たけさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

たけ

たけ

サスペンス好きです

映画は自分の精神状態が分かるね

映画(124)
ドラマ(0)

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.4

芸術

ひたすら殺す

殺人を美としているサイコパスっぷりに鳥肌が立つ

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

3.8

ロケットに魅せられひたむきに諦めない4人の高校生の物語。

現実と理想の狭間で悩み、苦しみ、それでもただ真っ直ぐに自分の心に正直に進む彼らの姿は素晴らしいものでした。

ライリー先生のような先生素敵
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

3.9

目頭熱くなるね

コンバース片足を棺に入れるところすごくいい。

永遠の友達

デクスターの母親の愛情にも心うたれました。こんなに強い母でよかったとデクスターも思える存在だったと思います。

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.0

誰かを救おうとすれば誰かが傷つく。

面白かった。

最後は切ない。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

うまくいく

誰かに言われたことじゃなく自分が何に一番情熱をもやせるか。

それが人生を豊かにする1番の方法

ランチョーはそれを教えてくれた

やりたいことやらないと人生は楽しくない

人生には沢山
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.6

狂気的な雰囲気を醸し出すレスター。
大声をだして暴れまわるようなものではなく紳士的で真面目そうな出で立ちだからこそサイコパスさや不気味さを醸し出していた。

事件解決に協力するレクターのずば抜けた洞察
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.5

天才の苦悩や葛藤を描いている

特に共感はしないけどこれだけ成功する人はこういう人なんだろうな。

感情を捨てて生きてる

ただ闘志は燃えてる

ジェシーも流石の演技。オタク役がよく似合う。

フェリスはある朝突然に(1986年製作の映画)

3.9

サボりの天才
カメラに話しかけるフェリス
こういう奴が意外とビックになるんだよなぁ

見ていて面白要素ばっかり

校長が完全に手のひらで転がされてる

あの年代の子は自分もそうだっけど思春期だし、自由
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.2

負の連鎖

どんどんと悪い方向に向かって行く所は見所ですね

それとはまた違って幸せな道を進んで行く夫妻との対比も見ていて面白かったです

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.2

みんな育った環境は違うし経験してきたことも違うからその中で作られる人格に違いが生まれるのも仕方ない

でも人間みんな根はいいんだよな

素直になれない自分 性への関心 大人への不満 劣等感や悪への憧れ
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.3

映像が芸術的で幻想的でした。

迫力のあるモンスター達のバトルは見もの

ストーリーはありがちな内容ですが映画館で見るのは迫力があって良い

ミリーボビーブラウンの演技はさすが

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.3

黒人差別はまだ深層心理として残っているということでしょうか。

無意識に自分に刷り込まれている社会を風刺したような作品でした。

催眠術というのはあまり個人的に好きではないので不気味な雰囲気の中で違和
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

こういうドッペルゲンガーが現れる的な映画は役者の演技ですごく変わってくる。

その点ジェシーアイゼンバーグは素晴らしい演技でした。

声色や表情、仕草でどちらがサイモンでジェームズなのかわかる作品です
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

乗り越えられない悲しみ、心の傷

これぞリアルと言わんばかりの脚本

淡々と物語は進み、静かな場面が多い中引き込まれた。

過去と現在を行き来する事で徐々に過去に何があったのかが分かり、主人公の心情が
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.9

大人の鬼ごっこ

いつになっても子供心を忘れないって素敵だな

毎年5月の1ヶ月間は鬼ごっこする

大人になってもみんなで顔合わせする為に鬼ごっこするって青春やん

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.4

行き過ぎた負けず嫌い

完璧主義。1つでも自分が劣っている相手がいたら何振り構わず殺す。

動機なく殺すサイコパスよりマシか。

なんでバレてないか不思議なくらい大胆な殺人鬼だな。

誰も自分以外関心
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.9

正反対の14歳、ダニエルとテオのロードムービー。

思春期ならではの葛藤やアイデンティティを上手く表現している作品

人と同じを嫌い周りに流される自分から変わりたい、個性を見出したいと悩むダニエル
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

金とスクープに取り憑かれた男

サイコパスっぷりがすごい。

映像の為に無関係の一般人を事件に巻き込むとか頭おかしい

それを素晴らしいと言うディレクターも怖い

素晴らしいジェイクの演技。目力最高

複製された男(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

一回では全く理解できないです。

ただ解説を読むとなるほどと。こんなん一回で解釈できる人いるのでしょうか。
最後のシーンも一回では訳の分からないものです。

ただ伏線が所々散りばめられており

〃蜘蛛
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.7

真犯人は意外だった

3人の少年のとある誘拐事件から映画は始まり、その過去のトラウマが三者三様、彼らの人生に影響を与えることとなる。

事件によって得たそれぞれの考え方によって3人の生き方は大きく変わ
>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.4

すごく好き。どんでん返し。

ネタバレ厳禁

宗教色強めだから日本人の僕からすると理解するのに時間がかかるけどおススメ。

ヒュージャックマンの狂気に満ちた演技、ジェイクギレンホールの翻弄され迷路に迷
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.8

ウェス・アンダーソン監督

映像がおしゃれですね。

2人の少年少女の駆け落ち。小さな島での出来事。

どこを取ってもおしゃれでいい。

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.5

難しい。。

登場人物が多くて覚えられなかった。

関係が無さそうな2人の人物が徐々に交わっていくのが見ていて面白い

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.9

音楽とカメラワークが独特で淡々とした中に不気味さがある。

マーティンはどんな力があったのか。恨みから来たものなのか、神なのか。真相は分からないまま終わるからモヤモヤするけど見応えはある。

人間結局
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.9

良い意味で最高に胸糞悪い映画。

後味は悪いし、主人公の行動全てが悪い方に転がるし見てて切なくなる。

結局、あの怪物たちは異次元から来たの?なんだったの?

人間の方が怖いね