世界転生系に影響与えてそう

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.6

【ホラー系脱出ゲーム】

"ちょっと簡単なCUBE"的なとこを次々とクリアしていく感じ。

アメリカの脱出ゲームが原作だったかな?いかにも脱出ゲームっぽい雰囲気はある。映像にすると結構ホラー寄りになる
>>続きを読む

この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説(2018年製作の映画)

3.5

【もっとパワーを!】

ガッツリ劇場版用に盛り上がるストーリーを持ってきたなという感じ。今までのボスが勢揃いで、紅魔族との大戦争。

基本的にギャグ要素だらけだけど、戦闘は割とシリアス。Fateで言う
>>続きを読む

ブライトバーン/恐怖の拡散者(2019年製作の映画)

3.4

【スーパーマン版オーメン】

まさにスーパーマン版オーメン。ストーリーはこういう系の王道展開だけど、基本に忠実で破綻していなくて普通に面白い。無難な作品を作ったなという印象。

あと映像も中々。予算は
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

3.6

【静かな虐殺】

なんか想像と違ったな。この監督はグッドウィルハンティングしか見たことないから分からないけど、こういうのが定番の作風なんだろうか。

よく言えば『この世界の片隅に』風に派手さを排除した
>>続きを読む

ヒルズ・ハブ・アイズ(2006年製作の映画)

3.6

【恐怖と絶望の哲学】

よくある片田舎で異形の者に襲われちゃう系…と思いきや、やはりアレクサンドル・アジャの才覚はそれに留まらない。彼の紡ぎ出す恐怖と絶望の哲学は、単純なテーマにこそ明確に響く。

>>続きを読む

KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV(2016年製作の映画)

3.4

【厨二ファンタジー】

FFは1と零式しかやったことないけど、普通に理解出来た。というかFF15の前日譚らしいし、世界観の理解とかいらないのかも。

ストーリーは単純で世界観は独立しており、FFらしさ
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring song(2020年製作の映画)

4.1

【もはや秀吉級…まさに神話級…】

Fate/Zeroで艦これや東方との違いを見せ付け、コミケの永世神として圧倒的ブランド性をゲットした原作シリーズの集大成。エロゲという比較的ニッチなジャンルからここ
>>続きを読む

ヒドゥン(1987年製作の映画)

3.7

【理性のないエイリアン】

スティーブン・キングの『デッドゾーン』的なノリのボディスナッチャー。

ボディスナッチャー系のエイリアンは"種の保存"行為に真面目に取り組むのが多いけど、今作のエイリアンは
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

【スノーピアサーの自己リメイク】

神田のガード下みたいな所に住む一家が渋谷松濤の麻生太郎邸みたいな所に寄生する話

屋根裏にでも侵入するのかと思ったらそういう事かw ここまで器用に色々手を回せるなら
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

4.1

【透けるほどに、いやらしく…】

透明になって痴漢するだけの『インビジブル』とはレベチのホラー行為を続ける透明変態人間。まるで夜神月がデスノートを拾えず性癖が拗れて透明になったみたいな…

それに単な
>>続きを読む

恋しくて(1987年製作の映画)

4.0

【ズルいぜあんた…】

━━━━━━━━━━━━
Wise men say Only fools rush in
But I can't help falling in love with you
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.9

【血に汚れた歴史の集大成】

惡の種が植えられた煉獄を彷徨う贖罪の少年たち。華が咲いたら最後、彼らの贖罪の歩みは止まる。

「ヒトラーの忘れもの」とかいう「はじめてのおつかい」的な和やかな雰囲気の邦題
>>続きを読む

バイロケーション(2013年製作の映画)

3.8

【いいJホラーは探せばある】

途中で、設定甘くね?やっぱJホラーはこういうの苦t…と思いきやまさかのね。いい意味で裏切られたな。

こういう独自の詳細設定がある異界のバケモンに襲われる系は、結局デス
>>続きを読む

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

4.0

【9.11の知られざる真実】

2001/9/11貿易センタービル、ペンタゴンと4つの目標に旅客機が突っ込んだ。だが、狙われていた5つ目のターゲットであるホワイトハウスは無事だった。

本来アメリカの
>>続きを読む

世界最速のインディアン(2005年製作の映画)

3.6

【ロマンに後生を懸けた男】

高校生の時にインドネシアでバイクに乗った時、車校の実地で初めてスピードを出した時、、そのエンジンの唸りと熱、とてつもないパワーに驚かされた。

マシンのパワーに魅せられた
>>続きを読む

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)

3.6

【社会の在るべき姿とは】

東ドイツ保安省に勤める優秀な尋問官が反体制派疑いのある劇作家を盗聴し始め、人間性が変わっていく話

東ドイツの政治体制や市民生活を、1人の軍人の視点をもって描いていくのが面
>>続きを読む

新・猿の惑星(1971年製作の映画)

