Aさんの映画レビュー・感想・評価

A

A

映画(811)
ドラマ(0)
  • 811Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

生きてこそ(1993年製作の映画)

3.6

飛行機乗る時は塩とライターを持っていきたい。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

途中、ヒトラーもドイツのこと考えただけかもしれない…
と思い始めた時点で我に返った。
恐ろしい。

オーバーボード(2018年製作の映画)

3.8

間に合うなら、クルーズ船の掃除スタッフ募集してないだろうか。

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

3.8

人間いつ、どのタイミングで才能が開花するかわからないもんだよね。

バレエボーイズ(2014年製作の映画)

4.0

ノルウェーの景色と男の子の涙が美しい。
進路によって関係が変わってしまうのは、どの世界でも切ない。

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.7

どうしよう、絶対好きな映画だと思ったのにつまらなかった。詰め込みすぎて読み取りが面倒だった。

ミッドナイト・バス(2017年製作の映画)

2.9

雰囲気は好きだけど、家族ごっこでまとめた感が否めない。久々に会っても寄り添いすぎで違和感感じた。

ラブレス(2017年製作の映画)

3.4

冷たいんじゃなくてこれが普通。
皆自分が一番大事よ。

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.8

思春期、ティーン、悪への憧れ、DQN仲間達との日々…
並べたら痛い内容全開なのに、物凄く儚くて綺麗で見入ってしまった。

月と雷(2017年製作の映画)

1.0

この監督が作ると原作が消えて本当に退屈になる、ただでさえクズでだらしない母親の話なのに余計イライラした。

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

4.0

まさに廣木隆一作品。感動の押し付けじゃなく淡々と描いてるからこそ現実的で心苦しくなった。

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

3.9

色々言いたいことがある人の気持ちもよくわかる、でもエンタメとしては楽しめた!
JJお疲れ様!ベンが好きだった〜

ホワイト・ボイス(2018年製作の映画)

4.2

途中からめっちゃ怖いしクレイジーで考えることやめた。
あと彼女、そうそう女ってこうゆうとこあるのよねー感が半端ない。

インスタント・ファミリー ~本当の家族見つけました~(2018年製作の映画)

4.5

コミカルに制作されてるけど養子縁組について面倒な点も含めて描いてたと思う。
マークウォルバーグがお父さんって心強いし楽しそう!

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.9

音楽と映像が素晴らしかった。
ホアキンて常に自問自答してる。

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.6

根本は父と娘の愛情確執の話。やっぱり厳しい躾は歪んでしまう。お互いさらけ出したシーンは泣いた。

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

3.9

尊厳死ではなく、親の老いを受け入れる、がテーマだと思った。自分にもいつかその時が来るから他人事とは思えず凄く苦しかったな

>|