まつげさんの映画レビュー・感想・評価

まつげ

まつげ

映画(492)
ドラマ(0)

THE3名様(2005年製作の映画)

4.0

もはや『THE・3名様』というジャンル

懐かしいなぁ
ミッキーの服好き
塚本高史の顔が年々好きになる

タイタンの戦い(1981年製作の映画)

3.5

80年代の創意工夫を余すことなく楽しめる
メデューサいい顔してる

物凄く人間臭い神に翻弄される人間

袋の紐きつく縛りすぎて肝心なとこで全然メデューサの首とりだせないペルセウスかわいいね

アクロス・ザ・ユニバース(2007年製作の映画)

4.1

ビートルズファンに不評なようだけど、わたしは好きだよ
良いアレンジじゃん

キャスパー(1995年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

名作
全てが詰まってる

ラストのダンスシーンは本当良い

人生スイッチ(2014年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

全然ハマらず…

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.0

つまらなくはないのだけど、うーん…

ジェシーアイゼンバーグはイケてた

シド・アンド・ナンシー(1986年製作の映画)

3.8

ゴリゴリイギリス英語20代ゲイリー尊し

傷だらけすぎてしんどい
豆まずそうでしんどい

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

刺さる
アンモナイトのうた良い

ヨシカが真っ直ぐ二の顔見て「霧島君」はグッときた
幸あれ

良いラストだったな

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

本読んでたから
AとBどう繋ぐのさ!って思ってたけど
なるほど!

映画の方が繭子の闇の深さ感じた
ラストの「たっくん?」こわ…
たっくんBのDV野郎予備軍感もすごかった

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

4.9

感情が揺さぶられまくる
揺さぶられすぎて疲れる
本当に本当にしんどいのになぜか希望を見出せる
なんつー映画だ

早熟のアイオワ(2008年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

実話ベースだなんて辛すぎる…
ジェニファー…

あんな環境にも関わらず三女のクロエは「よくいるおませな女の子」にしか見えなくて、
いかに姉たち、特にジェニファーが必死に妹たちを守ってるかがわかる

>>続きを読む

サンキュー、ボーイズ(2001年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

生きていれば思い通りにいかないことに沢山出会うけど
"望まない妊娠"については、犯罪でない限り高確率で避けることが出来るはずなのに
それが出来なかったせいで家族丸ごと長い間苦しむというのは辛いものです
>>続きを読む

ジングル・オール・ザ・ウェイ(1996年製作の映画)

3.9

わたしの中ではホームアローンに並ぶほど好きなクリスマス映画
平和で良い

俺のクッキー食べられるのも
俺のツリーに俺の星飾られるのも許せない
トナカイの名前全部言える
最高のパパ

NANA2(2006年製作の映画)

3.0

引き続きストーリー展開についてはまったく触れないけれど
シンは圧倒的に本郷奏多の方がシン

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.6

大人になってから観返すと、しみじみ良い

謎の使命感に駆り立てられて一丸となって勝手に設定したゴールに向かってく感じ懐かしい
ちなみにわたしたちのゴールはトンボが最も好む野草を見つけ出すことだった
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

複雑すぎる
人間たちのどす黒い部分が生んでしまったヴィラン悲しすぎる

誰でもいいから愛して支えてくれる人に出会えてほしかった
妄想の中では愛されているのがめちゃくちゃ辛い

ホアキン素晴らしすぎて…
>>続きを読む

クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

酔う…

どんな危機的状況でも撮り続けるハッドの戦場カメラマン並みの使命感はどこからきてるの笑
パーティであんな投げやりに引き受けたくせに笑

最後の「ここで助けを待つわ」からテープストップまでの40
>>続きを読む

少林サッカー(2001年製作の映画)

3.8

頭空っぽにしてこーゆー映画観てる時間って良いよね…

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

大好き
面白さといい話度のバランスが良い

ザックは絶対マシューペリーにはならない笑

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

4.5

最高に泣ける
大好き
隅から隅まで覚えるくらい観てるしこれからもクリスマスが来るたび観続ける

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.1

愛しのマカリスター家
2の方が回数観てるけど、やはり1も名作

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.9

こわおもしろかわいい

THE・エンターテインメントって感じで良い

あなたに降る夢(1994年製作の映画)

3.9

恩送りの気持ちの大切さ

続けてペイフォワードが観たくなる

キャットウーマン(2004年製作の映画)

3.2

ラジー賞獲っててもわたしは割と好きだよ

ハルベリーの美貌よ
この美しさを見られるだけで良い

昔観て以来、悪役はシャーリーズセロンだと記憶違いしてた
シャロンストーンだったね
似合う

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

4.3

ストーリーも衣装もすごく素敵
終わり方も好きだった
フランスいいなぁ

双子の歌可愛い
ジーンケリーてフランス語話せるんだね

ガタカ(1997年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後の尿検査はグッとくる
不適合者のヒーローだもんね

ヴィンセントに幸あれ

ジェローム、銀メダルの自分を受け入れたような最期は泣けた

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

まずはじめにジョニデは声が良すぎる

レオ様やっぱ素晴らしいな
言葉もないほど素晴らしい

ギルバートはずっとひとのために火をつけてたね
最後に家を燃やすのは納得のラスト
いくつもの想いに合点がいく
>>続きを読む

ザ・ビーチ(2000年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

エキセントリックすぎる
そんな中輝くレオ様の美貌と演技力

そもそもまったく楽園じゃない
さすがに医学の知識ある人いてほしいし
買い出しでめちゃめちゃモノ頼む本土への依存っぷりも笑える
電池めっちゃ頼
>>続きを読む

未来を生きる君たちへ(2010年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

めちゃめちゃ考えさせられた
他者から向けられる理不尽への対抗策について
妊婦のお腹を裂くのは理不尽どころの話じゃないけども

復讐、説得、許し
色んなアクションが起こったけど、
結局正解なんてわかるは
>>続きを読む

(2007年製作の映画)

3.1

眉の形でドランだってわかった

短すぎるけどそれでいい気もする
思春期、ただそれだけ

ロケーション最高
住みたい

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ハラハラした
トムが監督なんだ
すごいな

冒頭の「いま残された者が君のいない世界でできることは」に続く言葉がまさかの「君の代わりを見つけること」で思わず目を見開いてしまうくらいの違和感を感じるわけだ
>>続きを読む

ジャンヌ・ダルク(1999年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

伝記漫画大好き小学生だったので勿論ジャンヌダルクも読んでて、純粋にかっこよくてお気に入りだった
神のお告げすごっ!的な

昔これTVで放送されてたけど
当時は闘いも信仰も時代も演出もこわくて難解で…
>>続きを読む

>|