3.7

【終わりなき闘争の源】

まさかのタイムバック。衝撃のラストから引っ張るのは相変わらずだな。もはや猿の惑星のお家芸になってる。

新世紀のちょっと前みたいな雰囲気で、人間文明と知能猿との邂逅を描く。実
>>続きを読む

続・猿の惑星(1970年製作の映画)

3.2

【作風の暴走】

あの衝撃のラストからどう運ぶかと刮目したが、結局よー分からんことになってお終い。

"過ちを繰り返す"的なテーマなのかもしれんが、ハチャメチャすぎて内容が入ってこんな。新版の方が余程
>>続きを読む

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

3.7

【闇の世界との邂逅】

7/2最終上映日、帰りに歌舞伎町に駆け込みました。

それなりに評価が分かれるタイプっぽいけど、個人的には気に入ったな。特に前半部分の"闇の世界との邂逅"(青春日常シーンから真
>>続きを読む

猿の惑星(1968年製作の映画)

3.8

【既知の惑星】

西暦4000年頃、宇宙飛行士が降り立った未知の惑星。そこは猿に支配されていたが…

旧版は見たこと無かったのでシリーズ通して鑑賞。ピッコマで華山転生を読む為に登録したU-NEXTで猿
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

4.1

【こいつぁシビアだぜ】

両親を交通事故で亡くして小学生のおっこは、何故か見えるようになった幽霊達と共に旅館で働き始め…

フランスの映画祭で絶賛されたと聞いて鑑賞。これは素直に号泣。

ジブリと違っ
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.7

【DCの華麗なる覚醒 DCs of Prey】

おっとこれは。DC側製作陣が監督に見切りをつけたのだろうか。作風がかなり方向転換。映画はストーリーよりも、演出や構図の方が重要だと分かる。(ストーリー
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.3

【手抜きスクワッド】

基軸のストーリーは悪くないけど、手抜きだか何だか知らんが荒が目立つ。予告もキャラも面白そうなのに、低評価が目立つ理由が分かった。これが楽しめるのはある意味幸せかもしれない…^^
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.9

【それでも僕はやってない】

実話系の冤罪もの。実話系だからこそなのか『ライフオブデヴィットゲイル』とか『真実の行方』『12人の怒れる男』的な派手さはない。

だが流石イーストウッドというべきか、地味
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.5

【この馬鹿シンジ!】

あのラストからどうなるんだと浮き足立ってた中学生キッズの俺、劇場で唖然。アニメ版の「おめでとう悪夢」、再び。

Qからは今までとは全く違う新しい世界線になっている。ただでさえ謎
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.2

【もういいのよ、碇くん】

オリジナルから大分改変を加えた今作。新キャラの登場、名前変更、まさかのラスト。。

映像的カッコ良さはもはや天元突破。現代アニメーションでこれ以上イカす絵を描くのは難しいん
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

4.0

【僕が…やるしかないんだ…】

Youtubeで無料公開されていたのでQの上映時に見て以来2度目の鑑賞。

「なんでそこ削った?」ってとこと、印象薄いところを捨ててエンタメ性を増した部分がごちゃ混ぜな
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

3.4

【コメディブロマンス】

賞金稼ぎのデニーロがマフィアやFBIから目をつけられてるトンデモ男を護送する話

デニーロだからハード目なアクションを期待したけど、想像以上にコメディよりだった。このユルい雰
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.6

【バケモン穢土転生】

シャイニングとは一転してNARUTO的な超能力バトル系に…^^;

もちろんキューブリック作品の続編と謳ってるだけに、映像自体はいいし高級感はあるが。もはや方向性がよく分からな
>>続きを読む

都市伝説物語 ひきこ(2008年製作の映画)

3.5

【人気のない河川敷にご注意】

中学生の頃授業中にこっそり序盤部分をYoutubeで見てクオリティの高さに驚いた作品。全編がアマプラにあると知って鑑賞。

正直途中まではめちゃくちゃ面白くていい出来な
>>続きを読む

ブラックマジック M-66(1987年製作の映画)

3.8

【リアリスティック・ターミネーター】

あの攻殻機動隊の士郎正宗初のアニメ化作品

内容的にはほぼ日本版ターミネーター。でも士郎正宗のリアリズムや当時のアニメの優位性(映像技術が未熟だからアニメ絵の方
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

3.8

【タイムトラベルの哲学】

世界終末を告げた銀兎の言う通りしたらどえらいことになる話

難解と聞いてたけど、大半は普通のSFサスペンスやブラックコメディなので意味不明でも面白い。ドニーのイカれ感とジェ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

【障害との付き合い方】

京アニ特有のカメラワークが活きている。シャフト的(TVアニメ的)な訳の分からなさではなく、映画としてのテーマ性を重視した上での手法なので、こういうところは安定的に評価できるな
>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.7

【切り口は面白い】

異星人に侵略されるという悪夢に悩まされる技術者の男。それは現実なのか。果たして…

Fallout4で〇〇嫌いのくせに、殺したら〇〇と発覚してしまうパラディン・ダン〇ス君を思い出
>>続きを読む

>|